さまざまなドラマ情報をお送りします。

・「10年ぶりのラブストーリー」
 「この二人の共演作は多い」
 はこの下

・「同窓会は何度かある」
 「好評シリーズ第三弾」
 「いろいろ注釈が多い初主演」

 は2ページ目

10年ぶりのラブストーリー

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ DVD-BOX
ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ DVD-BOX
今春スタートのフジ系月曜21時の「月9」枠は木村拓哉が社長を演じるラブストーリーであることが発表に(タイトルは未定)。

演じるのは会社を一代で築き上げた社長役。厳しく結果を求めるクールな性格だったが、これまでの価値観を覆す女性に出会い恋に落ちる姿を中心に周囲でも恋愛模様が繰り広げられ、すれ違いや恋人の奪い合いなどが展開される。

木村拓哉は『華麗なる一族』では専務役で、社長役は初めて。また本格ラブストーリーは『Beautiful Life』以来10年ぶり。「愛に悩み苦しむ、誰も見たことがない木村拓哉」を描くという。

開始時期は「4月または5月」ということで、『CHANGE』『MR.BRAIN』に続いてのゴールデンウィーク明けスタートか?また「ヒロインがなかなか決まらない」という噂もあります。


この二人の共演作は多い

4月からのフジ系木曜22時、木曜劇場枠は瑛太と上野樹里がダブル主演する『素直になれなくて』。

twitterで知り合った5人の男女の恋愛と友情を描く青春群像劇。 ナカジ(瑛太)は戦場カメラマンだった父を目指すカメラマン。しかし戦場で負傷して変わってしまった父の姿に悩む。ハル(上野)は、自分の未熟さに苛立つ私立高校の非常勤講師。twitterでナカジに出会い片思いする。

また玉山鉄二が出版業界に身を置きながらEDの悩みを抱えるリンダを、関めぐみがハルの親友で上司と不倫中のピーちを、東方神起のジェジュンが会社で業績が上がらずプレッシャーを抱えハルに恋心を抱くことになるドクターを演じる。

脚本は瑛太・上野が初共演した『オレンジデイズ』も担当した北川悦吏子。

【関連リンク】
ORICON STYLE:瑛太、上野樹里のダブル主演で“Twitter”ドラマ! 脚本は北川悦吏子


21世紀になって恋愛ドラマが流行らなくなってきましたが、それ以前に『あすなろ白書』『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』といった恋愛ドラマのヒット作に出演した木村拓哉と脚本を書いた北川悦吏子が同時にフジの恋愛ドラマを手がけます。再び恋愛ドラマの時代がくるのでしょうか?

【関連リンク】
ガイド記事:恋愛ドラマの時代は00年11月23日に終わった

次は「こちらは大人の恋愛ドラマ」

同窓会は何度かある

同窓会 DVD-BOX
同窓会 DVD-BOX
4月からのテレビ朝日系木曜21時枠は井上由美子オリジナル脚本の『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』。中学校の同窓会で再会した45才の男女4人の恋愛ドラマ。同窓生を演じるのは黒木瞳、高橋克典、斉藤由貴、三上博史。

同窓会で夫がリストラされた宮沢朋美(黒木)は同窓会で昔ガリ勉今セレブ主婦の西川陽子(斉藤)、昔からもて男で現在はジャーナリストの大久保真一(三上)、警視庁のマル暴担当刑事になった杉山浩介(高橋)の三人と再会。朋美は昔、杉山に思いを寄せていてその郷愁に浸る。しかし他の三人も明るそうな外見は人生の苦しみがあった。そして同窓会の翌日衝撃的な事件が起きる……中学時代にはなかった社会的格差を背景に見栄やウソを重ねていく姿を描く。

ちなみに斉藤由貴、02年に日本テレビで同名の連ドラ『同窓会』に主演しています。これはとんでもなく意外な展開をしたドラマでした。なにぶん最終回で国分太一がXXXしてしまうんですから。

【関連リンク】
『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』公式サイト


好評シリーズ第三弾

チーム・バチスタの栄光 [DVD]
チーム・バチスタの栄光 [DVD]
4月からのフジ系火曜22時、関西テレビ制作枠は08年10月期に放送された『チーム・バチスタの栄光』の続編で『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を制作。タイトル通り原作のシリーズでは第三作をドラマ化。第二作『ナイチンゲールの沈黙』はスペシャルとして制作したので順番通り。

田口・白鳥コンビはおなじみ伊藤淳史・仲村トオル。また今回は救命救急センターが舞台で「ジェネラル・ルージュ(血塗られた将軍)」と呼ばれる天才救命医役に西島秀俊。他に加藤あい、白石美帆が出演。

4月6日スタート。

【関連リンク】
『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』公式サイト


いろいろ注釈が多い初主演

ヤンキー君とメガネちゃん(1)(コミック)
ヤンキー君とメガネちゃん(1)(コミック)

4月からのTBS系金曜22時の金曜ドラマ枠は成宮寛貴主演、相手役に仲里依紗の『ヤンキー君とメガネちゃん』。

『ヤンキー君とメガネちゃん』は吉河美希作、週刊少年マガジン連載中の人気コミックが原作。学校一のワル・ヤンキー君こと品川大地(成宮)はひょうなことから学級委員長のメガネちゃん・足立花(仲)と行動をともにすることになる。花は三つ編みにメガネと一見まじめな外見だが、超天然ボケで、さらに中学時代には伝説のヤンキーだった。ヤンキー君はメガネちゃんに振り回され、またメガネちゃんは過去をひた隠しにする、というコメディ。

ところで成宮寛貴はこの主演がデビュー10年目にして「地上波連続ドラマ単独初主演」だといわれています。「地上波」と注釈がつくのはフジのCSチャンネルで『ニュース速報は流れた』があるのではっきりわかります。「単独」ということは複数主演があるということですから、たぶん金曜ドラマ枠で2003年に放送された『Stand Up!!』が二宮和也、山下智久、小栗旬と四人組だったので(今見るとすごいメンバーだ)これがグループ主演だったようです。
細かいことをいうと大阪のMBSで放送された深夜の連ドラ『スイッチを押すとき』でも主演しているので、「全国放送の地上波連続ドラマ単独初主演」というのが正確なところだと思います。

【関連リンク】
『ヤンキー君とメガネちゃん』公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。