楽屋に入ると、パァ~ッと華やかな雰囲気がします。そこの“住人”自体が華やかなのは当たり前ですが、置いてある物……カツラやアクセサリーに加えて、化粧前の威力は大き~い。
その化粧前とはどんなものかな?

まず——化粧前という言葉にはふたつの意味があります。


化粧をするための鏡台

引出しがあり、上には物を置く棚も付いています。生徒さん一人に一つの化粧前がありますが、研8ぐらいの学年(組によってまちまち)になると、ふたつ分のスペースが与えられます。生徒さんが“化粧前”という言葉を使う場合は、こっちの意味の方が多いでしょうね。「化粧前で待ってるね」とか「これ、化粧前に置いておくから……」と。

B 鏡台に敷いたり掛けたりする布
  
鏡台の上に置いてある化粧品に埃がかぶらないために、またオシャレのために使います。生徒さんにとっては、離れている場所からでも“自分の鏡台がどれか”という目印にもなったりして。ファンの方の使う“化粧前”は、この布製品を指すでしょう。

さて今回は、Bの化粧前をご紹介しましょう。


化粧前にはナニがあるの?

下掛け、上掛け、ティッシュカバー、座布団カバー
基本はこの4点。その他に、飲み物を入れるポットのカバーやスリッパ、座椅子カバーなども全部ひっくるめて“化粧前”と、ファンの方は呼ぶようです。

とにかくこの化粧前、綺麗! サテンやコットンの生地にレースやフリルがヒラヒラ! 刺繍がしてあったり、キラキラ光る飾りがついてあったり。

さぁ~どんな感じ?……


写真をクリックすると大き~くなります!


クリックすると写真が出ます!



クリックすると写真が出ます!下掛け 

鏡台に敷く布。
この上に化粧品をずらーっと並べます。下掛けを敷くことによって、机がドーランなどで汚れません。


クリックすると写真が出ます!上掛け 

化粧品の上に掛ける布。
そう、埃よけ(たま~に……散らかっている化粧品を隠すためだったりして?)。
クリックすると写真が出ます!ティッシュカバー 

説明することもなく、そのまんま。


クリックすると写真が出ます!座布団カバー 

上に同じく。
東京宝塚劇場はほとんどが椅子なので、使用しない生徒さんもいます。
化粧前は誰が作るの? 

ファンの方が作ります。ファンクラブのある生徒さんの物はファンクラブの人が、ファンクラブのない生徒さんの物は、生徒さんから「作ってぇ~!」なんて言われたり。しかもこの化粧前、公演ごとに新しいものを作ります。毎回毎回デザインを変えたりで、そりゃ大変でしょうね。


化粧前のサイズは?

初めて化粧前を作るファンの方、またその可能性のある方が気になるのが、化粧前のサイズ。

これは——劇場によって化粧前(鏡台)のサイズが違います。また生徒さんの学年によって、スペースがひとつなのかふたつなのかによっても違います。ですから、下掛け上掛けのサイズは変わってきます。

ティッシュカバーは、使用するティッシュが生徒さんによって違うため、これもまちまち。5コ1パックのティッシュを使う生徒さんもいれば「シルクタッチの~」大きめなティッシュじゃなけりゃダメな生徒さんもいるし。

座布団カバーは中に入れる座布団やスポンジのサイズによって違いますね。

またファンの方の間では“下級生のものは、あまりハデなものは作ってはダメ”という決まりがあるとのこと。“フリルは何cm以内”とか“生地は○○を使用してはいけない”など。これによっても微妙にサイズが違ってくるわけです。

つまりサイズは——劇場によって、生徒さんの好みによって、生徒さんの組や学年によって違ってくるということです。作られる方は、同じファンの方などに聞いてみられるといいでしょう。


次回は——“化粧前”についてのQ&Aについてご紹介します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。