一本のボールペンから始まる文具メーカーの物語

今回お話をうかがったPENCOのデザイナー、菅原繁さん。

始まりは、一本のアメリカ製のボールペンだったそうです。ちょっと懐かしいムードの、ノック式のクリップにUSAと刻印があるシンプルなもの。「最初は、冗談だったんです。よく、カンパニーの略でCo、という表記があるから、Pen Companyならペンコだねとか言ってて」と、PENCOをトータルでデザインしている菅原繁さん。「で、古くからの友人でもあったハイタイドの社長と一緒に、実際にアメリカで製作したペンにUSAの刻印して売り始めたんです」

PENCO「ノックボールペン」各色189円(税込)

現在、その当時のペンはもう発売されていない。「やはり日本人には、アメリカ製のペンだと書き味に不満が出るんですね。現在は、BICと提携して、BICのメキシコ工場で作ったペンに、BICとPENCOの両方をプリントした形で販売しています」と菅原さんが言う通り、その始まりのペンは、現在、「ノック ボールペン」(189円)として発売中。流線型のフォルムがノスタルジックで、そこに、PENCOの特徴の一つでもあるカラフルなカラーバリエーションが軽さを加えて、日常的に使うのにとても楽しいボールペンになっています。書き味はBIC製ですからムラがなく実用的。こんな風に、一つのブランドの中でアイテムが継承されていくのは、文具ならではの愉しみでしょう。

こだわりのリングノートとPENCOの成長

PENCO「カレッジノート」903円(税込)

デザイナーの菅原さんは、株式会社スーパープランニングでティーンズ雑貨ブランド「s.papa」を立ち上げ、企画・デザインを担当していた経験もあり、ずっとノートを作りたいと考えていたそうです。「ノートを作る職人さん達との交流もありましたし、企画はずっとあったんですよ。欧州文具の雰囲気があって、日本の文具のように作りが丁寧な、そんなリングノートを考えていました。ペンの次はノートだろう、という気もありました。ペンをきっかけに、ペンを使うシーンのものが増えていったんです」と菅原さん。そして、細部までこだわり抜いた「BIG RING」が出来上がりました。

「リングが大きなリングノートで、罫線は職人さんに引いてもらいました。水性インクの罫線だから、文字が罫線で切れることもないんです。大きなリングは、 安定感があって開きやすく、表紙は凸版で箔押しと、とにかく凝った仕様でした。デザイン的には、罫線の色や紙の色で遊びを入れました」と、菅原さんが語る、初代の「BIG RING」は、とても評判が良く、売れたのだけれど、コストがかかりすぎるとやむなく止めることになったといいます。

しかし、PENCOのシンボリックなアイテムとして、現在、「ビッグリングノート」(L:714円、S:525円)や「カレッジノート」(903円)として、そのデザインと機能を継承した製品が発売されています。例えば「カレッジノート」は、広めの横罫にアメリカのメモパッドのような赤の縦罫が 入ったB6変形のリングノートで、120枚(240ページ)のたっぷり書ける厚みもデザインのポイントになっているという、細部まで良くできたノートで す。

裏表紙に描かれた機能と使い方のイラスト。このアメリカンテイストの仕上げと、欧州風の繊細さの同居がPENCOだ

裏表紙には、このノートがページごとに切り取れること、ポケットが四つ付いていること、といった機能が、やはりアメリカンテイストのイラストで説明されています。この、パッケージ裏のイラストによる機能説明も、PENCO製品の特徴の一つ。どれも菅原さんが自ら書いているそうです。「PENCOの製品は、まず製品があって、それに対するパッケージングやディテール、構成面でのデザインに凝る、というスタイルで作っています」と菅原さん。パッケージ裏のイラストも、その姿勢から生まれたもの。

英文字が並ぶ表紙。大きくてしっかりしたリングも、このノートの特徴の一つ。

「小さな文字の英文が並んでたりするのが好きなんです」という菅原さんの趣味もあって、PENCOの製品には、機能や特徴などが書かれた英文をデザインの一部に取り入れたものが沢山あります。「カレッジノート」の表紙や裏表紙もそうですね。「ノックボールペン」のロゴ部分も、あの細い軸の上に3行の英文が書かれています。ブランドのイメージというのは、そんな小さなこだわりの積み重ねで作られていくのでしょう。

リングノートの進化とカラーバリエーション
「ハンディノート」シリーズ

PENCO「ハンディノート」
左から
「ハンディエキスパートノート」525円、「ハンディミニノート」294円、「ハンディパルノート」399円
色は写真の3色の他、グリーン、ライトブルーなど全12色。

PENCOの最初のノートだった「ビッグリング」の思想は、現在、「ハンディノート」シリーズの 中に活かされています。「リングをダブルリングにして安定感を増したり、小型化、低価格化して、カラーバリエーションを増やしたり、という感じですね」と 菅原さん。特に、豊富なカラーバリエーションは、PENCOの特徴の一つ。「売れるだろうなあという色は、霊感的に決まっていくんですよ」と菅原さん。アイテムごとに、どんな色の展開で行くかは、PENCOの重要な課題。「候補を出して、会社に貼り出してもらったりするんです。そこから印象のいいものを選んでもらいます」そこで選んでもらったものから、よくあるものは避けたり、色の組み合わせが良いものを選んだり、意外性を考えたりといった作業を行い、「最終的には一晩寝かしてから決定します」と菅原さん。

リングが1段分低いところから始まっているので、リング部分にペンが差せる。PENCO同士の組み合わせはカラーが揃ってキレイだ。

「ハンディノート」シリーズは、リングの上部が一段分抜けていて、リングはノートの少し下の部分から始まっています。これは、リング部分にペンを差したとき、ペンの頭がノートから飛び出さないようにという配慮。このおかげで、リングがペン差しになるわけです。リングが大きめなので、ペンを差したままノートを開くことも可能ですし、太いペンも差すことが出来ます。その際、例えばPENCOの「ノックボールペン」「ファインライターボールペン」を使うと、ノートの表紙に色を合わせたり、色のコーディネートを楽しむことが出来ます。ブランド内でイメージやカラーがある程度揃っていると、文具を使う楽しさはさらに広がることを、PENCOは改めて教えてくれます。

ページごとに切り取れるミシン目入りの中紙。最終ページには紙製のポケットも用意されている。

また「ハンディノート」シリーズは、ページごとに切り取れるミシン目 が入っていたり、最終ページにはポケットが用意されていたり、全体を留めるゴムバンドが付いていたりと、様々な機能的を搭載した使いやすいノートでもあり ます。「普通に使えて、買いやすい価格で、でもデザインや機能にこだわれる、そんなブランドで、しかも、遊びもあるのがPENCOの面白さですよ」と菅原さん。実際、モノ自体は既に海外で作られているものを持ってきて、パッケージングや構成のデザインで、PENCOというブランドらしさを作っていく、つまり、文具メーカーそのものをデザインしているわけで、それはとても楽しそうだとガイド納富は思うのです。しかも、質の高いオリジナル製品もあり、遊び心だらけのパッケージもあり、「いつの間にか量販店などにもアピールできるくらいのラインアップが揃いました」と菅原さんが言うように、今や、PENCOは、 立派な文具ブランドの一つです。でも、それぞれの製品は、当初の「冗談から始まった架空の文具メーカー」という面白さをどこかで共通して持っています。そこが、ガイド納富はとても好きなのです。

ということで、次ページから、PENCOの製品の中で気になったものを紹介していきます。

次のページでは、PENCOの様々な筆記具を紹介しています


最初の一本のテイストを残す水性ボールペン
「スーパーデューパー」168円

PENCO「スーパーデューパー」168円(税込)

今PENCOにしては珍しい、軸の色=インクの色になっている水性ボールペン。キャップの形状、軸に書かれたロゴ(四行もあるのが、またPENCOらしい ですね)など、妙にノスタルジックなデザインは、ホッとさせてくれるものがあります。一方で、再生樹脂を使用するなど、環境に考慮した現代性も併せ持っています。
細身の水性ボールペン。タフなペン先で筆圧が強くてもかすれずに書ける

水性ボールペンならではの滑らかな書き心地と、強い筆圧でも潰れにくく、インクフローの良いペン先、細字で水性ボールペンとしては裏写りしにくいのも好感 触です。シンプルなペンを安価に、シンプルなままでというのも、一つの文具ブランドのラインアップの中では重要なのだと思います。

カラフルな鉛筆のようなシャープペンシル
「シャープペンシル」105円

PENCO「シャープペンシル」105円(税込)

芯を模した先端や消しゴムの再現性が高く、思わず鉛筆と間違ってしまうシャープペンシルです。もちろん消しゴムもちゃんと使えますが、見た目を気にする人は、別の消しゴムを持っておいたほうがよいかもしれません。書いたものを思いっきり消すときには、ちょっと物足りないでしょう。

0.5mmの消しゴム付きシャープペンシル。軸には「合格者」のプリントが。

ヘッドのアルミ部分のチープさ加減も、鉛筆特有のかわいらしさがでています。ボディの形はもちろん六角形。そのため、プラスチック素材の軸でも持ちやすく 滑りにくいのです。まるで鉛筆のように。また、とても軽いので、長時間持っていても負担になりません。軸に書かれた《Passer's Mate=合格者》のロゴのとおり、試験勉強向きのペンといえるでしょう。しかし軽すぎるため、適度な重さが必要なペン回しには向いていません。実際に回したところ、回転し過ぎて掴めませんでした。

カラーバリエーションは全16色。微妙な中間色がキレイに発色している

十以上の豊富なカラーが揃っていて、どれも目に鮮やかです。樹脂は色の調整がなかなか難しいといいますが、なかでも濃い色はとくに美しく発色してます。このあたりにも菅原さんのこだわりが見えるようです。105円と、気軽に様々な色を揃えられる価格ですので、好みの色をいくつか持っておきたくなりますね。

リボルバーのように回転する8色クレヨン
「8カラークレヨン」420円

PENCO「8カラークレヨン」420円(税込)

ヘッド部分をぐるぐると回して色を選び、カチカチと芯を出すのが楽しいペンタイプのクレヨンです。クレヨンですが、使っても手は汚れませんし、誤って口に入れることもありません。折れにくい太めの芯ですので、使うときに芯部分を出し過ぎてしまっても大丈夫。子供のお絵かきツールとしても最適ですから、ちょっとしたお土産にも使えそうです。

回転で色を選び、黄色のレバーで芯を繰り出す仕掛け

絵を描くことのあまりない、大人にとってはマーカー代わりに使うと便利です。印刷物の上から書いても、印字された下の部分を潰してしまうこともありません。線を引くだけでなく、芯が太いので塗りにも向いています。ちょっと寝かして持てば、広い面を塗るのにも問題ありません。蛍光マーカーなどと違ってにじみもないですし、裏抜けもしませんでした。これなら、本などの、両面に印刷されているものにも気軽に書き込むことが出来ます。

回転するダイアルにPENCOのロゴ。お菓子のような感覚のデザインが面白い

ペンケースに入れておくのには、若干大きめですが、何本もマーカーペンを持つよりも、省スペースで機能的です。これ一本を持っているだけで、息抜きがわりに絵を描くことも出来ます。カチカチと軸を回転させるだけでも、かなりのストレス解消になります。そんな遊び心にあふれたペンだと思うのです。中国製だそうですが、その割に精度が高いのも魅力です。

製図用品である芯ホルダーを身近なツールに仕立てた
「グラフィティメイト」924円

PENCO「グラフィティメイト」924円(税込)
軸の色は、写真の青の他、赤、ピンク、黒、オレンジの五色

ジュラルミン製のボディの芯ホルダーに、12色のカラー芯と芯削りをセットにした、オールインワンのお絵描きペンシルです。製図用の筆記具として、また鉛筆好きご用達の筆記具として、一部では普通に使われているけれど、意外に知らない人も多い芯ホルダーを、カジュアルに、気軽に使えるようなパッケージにし ているのが、この製品のキモというか、面白いところです。12色を上手く使ったパッケージデザインも魅力です。菅原さんによると、あっという間に出来たデザインだそうで「デザインに時間をかけたものは、あんまり良いものにならない」のだそうです。

ジュラルミン製の六角軸は、プロユースとカジュアルユースの中間のイメージ。

軸は、青、赤、ピンク、黒、オレンジの五色。光沢を少し押さえた仕上げが、本格的なツールとしての芯ホルダーと、カジュアルな筆記具としてのシャープペンシルの中間っぽいのもガイド納富は気に入っています。芯は、本体色と同じ色があらかじめ軸にはセットされていて、それ以外の11色が替え芯ケースに入って います。色は、白、黄、オレンジ、赤、水色、青、黒、茶、黄緑、ピンク、緑、紫。太さは2mmです。芯削りは薄くてコンパクト。ペンケースに入れやすいサイズです。

いかにも輸入文具風のパッケージ裏の使用説明イラストは、デザイナー菅原さんが自ら描いている。

パッケージ裏のイラストも絶好調で、菅原さんも「好きでやってるから力が入る」と言うように、とても凝ったものになっています。また、軸が六角形で鉛筆のフィーリングで使えるのも良いですね。ちょっとだけ持ち重りがするのも、描線が安定するので描いていて良い感じです。芯の入れ替えは先端から行うので、ちょっと気を使うのですが、芯は折れにくいし、抜き差しもスムーズなので、慣れると素早く行えるようになります。芯だけでも525円で購入可能です。た だ、色のバラ売りがないのはちょっと残念です。


芯の研ぎ方で、細い線から太い線まで自在に書けるし、発色が良いのに、かなりサラサラと描けるので、確かにスケッチなどにとても向いていると思いました。 今回、同じPENCOの「カレッジノート」に書いたのですが、白すぎない紙に、丁度いい感じで滑る筆記面で、中々相性が良いと感じました。不思議と、購買欲をそそる筆記具です。

次のページでは、PENCOのカッターマットやスケール、クリアファイルなどの雑貨類を紹介します


カッティングマットのデザインを考えた
「オペレーティングマット」A5:525円、A4:735円

PENCO「オペレーティングマット」
右、A5:525円、左、A4:735円(税込)

罫線の色は、写真の青、緑の他、黒とオレンジもある

「グラフィックがカッコいいカッティングマットがないなあと思っていたんです」という菅原さんが考案したのが、この「オペレーティングマット」。タータンや市松、ドットなどの試行錯誤の末にたどり着いたのは、オーソドックスな方眼。といっても、線の太さや色を考えて作られているため、単なる方眼のようで、ちゃんとカッコ良いあたり、良い仕事しているなあと思いました。
罫線の太さや色を吟味した、シンプルだけど使いやすくキレイなマットに仕上がっている

実際、カッティングマットは、あれば便利というか、ちょっとした切り抜きやスクラップなどの作業にはなくてはならないものです。机の隅に常備したいツール でありながら、とても事務機器的なデザインで、積極的に机に置きたいデザインは少ないのです。実際にも売れているそうですし、同じようなことを思っている 人は結構多かったということでしょう。広く使えるA4と、狭い机上スペースでも邪魔にならないA5の2サイズ展開も上手いですね。PENCOのホームペー ジによると、マウスパッド代わりに使う方もいるそうです。

何故かカッコいいと感じる三角スケール
「ドラフティングスケール」630円

PENCO「ドラフティングスケール」各630円(税込)
上が10cm目盛りのタイプ、下が16cm目盛りのタイプ。色は写真の黒、青の他、金、銀、赤、緑、ピンクの7色。

通称「サンスケ」と呼ばれる三角スケールは、製図用の縮尺換算を簡単にするためのツールです。三つの面には、それぞれ実寸、100分の1、600分の1と いったスケールの目盛りが入っていて、縮尺で書かれた図面上の長さを、簡単に測ることが出来る仕掛けです。あれば、確かに便利ですが、それほど普段は使うことがありません。それを、大胆な本体色と文字色の組み合わせやパッケージのデザインで、とても魅力的な製品に仕立てています。

透明な円柱のパッケージは、このままペンケースに入れられる

体温計のようなパッケージがまたカッコよくて(五分で考えたと菅原さんが言っていました)、ノートなどの上に置いたときの三角の安定したフォルムがプロっぽくて、でも色がカラフルだから敷居が低い感じがして、手に取りやすいイメージに仕上げているのがPENCOらしいところです。実際、三角スケール自体 は、実は100円ショップにだって売っているのですが、このスリムなフォルムと色彩だからこそ欲しくなるのだと思うのです。

黒字にピンク、青地に黄色といった、色の組み合わせが独特

アルミ製なので、線を引く定規としても使えますし、長さを測る場合も、ノートの上などでは、押さえやすい三角のボディは普通の定規よりも使いやすいのです。文字色が鮮やかで読みやすいタイプから、目盛りもシックな色になっているタイプまで、趣味に合わせてカラーが選べるのも、この手のプロ用の製図用具に は無いことです。上手いところに目をつけたなあと思いました。

ファイルを仕分けして収納できるクリアファイル
「3ポケットファイル」A4:294円、A5:252円

PENCO「3ポケットファイル」
A4:294円、A5:252円(税込)
デザインが2パターン、色が各4色用意されている

アメリカのモーテルの看板をイメージしたという、独特なデザインのクリアファイルは、中が3つのパートに分かれています。この三つのパートを分ける仕切りと表紙部分の色の重なりが、中に入れるものによって変化するのが、このクリアファイルを使う楽しみになっています。

タブで仕切りを検索できるタイプ。色の濃さでも仕切りの位置が分かる

中仕切りのあるクリアファイルが便利なのは、まあ当然といえば当然で、後は、その仕切りごとの出し入れのしやすさが使い勝手を決めるのですが、この「3ポケットファイル」では、その方法を二種類用意。しかも、その方法の違いがデザインの違いにもなっているのが面白くも、見事なアイディアです。菅原さんが 「紙と格闘しながら作った」とおっしゃっていましたが、その苦労が結実したデザインと機能の融合したファイルだと思います。

曲線の違いで仕切りを検索するタイプ。色の重なり具合が絶妙だ

一つは、表紙に3つのタブが用意されたタイプで、仕様としては標準的ですが、そのタブと仕切りの色が合わせてあり、さらにP字状に色が重なることで、紙をどこかの仕切りに一枚入れたとき、外から、どの仕切りに入っているかが分かるようになっています。もう一つは、仕切りそのものの形が違うタイプ。曲線と色の重なり具合を上手く使って、ファイルの端を手で触るだけで、それぞれの仕切りに入った書類を、素早く取り出すことが出来ます。ちょっと言葉では説明しにくいのですが、要するに、紙のどの部分が露出しているかで、紙が入っている仕切りを区別できるデザインになっているのです。色の重なり具合もとてもキレイです。サイズは、A4とA5、両方用意されています。

次のページでは、菅原さんがこだわって作ったPENCOの「大学ノート」を紹介します


フールス紙を使った本格的だけどカジュアルな大学ノート
「フールスキャップノート」B5:252円、B6:189円、A7:126円

PENCO「フールスキャップノート B5」一冊252円(税込)
表紙のラインの色はブラック、グリーン、パープル、ブラウン、ピンクの五色

「マルゴの大学ノートが大好きで、初めて手がけた文房具もノートで、ずっとやりたかったのが大学ノートなんです」という菅原さんの言葉通り、満を持して登場したPENCOの大学ノートは、その手頃な価格からは想像できないくらい、細部にまで工夫とこだわりが詰め込まれています。まずこだわったのは、その中紙。透かしが縦に入ったマルゴフールス紙を使用していて、その適度な滑りの良さは万年筆や鉛筆での筆記がとても心地よいものです。また、蛍光顔 料を使っていないため、目に優しい白さなのも、このノートの特徴になっています。

オーソドックスな大学ノートのデザインに、角丸などのアイディアをさりげなく混ぜている

表紙は、大学ノート伝統の毛入紙に黒の背帯、金の箔押しとタイトルラベルと、大学ノートの基本フォーマットに則った上で、ラインや毛の色を、ブラックだけでなく、グリーン、パープル、ブラウン、ピンクと五色揃えるあたりが、PENCOならでは。また印刷も活版印刷で、クッキリと艶やかに仕上がっています。大学ノートとしては珍しく、角を丸くしてあるのですが、それだけで表情が柔らかくなり、手に取りやすくなっています。

フールス紙の特性が書かれた英文。架空の海外文具ブランドらしさがここにある

裏表紙には、フールス紙の特性が英字でプリントされています。この、「小さな英文字が並ぶデザイン」も菅原さんのこだわりですが、このような細部が、大学ノートのクラシカルなムードと、現代のツールとしてのカッコ良さを合わせ持ったノートを形作っているのだと思います。

透かしが縦に入る上質なフールス紙を使用。罫線も水性インクを引いている

フールス紙の品質はもちろん、B5サイズのノートの場合、罫線が31行になっていて、1日1行で1ページ1ヶ月という仕様になっていたり、水性インクで罫線引きを行い、万年筆などのインクを罫線が弾くことがないように配慮したりと、使いやすさを考慮したアイディアが細部まで行き渡っています。「東京の職人さんの手による、正に、MADE IN TOKYOの製品ですよ」と菅原さんは胸を張っていました。

色んな筆記具で書いてみた。筆記具を選ばない書き心地で、どの筆記具でも安定して書ける

実際に書いてみると、やはり気持ちよいのは、中字以上の太さの万年筆、または柔らかめの鉛筆でしたが、水性ボールペンの書き心地も中々。しかも裏写りがないので安心して使えます。この筆記具は向かない、というものがない、安定した書き心地です。滑り具合が丁度良い感じで、油性ボールペンのひっかかりが少ないのも魅力です。罫線自体も、太さに少しだけムラがあったり、紙の色が優しかったりして、そのほんの少しの「遊び」が、書く文章を受け止めてくれ る感じがします。この、デザインで気分を良くしてくれる、というのが、PENCOというブランドの、一番面白い部分ではないかとガイド納富は考えていま す。

インデックスページが付いていて機能性も高い。

さらに、このノートには最初のページにインデックス用のページが用意されています。これは、能率手帳のノートと同様の仕掛けですが、このインデックスがあると、ノート全体を一つの資料として使えるので、とても機能的になります。菅原さんが「良い大学ノートには厚いタイプしか無かったから、薄いノートが欲しかった」と言っていましたが、60ページという手頃な厚さだからこそ、このインデックスのページも生きてきます。


インデックスページや表紙に印刷されている、ペンギンのマークは、このノートのために作られたロゴだそうですが、このポップなんだかクラシカルなんだか分からない感じが、PENCOのスタイルを表しているように思います。ペンギンがペンを持ってるなんて、ベタと言えばあまりにベタなのに、可愛くカッコ良く、大学ノートの中心に誂えたように坐しています。このノートは、B5の他に、横長のB6、手のひらサイズのA7と3サイズが揃っています。

ガイド納富の「こだわりチェック」


PENCOは、基本的にはカジュアルで手頃な価格の日常遣い文具のブランドです。でも、その中に小さな工夫や、しゃれたデザイン、デザインが生む 扱いやすさや心地よさ、などが、上手くパッケージングされて、いわゆる「デザイン・ステーショナリー」や雑貨としての「オシャレ文房具」とは、一味違った、実用的なデザイン文具のブランドになっていると感じます。それは、多分、デザインしている菅原さんやスタッフが、「使う」という部分と「デザインする」という部分を分けて考えていないからだと思うのです。

ラインアップに三角スケールやカッティングマット、芯ホルダーがあるのを見ても分かるように、どこかプロのツールのカジュアル版が文房具である、というような認識があるような気がするのです。仕分け付きのクリアファイルなんて製品も、プロっぽい発想ですし。ただ、それらのツールを、デザインでカジュアルに使いやすくして敷居を低くする、それがPENCOの仕事なのでしょう。だから、ユーザーである私たちは、PENCOの製品に触れるとき、まる で、昔海外文具に初めて触れたときのような、よく知ってるのに、知らないような気がしてワクワクしてしまうのです。架空の海外文具メーカーとは、良く言ったものですね(笑)。


<関連リンク>

PENCOのホームページはこちら
今回紹介した製品は、全て、ここから購入できます


PENCO「フールスキャップノート」の詳細と購入はこちら


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。