「カール事務器」という社名から、どんな商品を思い浮かべるだろうか?

ある人は鉛筆削りだったり、またある人は会社によくある大きな裁断機やパンチ、女性の方ならスクラップブッキング用のクラフトパンチかもしれない。

こうした色々と幅広い商品を扱っているが、いずれもひとつの共通点がある。それは、何かを切ったり穴を開けるということ。この点に絞り込んで商品を作り続けているメーカーである。

そのカール事務器が、その得意技術を駆使して世界初となる小型2穴パンチを作り上げた。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
カール事務器 2穴パンチ 「アリシス」


約120年ぶりという2穴パンチの新発明

小型2穴パンチは、今から117年前の1892年にドイツのメーカーが発表したことに端を発している。その12年後、日本にも輸入され販売されるようになった。カール事務器でも、1947年から2穴パンチを製造し、その専門メーカーとして数々のモデルを世に送り出している。

その基本構造は、大きく変わることなく今日まで至っている。そして、約120年ぶりにカール事務器が、この2穴パンチを新たに進化させた。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
「アリシス」には2タイプがある。
左:最大で20枚までパンチできるLP-20。右:最大で35枚までパンチできるLP-35。


パンチの弱点を克服

2穴パンチでたくさんの書類に穴を開けようとすると、どうしても体重をかけてヨッコラショとそれなりの力をかけなくてはならなかった。今回の「アリシス」ではこの点を大きく向上させている。つまり、これまでよりも軽い力でパンチできるようになっているのだ。

では、どのような方法で軽くしているのかというと、それは二重テコ構造によるもの。

従来のパンチでもハンドルを押し込むという点では、すでにテコを使っている。そのテコに加え、「アリシス」では内部にもう一つのテコを搭載している。

これによりカール事務器のカタログによれば、約半分の力でパンチができるようになったという。さらに、この「アリシス」が画期的なのは、こうした二重テコ構造を搭載しながらも、従来品とほぼ同じ大きさに抑えられている点。

一般にテコをより効果的に働かせる、つまり軽い力でも作用させるには、力を加える「力点」を長くしなくてはならない。

しかし、この「アリシス」は先程も触れたように大きさはこれまでと変わらない。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
同社従来品(右)と比べても大きさはほとんど変わっていない。

もちろん、「力点」であるハンドルの長さもほぼ同じになっている。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
ハンドルの長さもほぼ同じ。

ちなみに、このハンドルは、押し込んだ状態でロックしておくことも可能。パンチは実際に使っている時間よりも、実は収納している時間の方が圧倒的に長い。つまり、収納性もとっても重要なファクターなのである。今回の「アリシス」では機能性だけでなく、収納力もしっかりと考えられている。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
サイドにあるロックボタンを押し込むとハンドルが固定され、収納しやすくなる。




メカニカル感タップリの押し心地

カール事務器 2穴パンチ アリシス
これまでの2穴パンチと重さもほとんど変わらない印象。

本体を手にとってみると思っていたよりも軽い。二重テコという新たな機構が備わっているので、てっきり重くなっていると想像していたので、ちょっと意外だった。

手にして実感するのは、本体の質感の良さ。メタルボディには塗装されているのだが、おそらくこれが何層にも塗装されているようで一目見ただけでその深みが感じられる。

メタリック塗装にもなっていて、まるで自動車の塗装のようでもある。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
機能性だけでなく、美しさも追求した「アリシス」。
深みのあるメタリック塗装

パンチとしての基本デザインは従来のものと比べ、大きくは変わっていない。しかし、出すべきところは出し、コンパクトにすべきはコンパクトに、といった具合にメリハリを効かせ、より引き締まったデザインにまとめられている。

まずは、紙を挟まない状態で「アリシス」のハンドルに手をかけて押し込んでみた。
カール事務器 2穴パンチ アリシス
ハンドルを押し込むとカチャリとメカニカルな音がする。

これまでのパンチのようにバネの反発のような押し心地とはまるで違う。例えて言うならメカニカルな押し心地といった感じ。

耳をすますと、押し込んだ時にかすかに「カチャリ」という音がする。

心臓部である二重テコ機構の部分を見てみると、奥にこれまでのバネを使ったテコ、そしてその手前に円柱状のピストンバーに取り付けられたもう一つのテコが見える。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
「アリシス」(左)には、ピストンバーの下にもうひとつのテコがあるのは見える。

ハンドルを押し込むと、この二つのテコが動き出す。押し初めからずっと同じ負荷になっているようだ。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
ハンドルを押し込むと、その2つめのテコが沈み込んでいく。




かゆいところに手が届く細かな配慮

パンチは、いつのまにやらこんなに進化していたのか、と思ってしまった点もあった。

それは、「フルフラットゲージ」というもの。この「ゲージ」とは、A4やB4の用紙の大きさに応じて、センター合わせをしやすくするもの。「アリシス」では、この「ゲージ」がより使いやすくなっている。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
用紙のセンター合わせに欠かせないゲージ。
「アリシス」ではボタンを押すと、用紙のガードが飛びだす。

向かって左側にそのゲージを取り出すパーツがある。それをつまみ、そして引き出すと、ゲージが出てくるのだが、その出方がこれまでと違う。ゲージの根元を見てみると、まるでキャタピラのようになっている。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
ゲージを伸ばしてもフラットになって用紙がたわまない。

これまでのゲージをこのように引っ張り出すと、引っ張り出した分だけその根元には溝が出来てしまうが、これはキャタピラのようなものが出てきてフラットが保たれる。ゲージの先端はパンチと同じ高さになっているので、それもあいまって完全にフラットになる。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
まるでキャタピラのようなつくりのゲージ。

ゲージの目盛りもA4縦位置、横位置、B5など単に文字の表記だけでなく、小さなイラストになっていて、紙のどの位置に穴ができるのか瞬時にわかる。これは視覚的にとてもわかりやすい。



さて、実際に紙を入れてパンチをしてみよう。

「アリシス」には最大20枚の紙にパンチができるLP-20というタイプ、そして、最大35枚用の LP-35の2タイプがある。

ボディも小さめで一般的なLP-20を使い、最大枚数である20枚の紙にパンチしてみることにした。

ハンドルに手をかけ、勢いよく押し込むと、刃が紙にあたった時の多少の負荷があるが、その後それほど大きな力をかけずとも刃が気持ちよくおりていく印象がある。

カール事務器 2穴パンチ アリシス
刃が紙にあたる時、重さを感じるが、これはそこからこれまでほどの力を必要としない。

試しに従来のパンチでも同じ20枚に穴を開けてみた。

こちらは刃が紙にあたってから、ヨッコラショという感じで結構な力を入れなくてはいけない。私は座って押していたが、やや体重をかけるような格好になった。

どうやら「アリシス」は、刃が紙にあたってからが軽くなっているようだ。ここに二重テコの力が発揮されているのだろう。半分の力になっているかは、私にはちょっと分からなかったが、確かに軽くなっている。

そして、音にも違いがあった。従来のものは盛大に「ガチャリ!」という音をたてるが、「アリシス」は控え目に「カシャリ」という程度。

今度は机の上に置かず手に持って試してみた。こちらの方がアリシスの軽い力というものをより実感できた。

今回の「アリシス」は、ボディサイズを変えずに限られたボディの中に二重テコ搭載している。しかも、価格も従来品等ほぼ変わらない1050円(LP-20タイプ)という価格に抑えられている。今後のパンチの新定番となりそうだ。
カール事務器 2穴パンチ アリシス
コンパクトさ、そしてリーズナブルさも保ちながら機能性をあげた、カール事務器の「アリシス」。LP-20 1,050円。LP-35 1,575円


<関連リンク>
カール事務器「アリシス」
カール事務器のこだわりアイテムのセレクトショップ「カールデザインショップ」

<ガイド関連記事>
机に安らぎを与えてくれる癒し系文具
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。