タカラジェンヌにはみんな愛称があります。ファンの方々は生徒のことを芸名で呼ぶより、愛称で呼ぶことの方が多いでしょう。生徒全員のプロフィールが掲載されている「宝塚おとめ」にも書かれ、いわば、大々的に発表されるといったシロモノ。

だいたい愛称を付けるなんて時、人はそんなに悩みませんっ。BUT! 親や友達に呼ばれるだけではないタカラジェンヌの愛称。だから付けるのにもちょっと悩んでしまったり。

……うん? 愛称は普通、周りが付けてくれるようなモノ。なのに自分で考えて付けなければならない? あえて考えて付けなければならないタカラジェンヌたちの愛称の深い謎。踏み込みましょうか?


まず、宝塚音楽学校時代に、それぞれ色んな愛称で同期生から呼ばれます。名前そのままだったり、略したり。その人の雰囲気やクセだったり。または後世に受け継がれるほどのハプニング~から生まれるとか。それらはとっても親しみがあり、イトオシイもの。そう、普通の女の子の愛称といっしょ。

そして、やがて歌劇団に入団する際、愛称をコレ!と決めなければなりません。雑誌などに掲載しますから。この時、音楽学校時代の愛称をそのまま使える人ももちろんいます。ところが、こーゆう愛称だったとしたら、それはちょっとマズイ。では「山本幸子」という本名の生徒の愛称が、こんなだった……と仮定してみましょう。


ケースその1 “やまもっちゃん”

“やまもっちゃん”……何てわかりやすくて素晴らしい愛称! 親御さんもうれしいことでしょう。しかし“やまもっちゃん”はちょっとねぇ。ナゼなら、タカラジェンヌは本名と年齢を公表してはいけない決まりがあるのです。“やまもっちゃん”と聞けば、たいがいの人は「苗字は山本」と想像できちゃいます。もちろん本名が山本ではなければいいわけですが。
ケースその2 “もっちゃん”

いいじゃない? 桜木テキには全然OK。“もっちゃん”スキです。そして何ら問題はありません。坂本? 守山? 森尾? ウン大丈夫だ。それにこーゆう雰囲気の愛称の方、結構いらっしゃるし。でも考え込んでしまう人もいたりします。なんか……ちょっと……イメージが……と。


ケースその3 “さっちゃん”

“さっちゃん”→幸子。童謡にもあるように、これもすぐに足がつきます。しかし本名を公表してはいけないと言っても、フルネームでなければ構いません。名前の部分をそのまま愛称にしているタカラジェンヌは多いです。そう。問題なし。

ところが……だ! もし!“さっちゃん”という愛称の生徒が、現在ほかにも存在していたら? これがさらなる試練。


【同じ組に“さっちゃん”が二人存在】説

結論から言うとマギラワシイっ! 「さっちゃ~ん!」と呼ぶと「は~い!」と振り向く人が二人いるということです。スタッフが「さっちゃん! もっと足、上げてぇ!」と怒った場合「ワタシ? それとも、もう一人のワタシ?」となってしまいます。二人を区別するために「研7のさっちゃん」とか「研3のさっちゃん」と表現するのも面倒くさい。


【組は違うけど“さっちゃん”が二人存在】説

違う組なら、そんなにパニックすることもないでしょう。でもファンの方はマギラワシイとは思いません? “さっちゃん”の話をする時に、イチイチ「○組のさっちゃんがぁ~」とか「若い方のさっちゃんがぁ~」なんて。

ゆえに――誰かとカブラない愛称を付ける――というのが
暗黙の掟となっているのです。

結局、歌劇団入団時に付ける愛称の基準は――

苗字がすんなりわかってしまうものは、なるべく避ける
同じ愛称はなるべく避ける

さらに上記をクリアーしていても、“覚えてもらいやすいものに”とか“これぞ男役!”とか“夢を売るフェアリ~♪”な愛称を求め、新たに試行錯誤するわけですね。


音楽学校時代と歌劇団入団後の愛称が変わる場合、一番戸惑うのは同期生でしょう。慣れ親しんだ呼び名が変わるわけですから。いきなり「今日からアタシは★★ちゃんよ!」と言われても……。それでも同じ組になった同期生は、すぐに新しい愛称に慣れてしまうのは不思議。

ところが別の組に配属された同期だと、いつまでたっても音楽学校時代の愛称で呼んでしまったり。今でも私のことを“せいこ”と呼ばない同期はいます。そう。“せいこ”は入団時に「仕方ないなぁ。まぁ“せいこ”でいっか!」と付けた愛称。昔の愛称が、他の組の上級生とWブッキングしちゃったもので。

でももし、私が昔の愛称を強引に付けていたとしたら……? 今の〇組のスターさんの愛称は“……”ではなかったことでしょう。

このお話の続きは3月29日発行のメールマガジンにて。

ご購読はこちらより


関連<ガイドの記事・コラム>
芸名はこんな風にして付けます
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。