携帯に便利!短いボールペン「ミニペン」の面白さ

短くても使える!おすすめのミニボールペンは?

短くても使える!おすすめのミニボールペンは?

多分、最初は手帳用のペンだったのだと思います。その手軽さと安定したインクフローで、万年筆に代るものとして発展したボールペンは、だからこそ、万年筆のような大きめの筆記具として作られていました。ただ、その機構上、かなり小さくできるということに気がついた人が、手帳などに収納して携帯できる小さなペンを作ったのでしょう。

その小さなペンは、手帳用はそれなりに進化を遂げつつ、幅広く可能性を広げています。小ささによる持ちにくさを、どう解決するかとか、最適なサイズを探ったら小さくなったとか、アクセサリー的なデザインを考えたら小さくなったとか、今や、その「小ささ」も多様化し、その中でそれぞれに名作を生んでいます。

そんな小さなペンの中から、気軽に買える価格で、それぞれに主張があり、使いやすく、面白いペンを選んでみました。ランキングというには、かなりニッチなジャンルですが、元々小さいものが大好きなガイド納富が、真剣に選んだものなので、それなりにベストっぽいのではないかと思っています。

5位:
トンボ鉛筆「REPORTER 4 COMPACT」504円(税込)

トンボREPORTER 4 COMPACT
四色ボールペンの名作と言われるボールペン
ノックするボタンがそれぞれ違う形状をしているため、見なくても目的の色の芯が出せる四色ボールペンの名作「REPORTER 4」のコンパクト版です。元のREPORTER 4が144mm、コンパクトは117mmと27mm短くなっています。それだけの差ですが携帯性はかなり上がるものです。また、短くなることで全体のルックスに締まりが出てデザインが良くなったようにも見えます。

ガイド納富が購入したのは、ストラップ付きでしたが、確かに、この長さだとストラップで首から提げても邪魔になりません。そのストラップも長めになっていて、首から提げたまま筆記できるあたり、トンボ鉛筆のこだわりを感じます。クリップも素材の弾性を利用する通常のタイプではなく、バネを使って広く開いてしっかり留められる構造。四色(黒・赤・青・緑)それぞれの発色も良く、取材などの外出時のメモ用途には最高です。

4位:
トンボ鉛筆「PFit」315円(税込)
ゼブラ「penpod」315円(税込)

トンボPFit ゼブラpenpod
左/ゼブラ「penpod」、右/トンボ鉛筆「PFit」
携帯電話などのストラップにも付けられる、プラスチック製の軽いミニペンというジャンルの中での傑作二種です。ガイド納富としては、どちらも大好きで甲乙つけ難かったので、両方まとめて紹介します。とはいえ、この二つのペンは、小物文具好きにはもうお馴染みで、様々なスタイルで利用されている、言わば定番になった名品。

「penpod」は、今回紹介するミニペンの中でも最も短い76mm(実測値)、「PFit」は長さ90mmという短さながら、しっかりした太さとラバーグリップ付きで、とても握りやすいのが特徴です。そして、どちらも、携帯⇔利用の双方向で使いやすい工夫がされています。

トンボPFit ゼブラpenpod
中のリフィルは他メーカーのものも使える
例えば「PFit」の本体全体が大きなクリップになっている構造は、鞄の端にでも挟んでいれば、いつでも素早く取り出して筆記できます。また「penpod」は、コンパクトな本体からペン部分を抜き出すと、ペンが伸びて90mmの書きやすい長さになる仕掛け。ストラップなどで繋いでいても、ペン部分だけを取り出すことが出来るのが、この「penpod」の面白いところです。

どちらのペンも、使われているリフィルが、通常のマルチペンのものと同じなので、中を自由に入れ替える楽しみもあります。ガイド納富は、「penpod」の中をスタイラス芯にして、ウィルコムの「W-ZERO3 Adovanced[es]」用のスタイラスとして重宝しています。そんな使い方の自由度の高さも、この二つのミニペンの魅力です。「PFit」「penpod」共に、ブラックボディの大人が使えるカラーリングも用意されているのも嬉しいところです。


次のページでは3位と2位のミニペンを紹介します。

3位:
伊東屋「ITO-YA 手帳用ボールペン」630円(税込)

伊東屋ITO-YA 手帳用ボールペン
中のリフィルは他メーカーのものも使える
手帳用ボールペンは色々出ていますが、ガイド納富が一番好きなのは、この伊東屋オリジナルタイプ。長さが10cmで、クリップがなく、ペンの後ろ側に小さく突起があります。そのスタイルは、手帳用の標準でありながら、何故かとてもデザインとして際立って見えます。さらに、ステンレスの重量感のあるボディは持ち心地が良く、グリップ部には滑り止め加工まで施されています。

実際に書いてみると、ペン先がほとんどブレないので、その書きやすさに驚かされます。ノック式のペンですが、よくあるペン先にバネを仕込んだタイプではなく、ペン芯を差込む部分にバネが仕込まれているため、リフィルをしっかりとホールドし、ペン先がブレず、小さくても目的のポイントを外さず書くことができるのです。他に黒や、シャープペンシルもあるので、好みや用途に合わせて使い分けられるのも魅力です。

2位:
パイロット「バーディスイッチ」525円(税込)

パイロット バーディスイッチ
見よ! このスリムな美しいフォルムを!
こちらの「バーディスイッチ」は、前にもガイド記事で少し触れたことがある名作ペン。長さ121mm、軸径4mmというサイズの中に、シャープペンシルとボールペンを内蔵して、この低価格!! 軸の太さは今回取り上げたペンの中でも抜群に細く、その分、長さは一番長いのですが、それが、この細さでも十分に使える書き心地に繋がっています。

パイロット バーディスイッチ
このボールペン部分も替え芯が売られている
ノックする側のキャップを外すとボールペンが出てくるギミックも素晴らしいですが、それ以上に、シャープペン側のペン先に、外したキャップが装着できる、その小さな心配りがうれしい。手帳用にマルチペンを、というアイディアの実現方法として、とても良い方法ですね。しかも、クローム仕上げの本体軸の質感も高く、クリップの形状などデザイン面にも配慮されています。そんなディテールにまで手を抜かずに作られたペンが525円で手に入るというのが、また、とても凄いことだと思うのです。


次のページでは、第1位のミニペンを紹介します。

1位:
トンボ鉛筆「XPA」2625円(税込)

トンボXPA
胴軸が伸縮するため、携帯にも非常に便利
これまでは、高くても630円と、手軽に買える価格帯のものを紹介してきましたが、ミニペンというジャンルには、カランダッシュやファーバーカステルのもののような高級路線があり、また、ラミーやペリカンなどの高機能路線もあります。高級路線は、要するに軸の素材の問題なので、ここでは取り上げないことにしたのですが、高機能路線は、これはこれで、とても心惹かれる製品があります。

中でも、ラミーの「PICO」と、トンボ鉛筆の「XPA」は、携帯性の高い本格的なボールペンとして、また胴軸が伸縮するペンとして、どちらも捨て難い魅力があります。特に、「PICO」のワンノックで軸が伸びてペン芯が現れ、もうワンノックで元通り縮む、あの国際特許の機構は小物好きの血を騒がせます。しかし、一方で、「XPA」のヘビーデューティーな仕上げや、自分の手で伸縮させる操作の心地良さも捨て難いですね。

トンボXPA
軸を引っ張るとペン芯が出るギミック
色々考えた結果、ガイド納富が上位に推したのは「XPA」です。その理由は、XPAは2,625円、PICOは7,875円~という価格の差。甲乙つけ難いなら、この差はとても大きく、XPAが安過ぎないか!? と心配になるほど。

落しても簡単には壊れない丈夫なボディに、引っ張ると軸が伸びて芯が出て書けるというギミックの面白さ、上を向いても、水に濡れた紙にも書けるガス加圧式リフィルの優秀さ、首から提げても様になるデザイン性の高さに、絶妙の太さで付けられた凹凸による筆記時の持ち心地の良さなどなど、褒め所が多過ぎる程の出来栄えです。


次のページでは、番外編のご紹介です。

番外(オマケ):
ペリカン「minoro Pocket Pen K7」5,250円(税込)

ペリカン minoro Pocket Pen K7
最大160mmまで長さを調整できるため、好みの長さで書けるのがうれしい
ベスト5に入れるには、やや価格が高く、でもアイディアの面白さと使い勝手の良さが気に入ってしまったペリカンの新製品「minoro Pocket Pen K7」をミニペンベスト5の番外編として紹介します。

こちらのペン、見た目もミニペンというより、ファーバーカステルやデルタなどが出している「ポケットペン」のカテゴリーに入るものだと思いますが、面白いのは、その携帯時の短さと、筆記時の長さを両立させるアイディア。

ペリカン minoro Pocket Pen K7
長さが調整できるという新しさ
筆記時にキャップを外して後部に差し、その差し込み具合で長さを好きに調整できます。収納時は長さ110mmのポケットサイズですが、筆記時には125mmから160mmくらいまで伸ばすことが可能。160mmというと、高級万年筆並の長さになるわけで、これはちょっとポケットペンの常識を越えた長さと言えます。

しかも、このキャップ部分は軽くて、ペン自体の重心も前寄りにあるため、長くしても重心のバランスが大変良い。特筆すべきは、軸に施された溝が、持った時の滑り止めと、キャップを固定する目的としてデザインした点。さらに、キャップの中に磁石が仕込まれていて、収納時にカチッと音を立てて収まるのもカッコ良いです。リフィルはペリカン377という大容量タイプを使っているので、サイズの割に長く書けます。現在、伊東屋で国内先行販売されています。

ガイド納富の「こだわりチェック」

ペリカン minoro Pocket Pen K7
どのミニペンも愛おしい使いやすさ
ということで、今回はかなり強引ながら、ミニペンのベスト5を紹介しました。どれも、ガイド納富が仕事や日常の中で使っていて、凄いと思った製品です。しかも、それぞれ「ミニペン」という共通点はあっても得意分野が違うので、それぞれのジャンルでのベストといった感じで、順序自体にはあまり意味がありません。どれも名作だと思っています。

それにしても、こういう小さな筆記具は、いつまでも触っていたいような魅力がありますね。そのサイズの中に注ぎ込まれたアイディアと技術の量を考えると、むしろ大きくて高価な筆記具よりも、小さい分、密度が高く、内包するポテンシャルが大きいような気さえしてしまいます。

伊東屋の手帳用ペンなんて、細部まで見てたらいつまでも飽きることがありません。XPAは何度も伸ばしたり縮めたりしてしまいます。REPORTER 4 COMPACTのノック部分の触り心地の違いを、ついつい何度も確認してしまうし、バーディスイッチは毎日のようにメモ用ペンとして使っています。PFitpenpodは、色違いを集めたくてしょうがありません。

1位から5位まで全部買っても4,914円で、しかも全部まとめてポケットに入ってしまいます。そんな小さなペン達ですが、小さいからこその面白さを、実際に使って実感してもらえたらと思います。

【関連リンク】
トンボ鉛筆「REPORTER 4 COMPACT」
パイロット「バーディスイッチ」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。