上質の革を使ったシンプルなデザインに秘められた機能

rethink
写真左「Clipon Coin Holder」各4,830円(税込)
写真右「Clipon Coin Strap」各5,880円
(税込)

キーホルダーや携帯ストラップといった日常使いの小物は、大人になるほどオーソドックスなデザインを選ぶ傾向があるようです。しかも、さりげなく使えるように、素材や作りはしっかりした良いモノが魅力的に見えるものです。特に毎日使うものだけに触り心地にこだわりたいので、上質の革を使ったものを使いたいところです。

rethinkの「Clip On」シリーズは、上質の革を高い技術でキーホルダーや携帯ストラップに仕立てた大人の革小物です。しかも、一見、オーソドックスなティアドロップ型の使いやすく上品な製品ですが、それだけではありません。そこに、もう一つ機能を付け加えることで、日常生活に馴染みながらも、手放せない便利グッズでもあるという、正に生活のマストアイテムに仕上げてあるのです。

500円玉二枚を仕込める雫型のキーリング&携帯ストラップ

このように、中に500円玉二枚を仕込んでおける

この「Clipon Coin Holder」は、キーリングと携帯ストラップの二種類が用意されています。どちらも、一見よく見かけるティアドロップ型のデザインで、それだけでも使いやすそうなのですが、中に2枚の500円玉が入れられるようになっているのです。肌理が細かく肌触りが良い上質の牛革を極薄に漉いて、それを2枚貼り合わせる「ベタ貼り」と呼ばれる手法を使い、薄くても強度があり、しかも柔らかく仕上げてありますから、2枚の500円玉を入れても厚ぼったくなりません。柔らかいから出し入れも簡単です。

このデザインと機能の両立は、この薄くて強い加工が出来るからこそ実現したものです。ガイド納富も愛用していますが、普段はポケットに1000円を忍ばせているということを忘れてしまうほどの自然さ。近所への買い物なら、ここから支払ってお釣りを再び、この「Clipon Coin Holder」に入れるという、ほとんど小銭入れのように使う人もいるようです(100円や10円玉なら4枚までは収納できてしまいます。とはいえ結構膨らむので、あまりお勧めはしませんが・笑)。

毎日使うものだから、革がとても早く良く育つ

携帯ストラップとキーリングの二種類がある。
色はどちらも黒と茶が用意されている。

キーリングも携帯ストラップも、普段からポケットなどに入れて毎日持ち歩くものです。だからこそ、うっかり財布を忘れても、常にイザという時のための1000円が用意される、この「Clipon Coin Holder」が有り難いのです。さっと鍵や携帯電話だけ持って散歩に出た時にも、ちょっと珈琲を飲んで帰ってくることが出来ます。

しかも、毎日何度も出し入れするため、革が簡単に手に馴染んできて、とても良い風合いになっていきます。良質な革製品は使い込むほど味が出てくるのですが、その味わいの変化を短期間で楽しめて、しかも長く使うほど、さらに味わい深くなっていきます。革製品の経年変化を楽しむなら、財布やキーリングといった、ポケットに入れていて、毎日何度も出し入れするモノが一番良いのです。

バード電子のバケッタレザーバージョン
色は写真の黒の他、茶色もある。各色4,960円(税込)

「Clipon Coin Holder」シリーズは、キーリング、携帯ストラップそれぞれ、黒と茶色が用意されていますが、それ以外に、バード電子の別注品として、イタリアのバゲッタレザーを使ったバージョンもあります。このバケッタレザーは、さらに経年変化による味わいが良く、しかも、しっとりと柔らかくなっていくので、革マニアには堪えられないものです。色は黒と茶色。キーリングのみの発売です。

次のページでは、もうひとつのClipOnシリーズ「Clipon Magnet」を紹介します



様々な便利が生まれる持ち歩くマグネットクリップ

rethink
写真左「Clipon Magnet Plus」3,990円(税込)
写真右「Clipon Magnet」3,360円(税込)

ClipOnシリーズは、コインホルダーの他に、このマグネットクリップも用意されています。薄く強く作れるティアドロップ型の革部分に500円玉ではなくマグネットが仕込まれているのです。仕様はマグネットクリップとしてのみ使うタイプと、キーリングになっているタイプの二種類。こちらは携帯ストラップのタイプはありません。

こうやって余分なモノが付いていないバージョンを見ると、このClipOnのシリーズのティアドロップ型が、いかにキレイでバランスが良いかが分かります。シンプルで誤魔化しが利かない形だけに、サイズや曲線など、きちんとデザインされていないと、こういう風に自然な感じにはならないものです。

日常生活やビジネスには挟みたいものが沢山ある

キーリングタイプとマグネットのみのタイプの二種類

領収書の束、チケットの半券、名刺、綴じられていない書類、メモ、ポストに投函する郵便物などなど、鞄に放り込んだり、机の上に置きっ放しにしたりすると、その存在さえ忘れてしまいそうなモノでも、この「Clip On Magnet」に挟んでおけば、散逸しないし忘れないものです。キーリング付きを使えば、鍵と一緒に持ち歩けるので、さらに忘れ難いでしょう。

切符が挟めると便利なのですが、自動改札用の磁気データを記録するタイプの切符の場合、約30分でデータが壊れるので注意が必要です(数値はガイド納富が実際に試した実測データです。個体差もあると思うのでご注意ください)。山手線で3~4駅移動する分には、何の問題も無いのですが、長時間となると自動改札を通過できなくなってしまいます(もちろん駅員さんに見せれば問題なく通過出来ますが)。パスネットなどの磁気カードも同様です。

しかし、ちょっと挟んでおけるクリップがポケットに常備されているというのは、中々便利なものです。マネークリップとしても使えますし、資料を一時的に綴じておくのにも利用できます。しかも、キレイな革製ですから、使っていて心地よいですし、幅広いシチュエーションで使う事が出来るわけです。


ガイド納富の「こだわりチェック」

日常使いの道具を、日常的に使いやすいデザインで、しかもプラスワンの機能を持たせるという「Clip On」シリーズは、使いだすと本当に手放せなくなるアイテムだと思います(実際、ガイド納富がそうです)。何気ないルックスだから、わざわざ使っているという感じもなく、でも常に1000円のバックアップがあるという安心感の「Clipon Coin Holder」や、パッと名刺を束ねられる「Clipon Magnet」は、正に日常生活の味方という感じなのです。

一つ一つ、手作りで作られているので、量産が効かず、時々手に入り難くなったりするのですが、在庫がある内にとりあえずゲットしておく価値がある製品だと思います。自分用にもプレゼント用にも使えますし、持っていて邪魔にならない小さなモノですし、でも持つ満足感を与えてくれるアイテムでもあります。

この「Clip On」シリーズを作ったrethinkさんは、世界一デザインと使いやすさに優れる本革iPod用ケース「FlipPad」「ClipPad」シリーズを製作販売しています。それらのケースはアイディアと機能と革小物としての魅力を併せ持った贅沢で高品位なもの。「Clip On」シリーズもまた、そんなiPodケースの流れを受け継いだ、世界レベルの高品質高機能なアイテムだと思うのです。大人が使える良いキーリングや携帯ストラップをお探しなら、「Clip On」シリーズ、ガイド納富は自信を持ってお勧めします。


<関連リンク>
rethinkの「Clipon Coin Holder」解説&購入ページ
アシストオンの「Clipon Coin Holder」解説&購入ページ
バード電子の「バケッタレザー Clipon Coin Holder(黒)」解説&購入ページ
バード電子の「バケッタレザー Clipon Coin Holder(茶)」解説&購入ページ

rethinkの公式サイトはこちら

rethinkの「Clipon Magnet」&「Clipon Magnet Plus」解説・購入ページ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。