日本物と洋物の両方をこなす

タカラジェンヌのここがスゴイ!

ともゆう工房

宝塚の舞台は日本物と洋物に大きく分かれます。つまりタカラジェンヌは、日本舞踊も踊り、ダンスも踊る。
同じ踊りと言ってもまったく逆のもの。たとえ立っているだけでも、日本舞踊は体の重心を下に、ダンスは上に。セリフ回しも歩き方も化粧の仕方も衣装の着付けもナニからナニまで違う。

細かく言えば日本物と洋物だけでもありません。作品によっては様々な民族舞踊もこなす。アタシは一体ナニ人?

うち掛けもドレスも歩きにくいでしょうが花嫁さん、タカラヅカ女子はどんな格好でも舞台に立つのよ。だからタカラジェンヌはスゴイ!


早替り

宝塚名物とくれば早替わり! 衣装、ヘアースタイル、被り物、髪飾り、靴、アクセサリー……。これらを超スピードで替えるテク、ただもんじゃあございません。

ひとつ手順を間違えたら出遅れる場合もあります。もちろん衣装部さんがいますが、1人に1人付いてくれるわけではありません。着物を自力で着るなんてのもしょっちゅう。手の空いている人は助ける。仲良く着せ合いっこも。出番のまだ少ない下級生は、上級生のお手伝いにまわる。

ネクタイがきれいにサっと結べない……と毎朝悪戦苦闘しているそこの彼、男役さんに笑われるわよ。だからタカラジェンヌはスゴイ!


カツラと髪飾りとアクセサリー

タカラジェンヌのここがスゴイ!

ともゆう工房

場面や役柄ごとに違うカツラ&髪飾り&アクセサリー。特に娘役さんは大変です。
しかもこれ、ほとんどが自前なんですね。スタイリストさんなんぞおりません。自分でデザインを考える、自分で探して購入する、自分で作る。これを毎公演やるわけです。

いつも同じアクセサリーや髪飾りを付けるわけにもいかない。誰かと同じスタイルのカツラは避けたい。役や衣装や作品の時代考証に合うものを……と悩みは多し。
踊れば乱れるカツラのセットに、終演後も一苦労。踊っても外れないように、髪飾りやアクセサリーに工夫を。

あぁ……ヘアーアレンジが決まらないわ……とお嘆きのお姉さま、娘役さんはもーっと大変なのよ。だからタカラジェンヌはスゴイ!