掲示板で「幼保一元化」について・・・と出てきました。
「幼保一元化」というのは、幼稚園と保育園の働きを一緒にしてしまおうではないか!ということなんです。

元保育士の私はこれにはたくさんの問題があるなぁ~と感じているのです!

しかしながら、それぞれのしくみや働きをわからないと「浅川ったら何を言ってるのかしら?」ということになってしまいます(笑)

そういったことのないように、今回は・・・
『幼稚園とは?保育園とは?』という所からお話ししたいと思います☆


 ■幼稚園と保育園の管轄の違い■

これはご存知の方も多いかな?

★保育園 → 厚生労働省
★幼稚園 → 文部科学省


このため、保育園は「保育士」。幼稚園では「教諭」といわれます。普段呼ぶときはどちらも、「先生」ですけどね(笑)

 ■幼稚園と保育園の目的とは?■

★保育園は『児童福祉法』に基づいて・・・
第39条「日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」

★幼稚園は『学校教育法』に基づいて・・・
第77条「幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること」


 ■幼稚園と保育園の対象は?■

★保育園は『児童福祉法』に基づいて・・・
「保育に欠ける、乳児(1歳未満)・幼児(1歳から小学校就学の始期まで)」を保育する。

★幼稚園は『学校教育法』に基づいて・・・
「満3歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児」を教育する。



さぁ、他にはどんな違いがあるのでしょうか?