『渡る世間は鬼ばかり』、7シリーズ・15年を越えて続く大人気ドラマで、この4月からは第8シリーズが始まります。
その矢先、扇の要的存在である岡倉大吉役の藤岡琢也が肺炎により入院、75才という年令もあり退院のめどはたっておらず、すでに開始している収録に間に合わないため代役をたてることが発表になりました。

第4シリーズ、大吉の妻役の山岡久乃病気の時には旅先で急死した設定にしましたが、今回はすでに脚本が14話分できているため設定変更は困難、また藤岡琢也が復帰しても第8シリーズの間は代役のままで最後までいくとのこと。

注目の代役は74才と年令が近く、石井・橋田組の舞台でおなじみの宇津井健に決定。宇津井大吉は『ごくせん。』イメージの延長でしょうか。


シリーズも曲がり角

さて、その『渡る世間』。04年4月~05年3月放送の第7シリーズから曲がり角を迎えています。かつてほど高視聴率がとれなくなったのです。

シリーズ毎の平均視聴率(関東地区)を見ると第2シリーズ以来、平均20%以上の高視聴率を保っていましたが、第7シリーズでは第1シリーズ以来の20%割れとなってしまいました。

視聴率が落ちた原因は何なのか?
コアなファン層である高年齢の女性たちにヒアリングを行いました。その意見を総合するとポイントは「世代交代」にあるようです。


生身の人間だから

『渡る世間』初期の基本構図は岡倉夫妻(藤岡琢也・山岡久乃)が5人の娘たち、弥生(長山藍子)五月(泉ピン子)文子(中田喜子)葉子(野村真美)長子(藤田朋子)たちを見守るというものでした。
しかし節子(山岡)がいなくなった第4シリーズを境に、だんだんはなしの中心は五月のいる小島家・中華料理店「幸楽」へ。五月の子ども・眞(えなりかずき)や姪の加津(宇野なおみ)の活躍がめだつようになっています。

岡倉の親子関係から大きくなった孫との関係へとドラマの中心がシフトし、保守的でいつまでも変わらないドラマを求める渡鬼ファンは違和感を感じているようです。いつまでも年をとらないアニメの『サザエさん』や『ちびまる子ちゃん』なら変わらず同じはなしを続けられますが、生身の俳優をつかっているつらさですね。


80才を越えて大丈夫か?

『渡る世間』が曲がり角を迎えたという理由でもう一つ考えられるのは脚本の橋田壽賀子の年令問題。1925年生まれで現在81才。もう限界なんじゃないか?と心配されます。

しかし、その心配は昨年のNHK放送80周年記念ドラマ『ハルとナツ 届かなかった手紙』を見て吹っ飛びました。少女、成人、老女の3キャスト、老女の回想で日本の近現代の女性の苦労を見直すという『おしん』と同じ得意パターンを日本・ブラジルを舞台に姉妹で展開。二人をつなぐのは奇跡的に姿を見せたさまざまな事情で「届かなかった手紙」、とさすがのデキです。

『おしん』と比較すれば、ややあっさりとして個々のエピソードの掘り下げが足りないのが気になりましたが、現時点であのレベルならまだまだ大丈夫でしょう。


問題だったのは……


裏で支えていたのは

そうするとスタッフ面での問題は、メイン演出だったベテラン井下靖央Dが昨年5月、肺ガンでお亡くなりになって第7シリーズでは途中降板したことではないかと思います。

井下Dはシリーズ当初からメイン演出をつとめ、第3シリーズでは石井ふく子Pが脱税問題で前面に出てこれないためプロデューサまで担当し、『渡る世間』シリーズを裏で支えていました。

『渡る世間』以外にも下表のように名作を数多く手がけているのですが、いま一つ損をしているのが『想い出づくり。』や『ふぞろいの林檎たち』といったドラマで鴨下信一Dと共同演出だったこと。TBSの看板演出家として常務にまでなった鴨下Dの陰に隠れた面があります。しかし「ドラマのTBS」を支えた重要な一人です。

 タイトル 脚本主な出演
1969パンとあこがれ山田太一宇津宮雅代、大出俊、東野孝彦(英心)
1971冬の華倉本聰あおい輝彦、大谷直子、芦田伸介
1973それぞれの秋山田太一小林桂樹、小倉一郎、久我美子、林隆三
1974バラ色の人生高橋玄洋 香山美子、寺尾聡、仁科明子(亜季子)
1981想い出づくり。山田太一森昌子、古手川祐子、田中裕子、柴田恭兵
1983~97ふぞろいの林檎たち山田太一中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾、手塚理美
1998海まで5分鈴木聡薬丸裕英、沢口靖子、山本学、木の実ナナ
2000百年の物語 第一夜橋田壽賀子松嶋菜々子、黒木瞳、山口祐一郎


意外な関係

ちなみに井下Dのことを調べていてわかりましたが、『喰いタン』で協力プロデューサのアベク・井下倫子Pは一人娘なんだそうです。なるほどアベクは木下プロからメンバーが別れてできた制作会社で、木下恵介人間の詩シリーズ『それぞれの秋』では阿部祐三・アベク社長も演出をしているからつながっています。

またテレビ朝日、橋田スペシャル『夫婦』出演の京野ことみは裏の『喰いタン』で警部役だからその週はお休み、次の週の土曜ワイド『ユニット』は伊東四朗出演で『喰いタン』署長役はまたお休み、と『喰いタン』が妙にテレビ朝日に協力的なのが気になっていました。
少なくとも前者は石井・橋田組と井下父娘でつながりがあったんですね。それが原因かはさだかではありませんが。


むずかしい長期シリーズ

ドラマも長期シリーズになると人的な面で続けていくことがむずかしくなります。

『北の国から』は「同じスタッフではもう続けられない」と終了。
『3年B組金八先生』は第5シリーズ「ガラスの少年」から金八ファンだという若い福澤克雄Dの加入で盛り返しましたが、最新の第7シリーズでは一貫して脚本を書いていた小山内美江子が病気のため交代。
『ふぞろいの林檎たち』は山田太一が「もう連続ドラマは書かない」といっているのであるとしたらスペシャルですけど、いままで中心になって動いていた井下Dがなくなったことでむずかしそうです。

さて、4月から始まる『渡る世間は鬼ばかり』第8シリーズ、盛り返すことができるのでしょうか?
なんでも東大生になった眞(えなりかずき)に美少女の恋人?(渋谷飛鳥)ができるなど新展開がいろいろとありそうですが。



関連リンク

『渡鬼』など長寿ドラマを分析、ガイド記事「ギネスに挑戦!長寿ドラマ記録」

マイホームからホームドラマを見る「家を建てる」ガイドの「間取りのヒントはテレビドラマから」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。