VCD カエル急便
VCD カエル急便
『踊る大捜査線』のおなじみネタの一つとして宅配便の「カエル急便」があります。
最初の連ドラ版の第二話「愛と復讐の宅配便」で和久(いかりや長介)に送られた爆弾付き健康チェアを届けた業者として初登場。その後も登場するたびに事件が起きることから「不幸を運ぶカエル急便」と呼ばれています。
映画最新作『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』では湾岸署のお引っ越しということもあり、いつも以上に登場しています。
カエル急便は『踊る』シリーズのみならず他のフジテレビドラマにも登場、ドラマ世界のオリジナルブランドとして定着しています。

しかしドラマ世界にはカエル急便以外にも知る人ぞ知るオリジナルブランドがあります、NHKに。

会社名をださない

NHKは公共放送のため、ニュースの場合を除いて特定の企業名や商品名を基本的に出しません。トヨタを『NHKスペシャル』が取材した場合は「ある自動車メーカー」と呼び、ビジネス番組『ルソンの壺』だと豊田章夫社長をゲストに迎えて「豊田さんの会社」と呼ぶでしょう(「トヨタ」と呼ぶのとそれほど変わらないけど)。

もちろんドラマの中でもそう。実際にはない名前が使われます。しかしこれはNHKに限ったことではありません。小説や映画も同じです。もっとも使われる架空の会社名・ブランド名というと「毎朝新聞」でしょうか。

そんな中でもNHK独自のものもあります。それはビール。ビールは小説の場合はただ「ビール」と書けばいいし、映画や民放ドラマではスポンサーや美術協力としてクレジットしておけば実在のビールを出せます。しかしNHKはそうはいきません。昔からビールのラベルが見えないように置いたり、どうしても映ってしまうような場合は事前にラベルにテープを貼って見えないようにしていました。

アサヒじゃなくヒノデ

日の出
    朝日じゃなく日の出
しかしある時から小道具として独自ブランドを使いはじめました。それが「ヒノデビール」、商品として「ヒノデドライ」があります。名前からしてモデルは「アサヒビール」と「スーパードライ」ですね。

使い始めたのは正確にはわかりませんが、ガイドが気がついたのは96年、富田靖子主演のドラマ新銀河『いらっしゃい』。出戻ってきたヒロインが実家の酒屋を建て直すというストーリーで、舞台となった酒屋の中にヒノデビールの箱がド~ンと積み上がっていたので気がつきました。
見逃しているだけでもう少し前から「ヒノデビール」ができていたのかもしれませんが、酒屋舞台のドラマを機にまとめてつくるということは合理的だし、またモデルらしいスーパードライがキリンラガーを抜いてナンバー1になったのは月間では96年6月、年間では97年というのとも符合します。だいたいこの頃にヒノデビールが誕生したんじゃないんじゃないでしょうか。97年に生まれた「カエル急便」よりも歴史ありますね。

その後、NHKドラマではヒノデビールの全盛時代が続きます。また民放ドラマでも、未成年者飲酒のシーンなどで実在のビールがはばかられる時、使われることもありました(ということは外注の会社がつくっていてNHK以外でも使える契約なんでしょうか)。「カエル急便」も「不幸を運ぶ」から実在の宅配便が使えないことから生まれただろうから、同じですね。。



キリンじゃなくユニコーン

キリン
キリンじゃなくユニコーン
しかし今年になって新たな動きがありました。ヒノデに変わる新ブランドが登場したのです。登場したのは『ゲゲゲの女房』。ヒロイン布美枝(松下奈緒)の実家・飯田酒店に「ユニコーンビール」がありました(またしても酒屋が舞台)。モデルは伝説上の四足動物つながりでキリンでしょううね。
なぜ、ヒノデからユニコーンに変わったのか?理由としては三点考えられます。

(1)キリンがシェアを逆転したから

スーパードライの快進撃に支えられてアサヒが01年にビール業界のナンバー1になります。現実世界でビールといえばアサヒ、それに対応してNHKドラマの中ではビールといえばヒノデで納得できました。

しかしキリンも巻き返しました。ビールのナンバー1がスーパードライなのは変わりないのですが、発泡酒や第三のビールという新分野で攻勢をかけ、09年にビール「類」でアサヒを逆転したのです。そうなるとヒノデビールでいいのか?ということでキリンがモデルのユニコーンビールに変わったのではないでしょうか。

(2)高度経済成長期はキリンの時代だったから

キリンビールがビール業界のトップになるのは1954年。66年には国内のビール生産量の50%を超えるなどスーパードライが登場するまではビールといえばキリンビールでした。高度経済成長期がメインの『ゲゲゲの女房』はまさにキリンビールの時代。だからそれに対応してユニコーンビールにしたのではないでしょうか。

(3)会長がアサヒビール出身になったから

「特定の企業名や商品名を基本的に出さない」NHKですが、思わぬところでアサヒビールとつながりをもってしまいました。08年に就任した福地茂雄NHK会長はアサヒビール出身で社長、会長をまでつとめていたのです。そうなるとアサヒビールをイメージさせる「ヒノデビール」というのはいががなものか、という判断が働いたのではないでしょうか。

今後に注目

理由はあくまで憶測ですが、とりあえず注目は『ゲゲゲの女房』の後のNHKドラマ内ビールがどうなるかですね。ユニコーンに切り替わるのか、ヒノデに戻るのか?
現実世界でも今年の上半期はビール類でアサヒビールがトップにたったというという情報もあります。暑い夏、現実のビール業界もNHKドラマの中も戦いは続きます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。