毎年ニュース番組で流れる「きゃあ~!」という歓声とうれし涙の場面……。宝塚大劇場や宝塚歌劇団に隣接する宝塚音楽学校にて、宝塚音楽学校入学試験の合格発表が行われます。

宝塚音楽学校入学試験

宝塚音楽学校入学試験


話題になるのが競争率。 「東の東大、西の宝塚」と言われるだけあり、毎年高い倍率で、過去最高は82期生(1994年)の48.2倍でした。
近年の倍率は以下の通りですが、宝塚音楽学校入試改革が行われた2009年度より、受験者数は増えています。

103期生(2015年)――26.6倍
102期生(2014年)――26.6倍
101期生(2013年)――22.03倍
100期生(2012年)――23.1倍
99期生(2011年)――23.5倍
98期生(2010年)――25.7倍
97期生(2009年)――27.65倍
96期生(2008年)――21.35倍
95期生(2007年)――19.18倍
94期生(2006年)――20.48倍
93期生(2005年)――19.68倍


合格発表から入学式へ

40名の合格者。彼女たちはその興奮も覚めやらぬまま、入学へのすべての手続きが、合格発表後すぐに行われます。

校長先生よりお祝いの言葉が述べられた後、グレーの制服や帽子、黒紋付や緑の袴の採寸があります。授業に必要な稽古着や持ち物などの詳細が伝えられ、自宅から通学できない生徒は、すみれ寮への入寮手続きも行います。

“タカラジェンヌになれた!”という思いが少しずつ少しずつ実感できるのは、この時でしょう。椅子に座って話を聞いていても、憧れのグレーの制服の採寸をしてもらっている間も、心ここにあらず……といった感じで、ぼーっとしていた記憶がありますね。



宝塚の花のみち

宝塚の花のみち

“ただ、うれしい!”とだけ思えるのは、もしかしたら入学式までの短い期間かもしれません。
そこから始まるハードな授業の毎日。宝塚特有とも言われている厳しい規律は、入学式のその日から(入寮する生徒は入学式前日から)始まります。その厳しさがあるからこそ、宝塚音楽学校そして宝塚歌劇団が今日まで続いていると言えるでしょう。


タカラジェンヌへの夢を現実のものにした合格者の皆さん、おめでとう! たくさんの試練が待っていますが、2年後の初舞台に向け、頑張って下さい。

その裏側に、残念ながら不合格となってしまった大勢の受験生がいます。来年もチャレンジするという人もいれば、今回が最後のチャンスだった人もいます。結果は悔しいですが、皆さんが頑張った「時間」はいつか必ず何かのプラスになる……。そう信じています。


関連記事
宝塚音楽学校
宝塚音楽学校入学試験が変わる!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。