『白い巨塔』があいかわらず好調です。視聴率も好調を維持。一月こそ木村拓哉の『プライド』に抜かれますが、二月に入って再びトップに。

山崎豊子の原作は1963年のサンデー毎日連載当時から話題になり、65年に発売された単行本がベストセラー、66年に田宮二郎主演で映画化、69年にテレビ朝日(当時はNET)で佐藤慶主演でドラマ化されています。

ここまでは2月12日放送分の誤診裁判第一審までの内容ですが、原作者のもとに「これで終わっていいのか」という投書が相次いだため67年から続編を発表。
初めて続編まで含めて映像化されたのが、78~79年、フジテレビが制作したテレビシリーズで、再び主演をつとめた田宮二郎らの熱演により『白い巨塔』映像化作品の決定版となります。

さらに90年にはテレビ朝日で村上弘明主演の前後編スペシャル版、そして今回の唐沢寿明版と映像化の定番作品となりました。

さて、決定版といわれる田宮二郎の連続ドラマ版と視聴率的にはそれを上回る今回の唐沢版、ガイドが放送前に書いた予想は以下の通りです。

「かっちりとした原作に普通の連続ドラマ三作分以上を投入した俳優陣、大河ドラマも手掛け骨太な脚本をかける井上由美子脚本とフジテレビ開局45周年記念を冠するにふさわしい布陣。田宮二郎の旧作にどこまで迫れるか。しかし越えられるか、とは決していえない。旧作のキモは田宮二郎の鬼気迫る演技もさることながら脇役陣の厚み、これはちょっと今の俳優ではできません」

で、ここまで見た感想はやっぱり同じ。現代の『白い巨塔』として十分におもしろく、よくやっているとは思いますが、やっぱり田宮版にはかなわない。理由もやっぱり予想通りです。

さてその理由についてもうちょっとくわしく書いてみましょう。

田宮二郎の鬼気迫る演技

脇役陣の厚み1・教授会など

脇役陣の厚み2・第一外科・くれない会など

脇役陣の厚み3・誤診裁判編など
田宮二郎の鬼気迫る演技

唐沢・財前五郎もハングリーでない時代で、悩みながら教授戦を戦っていくところなどいい演技をしていると思います。しかし、田宮二郎と比較されるとやはり分が悪い。唐沢寿明にとっては代表作の一つになるでしょうが、田宮二郎は自身が実は財前五郎のモデルではないかと(原作者はそういってませんが)いわれるぐらい同じような人生を歩んでいましたから。どれくらいシンクロしているかを以下の表にまとめてみました。

名前 田宮二郎(本名・柴田吾郎) 財前五郎(旧姓・黒川五郎)
幼少期 両親を亡くす 父親を亡くす
後ろ盾 引き取られた裕福な祖父 養子に入った産婦人科医の舅
成長 大映にスカウトされ映画スターになる 若き天才外科医といわれる
挫折 大映社長と衝突し干される 東教授に疎まれる
飛躍 テレビドラマで成功する 教授選挙に勝ち抜く


大映で勝新太郎とコンビの『悪名』などで成長し66年、31才で前述の映画版『白い巨塔』の成功でスターにのし上がります。しかし好事魔多し、68年の『不信のとき』で宣伝ポスターの名前を書く順番にクレームをつけたことが、ワンマンで知られる大映の永田雅一社長の怒りをかいクビになります。(ちなみに朝ドラ『オードリー』の舞台、大京映画は時代劇中心で大魔神の巨大人形があるなど大映ぽい)

大映だけではなく映画界全体から干されてしまった田宮二郎はドサ回りでしのぐ一方、有名なクイズ番組『タイムショック』の司会になります。ここで田宮二郎が運がよかったのは映画がちょうど斜陽期になったことで、大映は71年に倒産。結果的に他の映画スターより早くテレビに進出することになります。

本格的ドラマ主演は72年のTBS『知らない同志』から。この後、TBSで『白い影』『白い滑走路』などの白シリーズや昨年リメイクされた『高原へいらっしゃい』、吉永小百合と共演した『光る崖』などでテレビドラマ俳優としての地位を固めます。このあたりのドラマをこの2月、スカパー!のTBSチャンネルで「田宮二郎特集」として放送中です。

そしてフジテレビでドラマを作ることになり、個人事務所にも映画版財前の等身大写真を貼るなど財前五郎に思い入れが強い田宮二郎は「『白い巨塔』をやりたい」といいます。
『白い巨塔』制作中もさらにシンクロ度はあがるのですが、ネタバレになってしまいかねないのででとりあえずこの辺で。そういうバックがあり鬼気迫る演技につながっていくのです。
脇役陣の厚み1・教授会など

『白い巨塔』もう一方の主役といえば財前と医者として違う方向を目指しながら不思議な友情関係にある里見先生、唐沢版では『救命病棟24時』や『赤ひげ』など最近、医者役が多い江口洋介が演じています。

それに対して田宮版の里見・山本學は『白い巨塔』に『ありがとう』の第2シリーズなど医者役が数多くて江口洋介以上に良心的医者のイメージが定着しています。どのくらい定着しているかというと、芝居で地方公演にいくと地元の人から「最近、からだの調子が悪いんですけど…」と医療相談をうけてしまうぐらいです(そんなとき養命酒をすすめているかどうかは不明)。

最近では中居版『白い影』で直江を見守る長野時代の院長として登場。やっぱり良心的医者ナンバーワンです。

さて、山本學がテレビ番組で唐沢版の感想を問われて「感情表現はこれくらい派手にやらないとと伝わらないものなのかな?」と答えていたそうです。たしかに田宮版は抑えた演技が多いのに対して、唐沢版は表情でわかりやすく見せるのが主流です。

その差が目立つのは東教授など浪花大学教授会の面々。

石坂浩二の東教授は実力のある財前への嫉妬をあらわにみせ、これが原作通りなのですが、田宮版・中村伸郎の東教授はあくまで紳士然としており、はたして財前への嫉妬はあるのか、それともホントに人格的に教授にふさわしくないと思っているのか?なかなか微妙です。
中村伸郎でテレビドラマで印象的なのはこれ以外に、昨年NHK「BS思い出館」で再放送された若山富三郎主演の『事件』シリーズで判事の常連、あくまで紳士です。

鵜飼教授は伊武雅刀も財前を応援するのも結局は自分のため、という組織によくあるキャラとしてがんばっています。それに対して田宮版の小沢栄太郎はキャラ自体が実に老獪。小沢栄太郎は映画・ドラマではたいていこんな老獪オヤジで年期がかかってます。
これ以外のテレビドラマで最も有名なのは大映テレビ・赤シリーズで最高視聴率をとった『赤い激流』の音楽大学の学長役でしょうか。

いい勝負なのは大河内教授。原作で「鶴のような痩身」といわれるキャラでいまどきの俳優でそんな人いるか?と思っていたけど、品川徹は容貌のイメージがピタリでよく見つけてきたと感心させられます。
対して、田宮版は若いころから老優だった加藤嘉、キャリアで勝り演技ではこちらが一枚上手か。
加藤嘉といえば代表作として、現時点ではテレビドラマはおいといて映画『砂の器』をあげねばいけないでしょう。中居版では原田芳雄が演じている役で一世一代の名演を見せています。

他の教授会の面々は田宮版の戸浦六宏、井上孝雄、小松方正らに比べるといかにも線が細い。この三人、そろって悪役もこなす性格派俳優だけど、この「性格派俳優」という言葉自体がそういう俳優がいなくなって死語になっています。

これら教授会メンバーが料亭で丁々発止の戦いを繰り広げるのが田宮版・教授選挙の見所なのですが、唐沢版はそれだけの役者がいないためか大幅にカットされていて残念でした。

役名 唐沢版 田宮版 役柄
財前五郎 唐沢寿明 田宮二郎 浪速大学第一外科助教授/教授
里見脩二 江口洋介 山本學 浪速大学第一内科助教授
       
東貞蔵 石坂浩二 中村伸郎 浪速大学第一外科教授
鵜飼良一 伊武雅刀 小沢栄太郎 浪速大学第一内科教授・医学部長
       
大河内清作 品川徹 加藤嘉 浪速大学病理学科教授
葉山優夫 渡辺憲吉 戸浦六宏 浪速大学産婦人科教授
今津昭二 山田明郷 井上孝雄 浪速大学第二外科教授
野坂耕一郎 山上賢治 小松方正 浪速大学整形外科教授
       
菊川昇 沢村一樹 米倉斉加年 石川大学助教授
船尾悟 中原丈雄 佐分利信 東都大学医学部教授

脇役陣の厚み2・第一外科・くれない会など

田宮版の俳優はすでに亡くなった方も多く説明するのに苦労してますが、ただ一人、昔より今の方があきらかに有名なのは第一外科・金井講師/助教授の清水章吾。アイフルのCM「チワワのおじさん」でおなじみ。見せ場の少ない役なのが残念。

田宮版・佃医局長/講師の河原崎長一郎は先月のガイド記事で取り上げた「高度成長期にまじめに働く普通のお父さん日本一」俳優。だからなのか、佃は原作と唐沢版では世渡りのため財前派にいるようなキャラなのに、河原崎・佃は心の底から財前についているように見えます。俳優による違いを最も感じさせるキャラです。

柳原役・田宮版の高橋長英は伊藤英明のように二枚目ではありませんが若いころから屈折した青年役が得意だった演技派、第二審でのキーパーソンを伊藤英明がどう見せてくれるか?

また亀山看護師も第二審のキーパーソンですが、原作・田宮版では第一審まではそう目立つ役ではなく、西田尚美でオジサンくさいドラマの女性比率を少しでも上げようとしていますね。ちなみに演じている松本典子、元アイドルではなく劇作家・清水邦夫夫人です。

さて、その女優陣。田宮版では東佐枝子(島田陽子・現在は楊子)と花森ケイ子(太地喜和子)の二人の比重が高く、それで持っていたと印象ですが、唐沢版では他の女優も活躍しています。

財前の妻役・田宮版の生田悦子(ドラマ的には昼メロで活躍しましたが、有名なのは欽ドン!の「よいOL」)は子どももあり夫と父に従っていく「古き良き時代の女」でしたが、唐沢版の若村麻由美は子どもができず、夫との関係は冷えているがそれでも夫が教授の肩書きを得ることを望んでいるという現代の女性です。

東教授夫人は田宮版も唐沢版もほぼ同一イメージですが、高畑淳子の方がより積極的に「くれない会」で活動し、ゴルフコンペの会で見捨てられてながらも虚勢をはる哀れさがたまりません。

里見の妻・三知代は田宮版の上村香子も裁判で証言するのに難色をしめしていましたが、水野真紀は家を出るとよりアグレッシブです。里見周辺では、原作・田宮版では自分も大学を離れて町医者になっている兄(岡田英次)が相談相手としていたり、里見に味方しともに大学を去る医局員・谷山(堀内正美)らがいましたが、唐沢版では兄は登場せず、医局員も現実的な竹内(佐々木蔵之介)になって、里見の孤立無援ぶりが際だっています。

役名 唐沢版 田宮版 役柄
金井達夫 奥田達士 清水章吾 浪速大学第一外科講師/助教授
佃友博 片岡孝太郎 河原崎長一郎 浪速大学第一外科医局長/講師
安西信也 小林正寛 伊東辰夫 浪速大学第一外科医局員/医局長
柳原弘 伊藤英明 高橋長英 浪速大学第一外科医局員
亀山君子 西田尚美 松本典子 浪速大学外科病棟看護師
       
東佐枝子 矢田亜希子 島田陽子 東教授の娘
東政子 高畑淳子 東恵美子 東教授の妻
花森ケイ子 黒木瞳 太地喜和子 五郎の愛人
財前杏子 若村麻由美 生田悦子 五郎の妻
里見三知代 水野真紀 上村香子 脩二の妻
鵜飼典江 野川由美子 野村昭子 鵜飼の妻
黒川きぬ 池内淳子 中北千枝子 五郎の母
       
里見清一   岡田英次 修二の兄、開業医
谷山   堀内正美 浪速大学第一内科医局員
竹内雄太 佐々木蔵之介   浪速大学第一内科医局員

脇役陣の厚み3・誤診裁判編など

誤信裁判編のキャラで明らかに田宮版の方がいいのが佐々木よし江役の中村玉緒。実生活で夫・勝新太郎を失い借金まみれになる前にそれを予見するかのような設定で、しかも当時38才とは思えない泣きの名演技はみものです。
ちなみに中村玉緒にとっても印象深い仕事だったようで、まだセリフをおぼえていてリクエストがあればいってくれるそうです。

それに対して唐沢版の方がいいのは関口弁護士の上川隆也。田宮版では児玉清(田宮二郎とは学習院大学の同級生、田宮のタイムショックに対してこちらはアタック25)は俳優のキャラ通りの誠実な弁護士だけど、唐沢版では最初は佐々木母子をだまそうとしていたくせ者。
上川隆也は現在再放送中、井上由美子脚本・松嶋菜々子の朝ドラ『ひまわり』でも司法修習生・弁護士を演じたお気に入りだけに今後どんな法廷を見せるか期待がかかります。


最後に最も田宮版と唐沢版で差が目立つのは財前の舅・又一。唐沢版について「浪花大学が舞台なのになぜ大阪弁をしゃべる人が少ないんだ?」といわれますが、それは田宮版も五十歩百歩。しかしそれを感じさせないのは舅・財前又一を演じた曽我廼家明蝶の存在。上方喜劇の重鎮で大阪の粋なダンナという雰囲気を地と演技でこなし、田宮版のヘソ的存在でした。
唐沢版の西田敏行も演技力という面では十分でしょうが、大阪人を演じさせてはちょっとつらく、ヅラネタで笑わせるなどちょっと差がはげしいですね。。
曽我廼家明蝶の雰囲気を出そうとすると、今なら竹内結子の朝ドラ『あすか』で京都の茶道家元を演じた金田龍之介あたりか?

ただその差をどうにか埋め合わせているのが医師会長の曽我廼家文童。その名の通り、同じく上方喜劇の流れをくむ舞台人。テレビドラマは若いころはNHK大阪のドラマを中心に活躍し、藤吉久美子の朝ドラ『よーいドン』でヒロインの主人で、道楽(ジャズ)好きのしょーもない若ダンさん役が印象的で、『白い巨塔』でもいかにもこざかしい大阪人という感じがよくでています。

役名 唐沢版 田宮版 役柄
佐々木よし江 かたせ梨乃 中村玉緒 佐々木の妻
佐々木庸平 田山涼成 谷幹一 五郎が診断・執刀するがん患者
佐々木庸一 中村俊太 中島久之 佐々木の息子
       
関口仁 上川隆也 児玉清 原告側弁護士
国平 及川光博 小林昭二 被告側弁護士
河野正徳   北村和夫 被告側弁護士
       
財前又一 西田敏行 曽我廼家明蝶 五郎の舅
岩田重吉 曾我廼家文童 金子信雄 区・医師会会長



ということでこの記事の結論!唐沢寿明版を楽しんだ後はぜひ田宮二郎版を見ましょう。さらに楽しめることを保証します。いまでもレンタルは大人気で常に貸出中なので、スカパー!のフジテレビ721で、唐沢版が3月25日に終わって、翌月曜の29日から再放送が始まるので、そちらをおすすめいたします。


他のガイドサイトでの『白い巨塔』の分析はこちら!

なぜ今さら【白い巨塔】なのか?(よくわかるマーケティング/ガイド記事)

『白い巨塔』と修正液(一般事務/ガイド記事)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。