何を持ち歩きたいかで選ぶiPhoneアプリ

日々増え続けているiPhone用のアプリケーションを選ぶのは、筆箱の中に入れるものを選ぶのに似ているように思います。自分は、その中に何を入れておきたいのか、何がしたいのか、外出先で必要な道具というのは何か、そういう事を考えながら中に入れるものを選ぶ、という作業は、とても文房具的で、文具好きにiPhoneユーザーが多いのには、そういう部分が影響しているのではと思ったりもします。

そんなiPhoneアプリから、「男のこだわりグッズ」的なアプリを選んでみました。もちろん全部、ガイド納富が利用しているものなので、幾分趣味的なものが混ざっていますが、どれもツールとして作り手のこだわりが感じられるものです。便利というだけなら、例えば「駅探エクスプレス」の入力のしやすさと便利さ、「豊平文庫」の青空文庫との連携の良さなど、超定番のアプリは本当に凄いのですが、まあ、そういう超定番は紹介するまでもないということで外してあります。といっても、それほどマイナーなものも無いというか、良く出来てるツールは、自然に人気も高いということで、そのあたりは、人の筆箱の中を覗く感じで楽しんでいただけたらと思っています。

では、順不同でこだわりグッズ的iPhoneアプリ10選、いってみましょう。

デジタルのスクラップブックを持ち歩く
「Evernote」無料

Evernoteのリスト画面。気になる情報をスクラップしていく

Evernoteは、インターネットを介して、WindowsマシンやMac、iPhoneなどのデジタルデバイスで共有出来るスクラップブックです。例えばパソコンでネットを見ていて、興味がある内容を見つけたら、その情報をEvernoteに貼り付けます。また、外出先でも参照したいテキストや画像も、Evernoteにどんどん貼り付けて、適当に「仕事」とか「買い物」といったタグを付けておきます。それだけで、それらの情報に、いつでもiPhoneからアクセス出来るようになります。

ここから文章、写真、音声などを登録できる

ガイド納富は仕事の資料などを全てEvernoteに貼り付けているので、ネットがある環境なら、どこででも仕事を始めることができます。また、グッズのカタログ情報なども貼り付けているので、買い物中に整理された情報をiPhoneから確認したりしています。もちろんiPhoneから、情報をEvernoteに書いたり、撮影した写真を貼り付けたり。パソコンとiPhoneで得た情報をそれぞれで共有できる上に、簡単な情報整理ツールとしても使えて無料ですから、とても重宝しています。元々、iPhone導入前からネットブックと自宅のパソコンとの情報共有ソフトとして使っていたのですが、iPhone版でさらに便利になったという感じです。

Evernoteの入手はこちら(iTunesが開きます)
ここからPC用ソフトを無料ダウンロード

パソコン上の情報をiPhoneに印刷する
「ActPrinter ★ VirtualPaper」無料

Macからプリントアウト操作するだけで、iPhoneにPDFファイルとして転送される

このソフトもパソコン上の情報をiPhoneで使うためのものですが、パソコン上のファイルをまるでiPhoneに向けてプリントアウトするようなソフトなので、iPhoneからはインターネットに繋がなくても情報にアクセス出来るのが便利です。仕組みは簡単、Mac OSXに専用のドライバをインストールすると、印刷先にiPhoneが選べるようになります。そこから印刷すると、ファイルはPDFファイルに書き出されて、無線LAN経由でiPhoneに送られます。後は、iPhone上で、そのファイルを閲覧するだけ。

転送されたファイルは拡大縮小も自由自在


例えば、友達からもらった、その人の家までの地図の画像をiPhoneに転送しようとすると、いちいちiPhotoに登録して、iTunesで同期して、といった具合に意外に手間がかかります。ところが、この「ActPrinter ★ VirtualPaper」を使うと、パソコンからのプリントアウト操作だけで、iPhoneにファイルが転送されます(MacとiPhoneが無線LANで繋がっている必要があります)。外出先で人に見せたい画像がある時、地図の印刷時、オフラインで参照したい書類など、様々なファイルで使えるので、MAcユーザーなら入れていて損はないと思います。

ActPrinter ★ VirtualPaperの入手はこちら(iTunesが開きます)
別途MacOSX用ドライバのダウンロードが必要です

次のページでは、文章・文字関係のソフトを紹介しています


いわば、とても持ち心地の良い鉛筆のようなエディタ
「iNote」450円

一覧画面で最初の数行が表示されるのは便利

iNoteは、いわゆるメモ帳ソフトです。特に凄い機能がある訳ではない、シンプルな普通のメモ帳ソフトなのですが、とても入力が楽なので愛用しています。通常、iPhoneでは、文字入力を画面に表示されるソフトキーボードで行います。このソフトキーボードは結構良く出来ていて、思ったほど入力が難しくはないのですが、それでもキーが小さくて、つい隣のキーを打ってしまったり、素早い入力には向かなかったりします。ところが、このiNote、画面を横にすると、横長い画面でソフトキーボードが表示されるので、かなり広々としたキーボードでの入力が可能になります。

横位置でのソフトキーボードは、幅が広くて打ちやすい

実際は、二倍にもならないのですが、キーとキーの間の距離が少し開くだけでも、入力は格段にやりやすくなるのです。もちろん、タッチタイピングが出来るほどではありませんが、指二~三本使ってのタイプが出来るので、かなり入力速度は上がります。タイプミスが減るので、実際以上に入力効率がアップするのです。書いたメモをメールする機能もあるので、長文のメール作成時にも役立ちますね。ガイド納富は、原稿の下書きなどにも利用しています。ネックは、機能の割に、やや価格が高いことでしょうか。

iNoteの購入はこちら(iTunesが開きます)

言葉を探す楽しみも味わえる辞書ソフトの傑作
「大辞林」2500円

いくつかの切り口から大辞林への入り口を選ぶ

今回紹介するアプリの中では最も高額ですが、十分その価値はある辞書ソフトです。普通の辞書ソフトでも、大辞林が丸ごと検索出来るなら十分便利だし、iPhoneに入れておこうと思うのですが、この「大辞林」は、そういうリファレンスとしての機能以上に、辞書を持ち歩くということはどういうことか、が、とても良く考えられています。

言葉が整然と並んでいる中を、指で画面を弾きながら走っていく

画面が格子状に区切られていて、そこに五十音順に言葉がずらりと並びます。そこをページをめくるように指で画面を弾きながら目的の言葉を探していきます。途中で気になる言葉を見つけたら、そこに寄り道して、その中の関連語句を調べて、また言葉の群れの中を探して、という感覚は、紙の辞書を楽しんで使っている時の感覚にとても近いものがあります。もちろん、普通に語句検索も出来ますが、iPhoneのインターフェイスを上手く使って、辞書という「言葉を探す」本を再現していることが、本当に素晴らしいと思いました。

言葉から言葉へと興味が続いていくインターフェイスが秀逸

黒地に白い文字なのも、短い語句や解説を読むのには向いていると思います。長文だと、やはり白地に黒文字の方が読みやすいのですが、言葉を印象的に把握するなら、コントラストが高く見える黒地に白文字の方が頭に入りやすいように思いました。しかも、書籍版より収録語数も多いというのだから、2500円はむしろ安いのではないでしょうか。

大辞林の購入はこちら(iTunesが開きます)

iPhoneで読む電子雑誌の新しい形を提唱
「クーリエ・ジャポン」350円
「バラク・オバマ米大横領就任演説」115円


まず、誌面のレイアウトを見せるところから入るクーリエ・ジャポンのデジタル版

電子出版を構想し、手掛け続けてきたボイジャーが講談社と組んで送る、デジタル機器で読む新しい雑誌の形、その1つの完成形が「クーリエ・ジャポン」であり、「バラク・オバマ米大横領就任演説」です。元々、T-TimeやAZUREなどで、電子出版コンテンツをどういう形で読むか、に取り組んできたボイジャーならではの、紙の本と電子の本の繋ぎ方が、とても画期的で、ガイド納富にはとても読みやすい雑誌に思えました。

本文は、別途拡大表示されて、ページをまたぎながら本文のみを読み進むことができる

雑誌全体のレイアウトを見せて、そこから本文のタップで本文が、ちょうど画面に収まる大きさで拡大表示されます。そのまま、画面を指でめくっていけば、本文を読み進むことが出来ます。レイアウト、写真、本文、見出し・リードを、それぞれブロック単位で見せていくというアイディアは、一部では統一性がないと不評のようですが、ガイド納富としては、雑誌を読む時の視線の移動に合っていて、自然な操作感だと思いました。時々、縦位置で読むのか横位置で読むのかが分からない所があって、まだ試行錯誤の段階かとも思いましたが、それでも、このリーダビリティの高さは、他にはないものです。

音声と対訳で演説の全てを伝える「バラク・オバマ米大横領就任演説」

「バラク・オバマ米大横領就任演説」では、英文と翻訳、音声を同時に参照出来るレイアウトが、英語が得意でないガイド納富にも、就任演説を生で聞く面白さを伝えてくれました。演説を聞きながら英文を追えば、かなり意味が分かります。さらに、対訳があり、単語の注釈も付いているので、生の英語のまま、演説を聞くことが出来るのです。それに写真も加わるのですから、臨場感もあります。これもまた、電子出版の新しい試みの一つとして画期的だと思うのです。

今後、クーリエ・ジャポンが、どんな風に進化するのかも楽しみです。そういえば、クーリエ・ジャポンの注意事項として、紙媒体のクーリエ・ジャポン全文が収録されているわけではなく、一部の抜粋なので注意が必要です。その分、価格も安くなっています。

クーリエ・ジャポン3月号 for iPhone/iPod Touchの購入はこちら(iTunesが開きます)
バラク・オバマ米大横領就任演説の購入はこちら(iTunesが開きます)

次のページは、iPodからパソコンを操作出来るアプリや音楽ライブラリにiPhoneからアクセスできるアプリ、鼻歌検索アプリを紹介します


マウス操作をiPhoneから行える
「WiFi TouchPad for Windows and Mac OSX」350円

シンプルなタッチパッドだが画面が広いので思った以上に使いやすい

iPhoneはWiFiで無線LAN接続出来ることが特徴の一つです。つまり、家庭やオフィスに無線LAN環境があれば、パソコンとも無線LANを介して簡単に繋がります。その機能を使ったアプリも色々ありますが、この「WiFi TouchPad」も、そんな無線LANを利用したソフトの一つです。iPhoneにアプリを、パソコンにはレシーバーソフト(無料)を、それぞれインストールすれば準備完了。iPhoneの画面が、パソコンのタッチパッドになります。

キー入力もリモートコントロールできる

面白いのは、タッチパッドの機能の他に、ズームアップボタンが付いていること。リモコンなのだから遠くから操作するわけで、ならば拡大機能があると便利ということなのでしょう。こういうちょっとした工夫が使う側にとって嬉しいのです。また、ソフトキーボードも付いていて、パソコン上で開いたエディタなどに文字入力することも可能です。タッチパッドならまだしも、キーボードはパソコンに繋がっているものの方が打ち易いに決まっていますが、これも「出来る」ことが嬉しいのです。シンプルながら、扱いやすくて、パソコンでテレビを見ている際などに重宝しています。

WiFi TouchPad for Windows and Mac OSX購入はこちら(iTunesが開きます)
別途レシーバーソフトのダウンロードが必要です

iTunesのライブラリをiPhoneから呼び出せる
「Simplify Media」450円

自宅の音楽ライブラリがiPhoneから利用できる

iPhoneは容量が多くても16GB、普段120GBのiPod Classicを持ち歩いているガイド納富にとって、音楽プレイヤーとしてはとても使い物になりません。しかし、この「Simplify Media」と無線LAN環境があれば、iPhoneに保存しなくても、自宅のiTunesのライブラリをiPhoneから利用することが出来ます。これなら容量不足を気にすることもありません。もちろん、ジャケットも表示されます。

音楽再生中はジャケットが表示される

しかも、それだけではありません。このアプリからライブラリを呼び出して、音楽を再生すると、そのアーティスト情報や歌詞も、ネットから自動的に検索して表示してくれるのです。iTunesに登録していない歌詞が表示されるので、最初は驚きましたが、ネットの歌詞データベースに情報があれば表示してくれるようです(なので洋楽の歌詞の方が充実しています)。

ミュージシャンのプロフィールも表示してくれる
洋楽なら歌詞が表示される曲も多い

そういう機能のソフトだと分かっていても、外出先で全ての曲にアクセス出来るのを見るのは、かなり衝撃的でした。この機能が450円というのも凄いのですが、画面も普通の音楽再生ソフトそのままで、その気楽な感じが、とても面白いと思うのです。パソコンにサーバーソフトをインストールする必要があって、その設定も多少面倒なのですが、一度設定してしまえば、後はパソコンの電源を点けた状態で外出するだけで、いつでも使えます。

Simplify Mediaの購入はこちら(iTunesが開きます)
Simplify Media用サーバーソフトはこちらからダウンロード

鼻歌で曲目を検索出来る
「midomi」無料


この画面で10秒以上鼻歌を歌ってみる

機能は簡単、iPhoneのマイクに向かって鼻歌を10秒以上歌えば、その曲目を検索してくれるというソフトです。これが、試してみるとかなりのヒット率で、その実用性に驚いてしまいました。しかも、世界中の歌に対応するのです。検索結果は10曲を越えることもあるのですが、大体リストの一番上に正解が来ることが多いようです。それくらい音声認識の精度が高いようで、十分実用の範囲だと思いました。

候補になった曲名などの情報がリスト表示される

歌詞をちゃんと歌う方が認識率は上がるようですが、ほんとうにただの鼻歌(ハミング)でも、ちゃんと検索してくれることが多く、またデータベースには洋楽が多く登録されているようですが、日本の曲も、結構マイナーなものまで網羅しているようでした。鼻歌だけでなく、ラジオやテレビなどから流れる音楽からの検索や、曲名、ミュージシャン名からの検索も可能。検索結果から、曲の試聴や購入も出来るようになっています。ど忘れが激しい最近のガイド納富には、とても重宝するアプリです。

midomiの入手はこちら(iTunesが開きます)

次のページでは、ギター関連のアプリを紹介、こだわりチェック、関連リンクも次ページで。


簡単に弾き語りが出来てしまう
「iShred:Guitar+Effects」600円

かみの工作所「紙の壷」1,050円(3色セット・税込)

ギターをシミュレートするアプリは、本当に様々なものが出ていますが、実際に、好きな曲をまるごと一曲弾き切ることが出来るという点で、この「iShred:Guitar+Effects」は、そうとう凄いのではないかと思っています。実際は、ギター・シミュレーターというよりも、ギター伴奏簡易演奏ツールとでも言った方が正しいような機能を持つアプリです。

基本操作は簡単で、上部にある10個のボタンにコードを割り付けて、そのコードを押さえながら、画面上の弦を弾くと、そのコードに即した音が鳴る、というもの。大体の曲はコードが10個も出てこないので、普通のヒットソングのレベルならほぼ網羅。一曲を弾き語るだけなら、ギターが弾けない人でも大丈夫という、中々画期的なアプリなのです。iPhoneで音楽を再生しながら、それに合わせて演奏することも出来ます。またコードだけでなく、スケールの登録も出来るので、ちょっとしたフレーズを弾くことも出来ます。つまり基本はコードの弾き語りで、キメフレーズだけは弾く、といった感じで、まるごと一曲を簡単に弾けてしまえるのです。

紙を筒状に巻いて、ペットボトルのキャップに付属の段ボールをセット

同じ要領のアプリで、この「iShred:Guitar+Effects」のアコースティックギター版「Guitar」もあるのですが、この「iShred:Guitar+Effects」には、エフェクターも内蔵されていて、ディストーションはもちろんディレイ系のエフェクトを使うことも可能。元々、エレキギターが好きなガイド納富は、こちらを強く推してしまいます。チョーキングも出来るし、コードのポジションも自由に変更出来て、カポも装着出来るという芸の細かさが気に入っています。

iShred:Guitar+Effectsの購入はこちら(iTunesが開きます)

高機能チューナー+コードブック
「Guitar Tool Kit」1200円

紙筒にペットボトルを挿し込めば、このような壷形になる

やけに高機能なチューナーとメトロノーム、コードブックとスケールブックがまとまった、ギターのお供的なアプリです。価格が高いのですが、使ってみると、チューナー機能の繊細な反応、コードブックの見やすさ、メトロノーム機能のシンプルな使いやすさなど、それぞれの機能が十分に高く、しかも実用的なので、この価格でも安いような気さえします。実際、チューナーとコードブックとメトロノームを買えば、安いものでも2000円は超すわけですから。

かみの工作所 「紙箒・紙塵取」1,050円(税込)

チューナー機能は、単にギターの6弦だけでなく、12弦ギター、ベースギター、5弦ベースギターに対応。さらに様々なオープンチューニングなどのオルタネートチューニングも多数搭載しています。コードブックでも、前述の各種ギターの他、左きき用の表示も可能。細かい所まで行き届いたアプリなのです。また、チューナーの大きなメーターやコードブックの弦やフレットの画像など、デザイン的にも美しく、しかも、そのデザインがチューナーなら正確にチューニング出来るように、コードブックならどこを押さえているのかが分かりやすいようにと、使い勝手に結びついているのが凄い所。その作り込みに、ツールとして良いモノを創ろうとするこだわりが感じられます。

Guitar Tool Kitの購入はこちら(iTunesが開きます)

ガイド納富の「こだわりチェック」

ここで紹介したものの他には、複数枚の連続写真を一枚の写真にしてくれる「QuadCamera」、古いムードのモノクロ写真が撮れる「Old Camera」、iPhoneをパソコンの外部ストレージに出来る上に、ちょっとした画像ビューワーにもなる「AirSharing」など、多くのツールを愛用していますが、この先は、どんどん必要最小限のアプリだけを持ち歩くというスタイルに落ち着きそうです。それでも、今回の記事で紹介した10本は、この先、かなり長い時間、使い続けるような気がしています。

元々、iPhoneに惹かれた最初のきっかけは、そのデザインでも無く、インターフェイスでも無く、友人に見せてもらった、「Ocarina」(115円)というアプリでした。吹いて音を出すというインターフェイスと、その不思議な柔らかい音は、デジタル機器のイメージを覆すものでした。こんなアプリがあるなら、それは相当面白いものではないかと思ったのです。今回選んだ10本もそうですが、どうもガイド納富は「便利」が好きというわけではなく、また「面白い」をiPhoneに求めているのでもなく、「誰かの創意工夫」と自分の「必要」が交差するツールが好きなのだと思いました。それは、文具や小物に対する姿勢と変わりません。それくらい、iPhoneは文房具的なツールなんだなあと、改めて思いました。


<関連リンク>

Evernoteの入手はこちら(iTunesが開きます)
EvernoteのPC用ソフトはこちらからダウンロード

ActPrinter ★ VirtualPaperの入手はこちら(iTunesが開きます)
Mac OSX用のドライバはこちらからダウンロード(Win版は無いようです)

iNoteの購入はこちら(iTunesが開きます)

大辞林の購入はこちら(iTunesが開きます)

クーリエ・ジャポン3月号 for iPhone/iPod Touchの購入はこちら(iTunesが開きます)
バラク・オバマ米大横領就任演説の購入はこちら(iTunesが開きます)

WiFi TouchPad for Windows and Mac OSXの購入はこちら(iTunesが開きます)
WiFi TouchPad用レシーバソフトのダウンロードはこちら

Simplify Mediaの購入はこちら(iTunesが開きます)
Simplify Media用サーバーソフトはこちらからダウンロード

midomiの入手はこちら(iTunesが開きます)

iShred:Guitar+Effectsの購入はこちら(iTunesが開きます)

Guitar Tool Kitの購入はこちら(iTunesが開きます)

Ocarinaの購入はこちら(iTunesが開きます)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。