「多機能&低価格」「PCレスでも使える」複合機
HP Photosmart Premium C309G

「HP Photosmart Premium C309G」は、日本HPが2009年秋冬モデルとして市場投入したA4インクジェット複合機の上位モデルだ。その注目ポイントは「多機能&低価格」と「PCレスでも使える」という点にある。

日本HPの「HP Photosmart Premium C309G」

日本HPの「HP Photosmart Premium C309G」


プリンタ部は、顔料系と染料系のブラックインクに、シアン・マゼンタ・イエローの3色染料インクを加えた5色の独立インクシステムを採用。最小インク滴1.3plで、最高解像度は9600×2400dpiだ。キヤノン、エプソンのA4複合機の最上位モデルにも引けを取らないほどの写真画質を実現しているだけでなく、顔料ブラックインクの採用によってにじみのない文書印刷を可能にしているのが魅力となっている。

前面にはメモリースティック、SD/SDHC/MMC、xD対応メモリーカードスロットを搭載しており、デジカメ画像のダイレクト印刷も可能だ。スキャナはCIS方式を採用しており、光学解像度は4800×4800dpi。


PCレスで写真をネットにアップロード

C309Gのユニークで特に注目していただきたい機能が「ネット対応」だ。有線および無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth通信に対応しているのは従来モデルと同様だが、今回のモデルではオンラインフォトストレージサービス「Snapfish」に対応した。

タッチパネル液晶で選びながら写真の印刷やアップロードができる

タッチパネル液晶で選びながら写真の印刷やアップロードができる


SnapfishはHPが提供するオンラインフォトストレージサービス。保存容量に制限はないが、利用し続けるためには1年間に最低1回Webサイトからフォト商品(プリント、引き伸ばし、フォトギフトなど)を購入する必要がある。

C309GでSnapfishを利用する場合のメリットは、なんといっても「完全PCレス」を実現するという点だろう。メモリーカードスロットを利用してデジカメからのダイレクトプリントが可能といっても、最終的にはどこかに保存しなければならない。だがSnapfishを利用すれば、デジカメで撮影したメモリーカードをC309Gに挿入し、ネットワーク経由で画像をアップロードできる。撮った写真をPCを経由せずに保存できるというわけだ。

例えば息子や娘などにSnapfishのID・パスワードを教えておけば、息子夫婦がアップロードした孫の成長記録をC309Gで確認して、好きな写真を液晶で選んで印刷するといったこともできる。単純に「バックアップメディア」として考えるのでは大して面白くないかもしれないが、使い方を工夫すればかなり使える機能なのではないかと思う。

そのほか、レポート用紙やグラフ用紙、チェックリスト、五線譜などを手軽に印刷できるクイックフォーム機能も便利だ。ユニークなのは「数独」や迷路、○×ゲームなどのゲームを印刷できるところ。数独などは難易度も設定できるし、毎回違う問題を出力してくれるので、結構楽しめるのではないだろうか。


【関連サイト】
HP Photosmart Premium C309G


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。