2001年11月11日——花組トップスター愛華みれさんが『ミケランジェロ』『VIVA!』にて宝塚歌劇団を退団されました。
退団の挨拶は白のエンビ服。真っ赤なバラの花束を抱え大階段から降り、そのバラを客席に投げながら銀橋を歩いた愛華さん。最後の一輪を匠ひびきさんに渡し、舞台上でトップスターというポジションのバトンタッチを行いました。

愛華みれ——タモちゃんは、7月に退団した月組トップスター真琴つばささん、10月に退団した星組トップスター稔 幸さん、現在雪組トップスター轟 悠さんと同期生。トップスターになれる確率……それは何十分の一なのに、一学年から四人ものトップスターが誕生した。これは宝塚史上初めて。そしてこの半年間に轟さんを除く三人のトップスターが、宝塚から去っていった。

タモちゃんが下級生の頃の花組は“やがてトップスターになる”生徒さんがたくさん在籍していた。タモちゃんより上級生ではあるが安寿ミラさん、真矢みきさん。同期生の真琴つばささん。下級生には宙組初代トップスターとなった姿月あさとさん。現在月組トップの紫吹 淳さん、星組トップの香寿たつきさん。そして次期花組トップの匠ひびきさん。
個性の違う人たちが競い合う……それはどこかプレッシャーにもなっただろうが、自分にないものを得ることができたり…といい刺激になったことだろう。

1985年花組公演『愛あれば命は永遠に』で初舞台。高汐 巴さん、大浦みずきさん、安寿ミラさん、真矢みきさんらのトップスターを経験し、初舞台から退団のその日までを花組で過ごす。

1993年より三井住友VISAカードのイメージキャラクターを長年務めるなど、端正な容姿やあったかい雰囲気で宝塚の顔としても活躍した。
1986年 『散る花よ 風の囁きに聞け』藤波純次郎
1990年 『秋…冬への前奏曲』新人公演初主役
      (本役・大浦みずきさん)
1992年 『けれど夢の中で めざめたときに』
     バウホール公演初主演
1999年 『夜明けの序曲』で花組トップスターの座に。

彼女が直球で投げかけてくる役の人間像や表情は、観ている者の心を爽やかにする。楽しさもおかしさも苦悩も涙も“自然”に伝えてくれるのが、彼女の最大の魅力だと私は感じる。そこにトップスターたるべき人が持ち合わす風格・気品・華やかさ・美しさ・男役の色気が加わり、さらに彼女の天性の明るさが舞台を満開にするのだ。

代表作とされるのが——
1996年『ハウ・トゥー・サクシード』バド・フランプ
1997年『失われた楽園』エリオット・ウォーカー
2000年『源氏物語 あさきゆめみし』光 源氏
    『~夢と孤独の果てに~ルートヴィヒ?世』etc。
特にルートヴィヒ?世という人物の一生を演じた確かな演技は絶賛された。

愛華みれ——という人が私の心に飛び込んできたのは、共演したバウホール公演「散る花よ 風の囁きに聞け」。谷 正純先生・作、朝香じゅんさん主演の日本物。専科の方も含め、出演者の数は多かった。彼女はその時わずか研2で薩摩藩士“藤波純次郎”という役を演じた。大抜擢。洋物ならともかく、立ち居振舞いから衣装の着付けまで、何かと下級生には慣れないことが多い。しかもタモちゃんにとってはこれが初めての日本物。化粧の仕方すら知らなかったわけだ。

しかし彼女の稽古をそばで見て感じた。わずか研2で風格と気品を出せる人……。本人が語っているのを何かで読んだが「あの役に出会わなければ、今の愛華みれはいません。」——。泣き出す人もいるぐらい厳しい稽古だったあの作品が、スター愛華みれへのステップだったと私も思える。もちろんそれにこたえた彼女がいたからだ。
素顔の彼女は最高の笑顔を見せる。常に周りを気遣い、真面目であたたかな人。“話し込んでみなければ、その人のよさがわからない……”ということがよくあるが、タモちゃんに対してそう思う人はいないだろう。彼女のさりげない優しさは仲間やファンの方々を包み、その人柄が舞台に溢れていた。

男役、そして宝塚トップスターとしての愛華みれはフィナーレを終えたが、退団後も女優として活動される。
女優第一作目は2002年4月帝劇公演『チャーリーガール』のチャーリー役。相手役に錦織一清さん。演出は三谷幸喜氏作品や東宝ミュージカルの演出でお馴染みの山田和也氏。女優スタートとしては絶好調だ。ファンの方々にも、また新たな楽しみが待っている。
新しい「愛華みれ」を応援して下さい。

芸名のごとく“華やかに愛された人”タモちゃん……ひとまずお疲れ様。舞台が何より好きで、舞台での可能性をまだまだ追求する貴女の今後に夢が膨らみます。誰よりも正直な貴女の、貴女なりの正しさを見つけて下さい——。


関連<ガイドの記事・コラム>
「愛華みれ」へのメッセージ


<関連サイト>

「退団関連」
産経Web芸能文化面
スポニチアネックス
スポニチ大阪

「チャーリーガール制作発表」
産経Web芸能文化面
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。