ラミー LAMY

独自の地位を確立しているドイツの筆記具ブランド ラミー

ドイツはハイデルベルクで1930年に創業した筆記具メーカー。ドイツの筆記具といえば、モンブランやペリカンを思い浮かべる人も多いと思うが、ラミーは同じドイツにあってその2強とはまったく違ったブランディングを行ってきた。

ラミーがペンの中で重要視しているのが、デザインだ。今でこそ、インダストリアルデザイナーがペンを手がけるというのは珍しくないが、ラミーはいち早く、インダストリアルデザイナーとのコラボレーションを行ってきた。

その代表がブラウン社で確固たるデザインを確立したゲルト・ハルト・ミューラー氏によるラミー2000やオリベッティ社のタイプライターのデザインで有名なイタリアのインダストリアルデザイナー、マリオ・ベリーニ氏によるペルソナなど、あげればきりがないほどである。

そのどれもが、とってもシンプルでありながら、独特の存在感を放っている。書くという道具であることと、デザイン的なすばらしさを両立したものばかりだ。

今回は、そんなラミーの中から、日本ではあまり売られていないちょっとレアなラミーをご紹介する。


蛍光マーカーとボールペンが1本にまとまったピックアップ

ラミー ピックアップ LAMY pickup
■ ラミー ピックアップ 6,300円

ラミー ピックアップ
クリップが巧みに折り曲げられているデザインが秀逸
3色ボールペンやボールペンとシャープペンが一緒になった多機能ペンなど1本で何役もこなしてくれるこうしたペンはとても便利な存在だ。でも、ボールペンと蛍光マーカーという組み合わせはかなり珍しい。そんな異色な組み合わせでもラミーらしいシンプルなデザインに仕上げられている。ちょっと見ただけでは、ふつうのボールペンにしか見えない。まさか、蛍光マーカーが入っているとはだれも思わないだろう。

まず、ボールペンから見てみると、ボディをツイストするとペン先が現われてくる。と、ここまでは、よくあるボールペンとなんら変わることはない。

ラミー ピックアップラミー ピックアップ
ペン先収納時
ペン先を出すとペン先を固定しているスリーブが微妙に引っ込む

肝心の蛍光マーカーはどこから出てくるかといえば、これがとてもユニークなものになっている。ボディ中央にある意味深な黄色のボタンを押してみると、ペン先の反対側からぴょこんと、黒い軸がとび出してくる。引っ張り出すと、それが蛍光マーカーになっているという訳だ。

ラミー ピックアップラミー ピックアップ
ボディ中央の黄色いボタンを押すとマーカーが出てくる。
出てきたマーカーはこの短さのまま使う。

蛍光マーカーは常日頃から使うものではなく、ちょっと気になったところをマーキングするというのが本来の目的だから、短めではあるけれど、これくらいのマーカーで十分といえば十分だ。嬉しいことに、蛍光マーカーは替え芯(リフィル)が別に用意されているので、末永く使い続けることができる。

ラミーらしいデザインをしっかりと残しつつ、種類の違う2つのペンを見事に融合させている。

シンプルなデザインのボールペンは・・・>>次のページへ

余計なものをそぎ落としたシンプルデザイン

ラミー St リネアs ボールペン pickup
■ ラミー St 4,725円(上)  ■ ラミー リネアs 4,725円(下)

ラミーのペンに共通していることは、文字を書くということに関係のなりものは一切そぎ落としてしまうということ。この「St」と「リネアs」は、まさにそのポリシーが貫かれている。

見た目のスリムさよりも、実際に握ってみると、とてもしっくりとくる。スリムなボディに合わせてノックボタンがさらに一段スリムになっているが、指の触れる面だけひとまわり大きくなっている。このおかげでノックの押し心地はとても快適。

ラミー Stラミー St
ノックしやすい大きめのボタン
スリムなわりに握りやすさ抜群



ラミーらしさあふれるペンケース

ラミー ペンケース コントラスト
■ コントラスト レザーケース
2本挿し7,350円  1本挿し 5,775円 
*写真は2本挿し

ラミー ペンケース コントラスト
止め具にはマグネットが採用されているので、とっさの時にもさっと開けられる
シックな黒い革で覆われたペンケース。革を使ったペンケースは数あれど、どれも似たり寄ったり。そんな中で、これはひと味違う。さすがラミーだけあって、ひと目みてラミーと分かるアイコンがある。ラミースイフトやスピリットで採用された穴のあいたドットデザインが、このペンケースにも活かされている。

コントラストという商品名にもあるように、その穴のひとつひとつの奥からは落ち着いたブルーが垣間見える。ブラックとブルーのコントラストがとても映えている。決して押し出しの強いデザインというわけではないのに、しっかりと、見るものを魅了してしまう。静かなる主張とても言おうか、その奥ゆかしさがたまらなく格好いい。

ペンケースを広げると、内側には、先程の穴から見えたブルー地が敷きつめられている。

ラミー ペンケース コントラストラミー ペンケース コントラスト
1本挿しペンケース
2本挿しペンケース



デスクを彩るペンスタンド・・・>>次のページへ

デスクを彩るペンスタンド

ラミー ペンスタンド
■ ラミー2000 ペンスタンド 3本挿し13,650円
まるで、クリスタルのようなきれいに透き通ったキュービックスタイル。その中には、3本のパイプが互い違いに通されている。見る角度によってい色々な表情を見せてくれるので、机の上においておけば、きっと飽きることはないだろう。このペンスタンドは実は、ラミー2000用に作られたものだという。

私は、ラミーの中ではカラフルな色合いを持ったペン、エナジーを入れてみた。斜めにペン挿すという発想がとても楽しい。既存のペンスタンドというと、ペンは入るが、ペンのほとんどを覆い隠してしまうものが多い。そんな中、このペンスタンドは、ペンのほとんどを隠さずに露出させている。せっかくのデザインを活かそうというラミーらしい計らいなのだろう。

まさにラミーにぴったりのペンスタンドだ。

ラミー2000 ペンスタンドラミー2000 ペンスタンド
表側には、ペンが2本挿せる
ひっくり返して、裏側には1本挿せる。

ラミー2000 ペンスタンド
ペンを3本さすには、スタンドの両サイドからさすという手もある。



ラミーのペンは決して高級ではないが、ドイツらしい質の良さと流行に左右されずに、いつまでも色あせないデザインが備わってる。こうしたことが支持されているためだろうか、最近ラミーの人気は急上昇している。

そんな時こそ、今回ご紹介したちょっとレアなラミーでまわりと差別化してみるのもいいと思う。

■ 取材協力
*今回ご紹介した品々は以下ショップで購入可能です。

スパイス・オブ・ライフ
東京都港区西麻布2-7-5
TEL 03-3499-4545
営業時間 13:00~20:00
定休日 火曜日

<関連リンク>
■手帳用に開発された細身のペン ラミー スピリット
■分解心をくすぐる万年筆 ラミー サファリ
■プロの現場で使えるボールペン ラミー スイフト
■おススメINDEX 「デザインのよいペン」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。