5月5日の「端午の節句」。
男の子のたくましい成長を願う、お祝いの日ですね。
兜や五月人形、鯉のぼりに柏餅と、様々な準備をしますが、
そのいわれとはどのようなものか、紐解いてみましょう。




「端午の節句」豆知識

「端午の節句」のいわれとは?

5月5日の端午の節句は、5月初めの午(うま)の日に薬草で邪気をはらうという、漢代からの中国の習慣に端を発しています。これが伝来して日本古来の習俗などが加わり、病気や災厄をはらい、男の子の逞しい成長を願う目的の行事として一般化しました。

「端午」の「端」とは「はじまり」を、「午」は「うまの日」を意味し、「この月はじめての午の日」を表しています。要は5月の初めの午(うま)の日のことを指すのですが、奇数の重なりを節目として祝った陰陽道の影響から、やがて端午の節句は5月5日に定着しました。

五月人形や兜を飾るのはなぜ?

奈良時代に朝廷で始まったころは邪気を祓(はら)い延命を祈願する宮中の節句行事でしたが、鎌倉・室町の武家文化を経て、男の子が誕生するとその子の身を守って無事に成長するという願いを込めて鎧や兜を飾るようになりました。その後、江戸時代にはすっかり一般化し、民間でも五節句の一つとして盛んに行われました。菖蒲(しょうぶ)の葉や根を使うことから菖蒲の節句とも呼ばれますが、菖蒲が尚武・勝負に通じることから、男の子の節句として定着しました。

鯉のぼりのいわれは?

鎌倉期の武士階級の台頭とあいまって、男子の健やかな成長を祈るお祝いの日として、端午の節句は勇壮さが強調されていきました。室町時代には早くも「兜人形」が作られ、江戸時代の中頃になると中国の故事「鯉変じて龍となる」にちなんで、「鯉のぼり」が作られて、男子の栄達を祈願して、戸外に飾られるようになっていきました。

鯉のぼりの上で薫風に揺れる五色(青・赤・黄・白・黒)の吹流しの色目にも実は意味があるのだとか。五行の摂理からそれぞれ「木・火・金・水・土」を表していて、魔を祓い、呪を固める強い霊力で下に泳ぐ鯉たちとともに、その家の幼い男の子を静かに守り続けているのです。

粽(ちまき)や柏餅を食べるのは?

粽(ちまき)に使われる菖蒲は、その鋭い剣状の葉から強い香りを匂い立たせることにより、災厄を退け、悪霊を祓う強い霊力が備わっており、子供の生命力を強くするといわれています。一方、柏は古くから男性的でおめでたい樹とされ、神事に使われていました。新芽が出ない限り古い葉が落ちないそうで、家系が絶えないという縁起をかついでいるのだとか。江戸時代の中頃からは、端午の節句に餅を柏の葉で包んで供えたり配られたりし、また、葉が大きいことから食物を盛る器としても使われていました。

京都には小豆のこし餡と別に、白味噌を使った味噌餡の柏餅があって、一見してわかるように味噌餡の方は柏の葉の表側を外に、小豆餡は裏側を外にして包んであります。


「端午の節句」東西

端午の節句が一般化した江戸時代には、江戸城へ各地の大名が登城し端午の御祝儀があり、民間の家々では五月幟(のぼり)を立て、兜(かぶと)人形を飾り、菖蒲酒(細かく刻んだ菖蒲を入れたお酒)を飲み、粽(ちまき)や柏餅を作りました。

しかし、当時から江戸と上方(京都、大坂)では祝いの菓子にも違いがありました。江戸では主に柏餅、上方では主に粽を食べていたという記録が、歴史文献に残されているそうです。

「端午の節句」の呼ばれ方も、東西では違いがあります。「こどもの日」と呼ばれるのが一般的な東京と違い、京都では床の間に据えられる武者人形のお飾りから、「大将(たいしょう)さん」と呼ばれて、古くから親しまれてきました。

和菓子屋さんの呼ばれ方も違います。「お団子屋さん」というのが東、「おまんやさん」というのが西。節句というのはそれぞれの地方で庶民の暮らしを彩る、楽しい生活行事だったのですね。