インフルエンザにかからないために

赤ちゃんの体調を万全にして受けましょう!
インフルエンザの予防接種はお子さんの体調のいいときに!
これまで予防接種についてご紹介して来ましたが、すでに流行っている地域では「今さらちょっと……」という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、予防接種を受ける以外にもインフルエンザを予防する方法をご紹介します。身近な人が心がけるだけでも効果がありますのでぜひ家族みんなで試してみてくださいね。

うがい・手洗いを習慣づける
菌は外から運ばれてくるので、手や口から体に入るのを防ぐためにうがい・手洗いをしっかり習慣付けましょう。
 
湿度を50~60%に保つ
乾燥した空気の中にいると喉の粘膜の防御機能が低下するため、感染しやすくなります。加湿器などを使って湿度を保ちましょう。加湿器がない場合にはタオルを濡らしてハンガーに掛けたり、洗濯物を室内に干すことでも代用ができます。

人ごみを避ける
飛沫や咳によって菌がうつりやすいので、心配なときはなるべく人の多い場所は避けるようにしましょう。

なるべくマスクの着用を心がける
菌は飛沫から感染したり、乾燥していると口から入って来やすくなります。外出時はなるべくマスクで予防をしましょう。 

十分な睡眠をとる
体力が落ちると感染しやすくなります。菌の入りこむスキが無いようにしっかりと睡眠をとって体力を蓄えておきましょう。

ママ自身にとっても、インフルエンザに掛かると家事ができなくなったり、子どもの面倒を見るのが辛かったりと大変なことも多くなるのではないでしょうか。インフルエンザは家族の大敵です。

私自身、保育士時代にインフルエンザがうつるのではないかとビクビクしながら看病をしていて子どもから泣かれてしまったことがあり、淋しい想いをさせてしまったと反省をしたことがありました。

親子で安心してインフルエンザシーズンを乗り切るためにも、予防接種と上手に付き合ってみてくださいね。病院によってはすでにワクチンが無くなってきている病院もあります。病院ごとに料金も違うので、受ける前にいくつかの病院で聞いてみるといいかもしれませんね。



<関連リンク>
インフルエンザQ&A~厚生労働省~
インフルエンザ・風邪対策
インフルエンザの簡単基礎知識
職場のインフルエンザ感染予防にリレンザ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。