「それでてめぇはつっぱらかってるつもりかよ」


ゴールデンウィーク前にテレビの深夜映画で、どちらもデビューしたばかりの江口洋介、織田裕二が主演した『湘南爆走族』をが放送されていたのでよろこんで見てしまいました。

『湘南爆走族』は少年キング連載の吉田聡のコミックが原作、なぜか高校の手芸部長も兼任する江口洋「助」をヘッドに、普段はおちゃらけているがやるときはやる暴走族・湘南爆走族の日常を描く人気作です。

87年の東映映画で、この年、東映は春休みからゴールデンウィークにかけて「ヤングアダルト三連弾」と題して学生がメインターゲットの作品を並べてきました。

まず仲村トオル・清水宏次朗主演の好評シリーズパート3『ビー・パップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』、続いてテレビシリーズの好評をうけて映画化された南野陽子主演『スケバン刑事』、そして『湘南爆走族』の三作です。

結果は実績のある『ビー・パップ・ハイスクール』はヒット、テレビシリーズの勢いで『スケバン刑事』もヒット、しかし『湘南爆走族』は不入りで早々に打ち切り。なんでも映画館には「その手」の兄ちゃんしかこなくてアブない雰囲気だったとか。

その後のアニメ『湘南爆走族』シリーズは好評で、映画は「原作に忠実に実写で髪を紫や金に染めるのはきつかった」といわれたもんですが、今見ると髪を染めてるのはもはや一般的なので抵抗はなく、不良青春ものとして純粋に楽しめます。

主人公・江口洋助は江口洋介(映画から芸名を決めたのではなく偶然に本名)、ダブル主演格の親衛隊長・石川晃に織田裕二。二人は後に『東京ラブストーリー』で共演し大ヒットしたのはご存じの通り。

手芸部副部長のヒロインは朝ドラ『青春家族』にでる前の清水美砂、ライバル「地獄の軍団」の総長・権田二毛作は横浜銀蠅・翔、抗争相手の「横浜御伽」ヘッドはVシネの帝王・竹内力とバラエティに富んだ面々。

個人的には湘爆メンバーに若くして死んだ怪優・我王銀次がいるところがツボでした。

DVDを購入する場合はここをクリック!



「女には弱いが喧嘩は強い」


最近は俳優・宇梶剛士が「伝説の暴走族・ブラックエンペラーの総長だった」ネタがバラエティでバカウケで自伝『不良品』を出版、嶋大輔の「男の勲章」がリバイバルヒット、またドラマはヒットしませんでしたが『ヤンキー母校に帰る』がベストセラーになるなど、弱いものいじめやオヤジ狩りなどをする今のチーマーとは違う、「昔の不良」が人気となっています。

「昔の不良」はなぜか正義のために戦うのが特徴です。このパターンは時代劇の「流れ者が民衆が虐げられているのを見てやむにやまれず助ける」というのがルーツでしょうか。それが任侠もの経由で受け継がれてきたのだと思います。

そんな「昔の不良」再評価をうけてか、先の「ヤングアダルト三連弾」で好評だった二作品にも新展開があります。

まずは『ビーバップ・ハイスクール』 がTBSでスペシャルドラマ化され6月16日・水曜プレミア枠で放送されます。

『ビー・バップ』はヤングマガジンに連載されていたきうちかずひろのコミックが原作で、加藤浩志と中間徹が他校の不良たちとバトルを繰り返し、不良の中の不良を争うというのが基本パターン。殺伐としたケンカばかりでなくの恋愛・友情・仲間といった青春もの要素も折り込まれているのがポイント。

映画版の仲村トオル・清水宏次朗、そしてマドンナ役の中山美穂に対して窪塚俊介・松尾敏伸・石原さとみという主演トリオ。

他に三原山順子に山田優、城東高校のナンバー1・山田敏光にアクション監督兼任の坂口拓、城東高校ナンバー2で敵役のテルに小林且弥、橘港河野ナンバー1・菊永淳一にMAKOTO、担任の大山先生に本上まなみ、少年課の鬼島刑事に陣内孝則となかなか期待のできるメンバーです。

脚本:鈴木おさむ
演出:金子文紀
制作:鈴木早苗
主題歌:BOφWY「B・BLUE」



「おまんら、絶対にゆるさんぜよ」


続いて『スケバン刑事』。こちらの新展開はDVDの発売。

6月21日に斉藤由貴主演の第一作、7月21日に南野陽子主演のパート2『少女鉄仮面伝説』、8月6日に浅香唯主演のパート3『少女忍法帖伝奇』と順次発売されます。

このなかで、なんといってもおすすめは『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』。

パート1はCMなどですでに人気アイドルだった斉藤由貴がたどたどしくミエをきり、ヨーヨーで戦うミスマッチ感でヒットしましたが、和田慎二の原作コミックのカセもあり、あまり跳べませんでした(それでも原作ファンには「原作と違う」と不評だったけど)

それに対し『少女鉄仮面伝説』は原作・パート1の基本設定だけ受け継ぎ自由につくれました。それはタイトルにまずあらわれています。知名度に劣る南野陽子が主演であるためそれを補うため考えられたのが「ヒロインが子どもの時から鉄仮面を被せられている」という設定、インパクトありすぎ。

他の設定も凝りまくり、仲間として助さん格さんパターンで緋牡丹お竜キャラのビー玉お京(相楽晴子)と大金持ちで大ボケの雪乃(吉沢秋絵)。それにさえない教師に身をやつし彼女たちを見守るエージェント(蟹江敬三)。

敵は若きエリート集団・青狼会で首領・影の総統はタイトルバックで俳優名「?」、刺客として送り込まれるのは恐車七人衆、黒羽五人衆といった時代がかった面々と日常をつきやぶっています。

それをもとに描かれたストーリーは刑事ドラマ、学園ドラマ、変身ヒーロー、時代劇、ヤクザ映画、伝奇ものなど古今東西エンターテイメントのおもしろい要素をぶちこんだ波瀾万丈の冒険活劇で、日本のドラマではめずらしい「よくできたウソのおもしろさ」というエンターテイメントの王道を突き進んでいます。

それと同時に友情や家族、虐げられたものへの愛を描いた折り目正しいキチンとした健全ドラマです。だいたいヒロインは鉄仮面をかぶせられていたので遊びをしらない純粋な朴念仁で、いわゆる「スケバン」をイメージしていけません。

個人的ツボはヒロインがなんでこんなに強いのかと思ったら、昔、敵に倒され死んだ父親役が仮面ライダーV3、アオレンジャー、怪傑ズバットなどを演じた東映変身ヒーローものナンバーワン俳優の宮内洋だったこと。そりゃ強いわ。
リメイクばやりの昨今、ぜひ『スケバン刑事』も復活してほしいですね。『美少女戦士セーラームーン』が10月までだから、同じスタッフがフジテレビと組んでくれれば…

ガイド記事:これからは『美少女戦士セーラームーン』だ!

DVDを購入する場合はここをクリック!



「人が死んだらよぉ、世界中はその一人のために泣くべきだぜ!」


80年代中盤の不良ドラマといえば忘れちゃいけないのは『不良少女とよばれて』などの大映テレビドラマ。中でも重要なのは、ガクラン着せれば日本一・松村雄基だと思いますが、その辺は今秋公開『スクール★ウォーズ』映画版にあわせて書くということで。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。