自分のための道具、人に見せたい道具

五十音×ベンリーズ&ジョブ「ごらん」18,000円(税込)
 

普段、「この道具は、何故、こんなに使い勝手が良いのだろう」とか「こういう機能がさりげなく付いているからこそ、こんな風に手に馴染むのだなあ」とか、そういうことを考えながら、モノを使ったり、買って喜んだりして、それを記事にしているのですが、時々、本当に時々、「そんな理屈なんて、どうでもいい」と思えるくらい気に入ってしまうものがあります。そういうモノに出会ってしまうと、機能とか使い勝手とかデザインとか、そんなのはどうでも良くなって、ただただ、それを使う事が嬉しくて、だから毎日持ち歩いて、気がつくと手放せない便利な道具になっている、ということになります。

中はこんな感じ。革を贅沢に使ったシンプルなノートカバーだ

もちろん、そういうモノは、良く考えれば機能も充実してるし、使い勝手も良いことに間違いないのですが、その時は、あまりそういうことを考えないのですね。ガイド納富は、このところ、五十音のノートカバー「ごらん」のThinkink Power Note対応版を、そんな「惚れ込んだ」状態で毎日持ち歩いて、色んなシチュエーションで「おお、便利」とか言いつつ、会う人ごとに見せびらかしています。そして、ふと、この革の匂いも濃厚なノートカバーに名付けられた名前、「ごらん」を思い起こして、「そういうことなんだなあ」とか思っています。

元々、この「ごらん」は、銀座の「ボールペンと鉛筆の店・五十音」の店長、宇井野京子さんが、自分用のノートカバーとして、金沢の雑貨店ベンリーズ&ジョブと一緒に製作したもの。つまり最初は、個人用のモノだったわけで、宇井野さんは、このカバーに無印良品の四コママンガノートを入れて、日記やメモをマンガで描いているのだそうだ。そして、そのマンガを人に見せるから、「ごらん」なのだそうだ。実際、閂のようになったペンを抜き取って、中を開く動作は、自分にとっても「ごらん」と言っているようで、その「ノートを開く楽しみ」をノートカバーに与えているところが、このカバーの最大の魅力なんだと、今、書いていて思いつきました(笑)。

ノートカバーという不思議なグッズについて

背面には、A5横開きのノートが挿し込めるようになっている
 

この「ごらん」は、基本的にはA5サイズのノートと筆記具二本を入れて持ち歩ける、それだけのものです。さらに、ガイド納富が購入したタイプは、裏面にツバメノート謹製の「Thinking Power Notebook」のA5横サイズ「ネイチャー」をジョッターの様に差込める仕様になっていますが、それにしても、ノートを持ち歩くためのものです。ノートを持ち歩くだけなら、別にカバーなんて入らないのでは?という突っ込みは当然だと思います。ガイド納富も、あまりノートにカバーを付ける趣味はありませんでした。

こんな風にThinking Power Notebookが差し込める。魅力的な表紙が隠れないのがこだわり
 

ただ、cyproducts×美篶堂のオリジナルブックカバーや、この「ごらん」など、いくつかの気に入ったノートカバーを使ってみて思ったのは、筆記具とノート、名刺やメモをまとめて持ち歩けるのは、とても便利だということ。また、ノートは意外にカバンの中で折れ曲がり易いということでした。さらに、ガイド納富は、このところThinking Power NotebookのA5横開きのノート「ネイチャー」を愛用していて、このノートの、横に長い構造が、取材のメモにも、アイディアをまとめる際にも、とても使いやすいということを発見してから、常に持ち歩いていました。ただ、このノート、薄いので、カバンの中でぐちゃぐちゃになってしまうことがありました。それで、ノートカバーを探していて、前から良いなあと思っていた五十音の「ごらん」が、ネイチャーに対応していると聞いて飛びついたのでした。

中にA5サイズのノートを差し込んで使う。写真ではWhiteLineのA5サイズを使用

で、使ってみると、凄い革の、タンニンの匂いが強くて、それもまた嬉しくて、とても育つのが早そうな革で、手触りが良くて、見た目が良くて、A5サイズより縦が二回りほど、横が一回りほど大きいサイズの、カバンへの収まりの良さ、取材時に取り出した時のサイズバランスの良さなど、いちいち感動してしまって、現在に至ったわけです。


最小限の、だけどオールインワンのノートカバー

ペンを閂のように挿し込んで表紙を留める構造。筆記具がすぐ取り出せるのも便利

ノートカバーとして良く出来ているのは、中にノートをいれた状態で、とても書きやすいと言うことです。表紙に、このカバーの特徴でもある、ペン差しが付いているにも関わらず、革の厚みのせいか、凸凹が気になりません。それは左右、どちらのページでも言えることで、ノートカバーとしての機能はそれで十分でしょう。また、ペン差しが、表紙とは別に、もう一つ、こちらはペンのクリップ部分を差込むタイプなので、太いペンにも対応します。

表紙のペン差し部分は、閂になっている重要な部分ですが、ガイド納富が使っているのは、このペン差しの直径が小さいタイプで、それなりに差すペンを選びます。待てば、ここが太いタイプも入荷するとのことでしたが、一刻も早く使いたいガイド納富は、それでも在庫としては最後の一つだった、このカバーを買ってしまいました。なので、ここには愛用のペリカンM205は入りません(ここに差すために、ペリカンM300の購入を考えていますが、それはまた別の話です)。現在は、パーフェクトペンシル9000番のブラックタイプを差していますが、これはこれで良く似合うので気に入っています。

中にはクリップで留めるタイプのペン差しを搭載。表紙と合わせて二本の筆記具を収納できる
ノートのほかに薄い小冊子や名刺などを挿し込んで使うのも便利


中のペン差しに、愛用のペリカンM205を入れて、後は、薄手の名刺ケースと、「ごらん」と人に見せたくて、ガイド納富が編集長を務める、手帳にもなる懐中雑誌「ぱなし」を差込んでいます。名刺ケースや「ぱなし」のような薄いものは、筆記時に邪魔にならず、しかも、入れておきたいものなので、それらが収納出来るのも嬉しいところです。

ノートカバー+ジョッターという発想

ジョッターのように立ったままでの筆記ができる。横長の紙面を有効に使えるのも魅力

背面に、ジョッターの様な感じで、「Thinking Power Notebook」のA5横サイズ「ネイチャー」が差込めます。これは、ノートカバーの、素早くメモをとるのには向いていないという欠点を補うものです。また、宇井野さん曰く「このノートは表紙を見せたいじゃないですか」ということで、このような形になっているわけです。

「ネイチャー」というノートは、とても薄くて、せいぜい4~6回ほども取材に行けば一冊終わってしまいます。そういうノートだからこそ、こんな風にジョッターの様に使うのに向いています。カバーされてないからボロボロになるような気もしますが、それ以前に使い切れるから大丈夫なのです。ただ、この状態だと、裏面に文字が書けないのと、表紙のペン差しにペンを差したままで机に置いて、このジョッター部分に文字を書こうとすると、ちょっとグラグラするのが欠点です。

まあ、片面にしか書けないのは、後で整理するのには便利なので、目をつぶるというか、取材先などでは、ここから抜き取って使えば問題ないですし、ペン差しからペンを抜いて、それで筆記すれば、グラグラする問題も片づきます。そんな些細な欠点はどうでもいいくらいに、この「ごらん」は使っていて嬉しくなるカバーなので、個人的には、ほんとどうでもいいのですが(笑)。

ガイド納富の「こだわりチェック」


要するに、こういう革の、こういう包む形の、質実剛健のようで、遊び心もあって、機能は最小限で必要十分で、絶妙のサイズバランスで、持っていたくなるような、そんな道具が好きなんですね。それが、「書く」ことに関するものであれば、もうそれに優るアイテムは無いだろうという感じではあります。繊細過ぎず、でも丁寧な仕事ぶりも魅力です。価格も、これだけの革を使っている割にリーズナブルです。間違いなく長く使うことになると思いますし。

こういうグッズは、誰にでも勧められるというものではないのですが、好きなひとの手に確実に届いて欲しいと思うようなグッズでもあります。仕事にもプライベートにも、当たり前に共有できるのも、この「ごらん」の面白さですから、利用範囲は広いと思うのです。「ああ、いいね」と言ってもらいたいと、だから「ごらん」と見せてしまう、そんなノートカバーです。それで仕事にも使えるのだから、それは凄いと、ガイド納富は、そんな風に惚れ込んでいるのでした。
<関連リンク>

「ごらん」は五十音の店頭で買えます(在庫があれば)

ベンリーズ&ジョブでは「ごらん」と同デザインの手帳を販売しています

美篶堂のブックカバーの紹介記事はこちら
美篶堂のブックカバーは、美篶堂ホームページからも購入出来ます

ツバメノート謹製「Thinking Power Notebook」のA5横サイズ「ネイチャー」はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。