分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
分度器ドットコム オリジナル セルロイド エクステンダー4410円
(カラーは他にグレー、レッドがある)
鉛筆、シャープペン、ボールペン、万年筆など、筆記具の種類は色々とある。その中で最も歴史的にも古いもの、それは鉛筆。筆記具の中で大先輩という存在。

しかしこのご時世、鉛筆が使われる機会はめっきりと減っている。鉛筆ファンとしては、とても悲しいことだ。鉛筆が他の筆記具と違う点とは……。それは、書き味もさることながら、使えば使うほど軸が短くなっていくという儚さに尽きる。“自分の身を削って、頑張ってくれている”そう考えるほど愛着が増し、いとおしい存在になってくる。しかし、短くなるにつれ、持つのが困難になり、筆記しにくくなってしまう。そんな時に心強い味方になってくれるのが、補助軸(エクステンダー)という存在だ。

補助軸といえば、ファーバーカステルのパーフェクトペンシルや、ステッドラーのペンシルホルダーなど、大人が満足できるものとなると、海外ブランドがほとんど。しかし、今回ご紹介するのは、純国産品である。

アンティーク万年筆のような外観

分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
とてもコンパクトなサイズ。キャップをしている状態では、全く鉛筆は見えない
一見しただけで、鉛筆の補助軸だと気づく人はどのくらいいるだろうか。高級感溢れるアンティーク調の外観は、誰もが何の疑いもなく万年筆だと思うに違いない。そのらしくないデザインという点が、大いに気に入ってしまった。

ボディの素材にはセルロイドを使用。一般のプラスチックと違い、製造には手作業が伴うため、最近ではセルロイドが使われているペンにお目にかかる機会はグッと少なくなってきている。やはり本物のセルロイドには、独特なマーブル模様、そして新品でありながらも何ともいえぬ味わいというものがある。

セルロイドペンといえば、日本のみならず世界的にも有名なのが「カトウセイサクショ カンパニー」。このたび、分度器ドットコムが同社に別注して、作られたのが今回のものだ。
分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
深みのあるマーブル模様



次のページでは、「この補助軸の使い方」をご紹介。

シンプルながらしっかりとした使用感

万年筆のように、軸をクルクルとねじってキャップをはずすと、空洞になった軸があらわになる。これまで見たことない意表をつく光景なので、少々びっくりしてしまう。
分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
キャップをはずすと、中は基本空洞になっている
さて、鉛筆はどのようにセットするかというと、はずした軸に鉛筆を差し込んでいくだけ。この軸の内側には平バネが仕組まれているので、鉛筆をしっかりと保持できるようになっている。使い方は、いたって簡単。

分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
【手順1】
短くなった鉛筆を用意する。


分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
【手順2】
軸に鉛筆を差し込んでセットする。


分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
【手順3】
さらにキャップをかぶせれば、筆記準備は万全。

分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
これらが補助軸へのセットが概ねOKだった鉛筆たち
お気づきかも知れないが、携帯する時にキャップをするため、収納できる鉛筆はおよそ9.5cm以下のものに限られる。9.5cmと言えば、相当に短い鉛筆ということになる。つまりこれは、鉛筆を使い込んだものだけが味わえる特別な補助軸なのである。

鉛筆の長さだけでなく、太さについても多少の制限がある。私の持っている色々なメーカーの鉛筆で試してみたが、おおむね六角軸タイプのものの方がセットしやすい印象だった。一部、丸軸のものだとぐらつきが出たり、そもそも入らないというケースもあった。
分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
左/どちらかと言えば、六角軸タイプの方がしっくりと収まった
右/丸軸の中で、三菱の局用鉛筆(復刻版)は太くて入らなかった。そうした場合は、こうして削って細くするという手もある


実際に書くときは

実際に筆記するには、補助軸でなく、鉛筆を握る。この方が、安定感のある筆記が可能となる。基本セルロイドだけで他に余分なものがないので、キャップをかぶせた状態でも、鉛筆らしい軽量・軽快な筆記が楽しめる。ちなみに、こうして鉛筆を握っていると、手の中に鉛筆がスッポリと収まってしまうので、きっと誰もが、万年筆使っていると“誤解”してくれるに違いない。そんなギャップを楽しめるのもこの補助軸ならでは。

分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダー
左/書くときは、鉛筆を握る方が、安定感がある
右/端からみると、鉛筆はほとんど見えない
短くなった鉛筆を単に持ちやすくするということにとどまらず、持つ満足感さえも味あわせてくれる今回のセルロイド製の補助軸。鉛筆が短くなるのが待ち遠しい、そんな気持ちにさせてくれる補助軸だと思う。大人の鉛筆ライフを楽しませてくれる選択肢がまたひとつ加わった。


【関連リンク】
・分度器ドットコム オリジナルセルロイドエクステンダーの購入はこちらから。

ガイド オススメリンク集「オトナのための鉛筆選び」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。