宝塚が——タカラジェンヌが——ドラマになります! 2002年お正月にフジテレビが二夜連続で放送する特別番組『愛と青春の宝塚~恋よりも生命(いのち)よりも~』。

藤原紀香さん主演。中谷美紀さん、木村佳乃さん、米倉涼子さん、春花さんら今をときめく人気女優に加え、仲村トオルさん、椎名桔平さん、ユースケ・サンタマリアさんら実力派俳優たちが繰り広げる戦前・戦中・戦後の激動の時代に生きた、タカラジェンヌの物語。

宝塚を題材にしたドラマ。もちろんそこには、稽古場や舞台シーンも登場します。舞台シーンでは、宝塚歌劇のホームステージである現在の宝塚大劇場にて、男役トップスター役を演じる藤原紀香さんら女優陣が歌い踊り……。

しかし、歌やダンスの経験のない女優さんもいらっしゃいます。そこで、このドラマ撮影に大きな役割を果たしたのが“アンダースタディ”と呼ばれる方々。

今回は、撮影時に藤原紀香さんのアンダースタディをされた元花組男役スター・海峡ひろきさんに、撮影の模様などをお聞きしました。

●画像の肖像権は海峡ひろきさん及び、大浦みずき事務所に帰属いたします。
●著作権は撮影者・大浦みずき事務所に帰属いたします。
●画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止いたします。
★写真をクリックすると大き~くなります。

クリックすると写真が出ます Q1 海峡ひろきさんはじめ、元・宝塚歌劇団生徒である鷹月笙さん、詩乃優花さん、雅 景さん、夏城 令さんはアンダースタディという役割を担当されましたが、具体的にどのようなことをされたのですか?
A1 振り付けを受け、それを女優さんたちに教えるという、出演者ではなくスタッフに近い内容のものです。
Q2 スケジュールなど、ご苦労された点は?
A2 ギリギリまで予定が判らないので、ちょっと不安になる時もありました。しかし、藤原紀香さんをはじめ女優の皆さんは他のお仕事もある忙しい中、唄やダンスのお稽古をすごーく頑張ってくれて、教えていてとても嬉しかったです。
Q3 どんな場面での撮影に協力されましたか?
A3 タップや日本舞踊の稽古場シーン、そしてステージの場面です。



1 / 2 / 3 次へ>>