1887年創業の「紙」にこだわる老舗文具店「スマイソン」

スマイソンの紙には1枚1枚透かしが入っている

イギリスはロンドンのニュー・ボンド・ストリートに店舗を構える「スマイソン」は、日本語で言えば文具店なのですが、扱っているのは紙製品と革製品が中心です。紳士淑女のための書斎の常備品を扱う店と捉えると間違いないかもしれません。特に紙製品については、1887年の創業以来、代々の英国王室ご用達(いわゆるロイヤルワラントですね)を務める名店です。

店舗には、エリザベス二世、エディンバラ公、チャールズ皇太子、エリザベス皇太后の紋章が掲げられているのですが、この四人だけが、現在英国王室で、ご用達の認定を行える方々ですので、言ってみればご用達の中のご用達、といったところでしょうか。実際、レターセットに使われている紙は、古い英国紙幣に使われていたもので、その手触りの良さと、万年筆のインクを程よく染み込ませる書き心地は、ちょっとびっくりします。

そのスマイソンの創業者である、フランク・スマイソン氏が1892年に発明した紙が、Featherweight Paperと呼ばれる、文字通り羽根のように軽い紙でした。薄いので綴じてもかさ張ることが無く、軽いので持ち運びにも便利。そして破れにくく、裏写りしにくい、そんな、正に手帳を作るために生まれたような紙です(この製法は特許になっているそうです)。スマイソンの手帳やノートは、全てこの紙が使われています。その紙の独特の薄い青は、ボンド・ブルーと呼ばれ、スマイソンのイメージカラーにもなっています。写真ではきちんと再現するのが難しいのですが、淡過ぎず濃過ぎず、とてもキレイな青なのです。

そのさりげない佇まいにスマイソンの矜恃を見る

スマイソン「手帳 6穴バイブルサイズ」
72,450円(税込み)

スマイソンの製品全体に言えることですが、とにかく奇を衒ったデザインが一ヶ所も見当たりません。この6穴バイブルサイズのシステム手帳にしても、端正過ぎると言っても良いほどです。でも、この型押しのカーフの表紙の、手に吸い付くような肌触りと、暖かな感触の心地よさは、それだけで只者では無い感じが伝わります。でも、何と言うか威嚇しないのですね。「俺は高級品を使ってるぜ」というような嫌みな感じは一切無いのです。

最近では珍しい、ハードカバーなのも、いかにも英国紳士風の趣を感じさせてくれます。カッチリとまとまっていて、でも決して硬直しているわけではない感じと言うと分かりやすいでしょうか。色は他にベージュも用意されています。ピッグスキンの質では世界一とも言われるスマイソンですから、ベージュのカバーの出来も凄く、どちらも一生使っていけるバインダーと言えるでしょう。

必要最小限のポケットとペン挿し。
シンプルにまとめた美しい内部

リフィルやペンも付属しています。リフィルは当然、Featherweight Paperを使ったオリジナル。見開き1週間のダイアリーや住所録などが用意されています。規格は通常の6穴バイブルサイズなので、市販のリフィルも使えますが、やはり、この手帳を使うのなら、スマイソン・オリジナルのリフィルが使いたいところです。付属のペンは小振りのキャップ式の油性ボールペンです。鉛筆のような形状が手に馴染む、このペンだけでも欲しいくらいのペンです。

ペン差しはもう一ヶ所用意され、名刺やカードを入れるスペースやポケットなど、必要な機能はもれなく装備。カバーが固く、しっかり180度開く上に、厚手のプラスチックの仕切りがたくさん付いていて、どのページもとても書きやすいのも、この手帳の特徴。ポケット類が最小限に留められているのも、この書きやすさを実現するためなのでしょう。膝の上や狭いデスクでも、快適なライティングテーブルにしてしまうような、そんなカバーなのです。

アドレス帳やダイアリーなどのリフィルが付属する

リフィルは全て、一枚一枚にスマイソンの透かしが入っています。この透かしが、本物のFeatherweight Paperを使っているという証でもあります。紙の書き心地や使い心地は、次のページでしっかりレポートしますが、この薄さと軽さは、様々なリフィルを綴じるシステム手帳の形式に最適です。できれば、全てのリフィルをこの紙にして欲しいほどです。例えば1年分のダイアリーのリフィルが、通常のリフィルの三分の二くらいの厚みしかないのです。

細部を見たり、使ってみたりすればするほど、じわじわと沁みるように、持っていることへの満足感が高まるのが分かります。機能にしても、デザインにしても、使い心地書き心地にしても、さりげなく自分をサポートしてくれる、そんな理想が何気なく形になっている、ガイド納富は、そんな手帳なのだと思いました。

次のページは、スマイソンのポケットノートのシリーズを紹介します



書く楽しみ、持ち歩く愉しみを味わうための手帳

スマイソン
「LITTLE BLACK BOOK」(左)11,150円(税込)
「ADRESS AND TELEPHONE」(右)9,450円(税込)

スマイソンのノートの中でも、書く楽しさ、持っている愉しさを味あわせてくれるのが、このポケットノートのシリーズでしょう。柔らかなカーフの表紙に、ボンド・ブルーのFeatherweight Paper。そして、その内容は表紙に書かれている文字によって、様々な用途別のノートになっています。

例えば、上の写真の赤い方は、「ADRESS AND TELEPHONE」つまりアドレス帳ですね。そして黒い方は「LITTLE BLACK BOOK」と書かれています。これも実はアドレス帳です。ブラックリストを洒落たタイトルになっているわけです。このあたりのちょっとした遊び心がイギリス風ですね。ふわっとした手触りの良さと、その見た目からするとかなり軽い、そのコンパクトさが何よりの魅力。鞄の中で邪魔にならないので旅行のお供にも最適です。

「ADRESS AND TELEPHONE」の中

このシリーズは、他にも、旅を記録する「TRAVEL NOTES」、月単位で誕生日を管理する「BIRTHDAY NOTES」、店やホテル、娯楽施設などの覚えておきたい場所を記録する「PLACE TO REMEMBER」、食べ物やワイン、インテリアなどをチェックするための「DOMESTICK GODESS」、ゴルフの記録を書く「GOLF NOTES」、そしてプレーンの「NOTES」など、様々なノートが用意されているのです。かつて、フロイト博士やキャサリン・ヘップバーンさんなども、オリジナルのノートを作ってもらい愛用していたのだそうです。

書き出すと止まらないFeatherweight Paperの気持ちよさ

「PLACE TO REMEMBER」(9,450円)に書いてみた。
左ページを見ると裏写りしないのが分かる

スマイソンの手帳に使われているFeatherweight Paperは、鉛筆か万年筆、そうでなければ油性ボールペンあたりが相性が良いようです。特に万年筆で書くと、滑り過ぎない程度にスムーズで、ほんの少しの引っ掛かりがあるおかげで、走り書きしても文字が流れずに、字の下手なガイド納富でも、ちゃんと読める字が書けます。インクは滲まずにスッと紙に定着して、確かにほとんど裏写りもしません。

1枚づつ透かしが入っているのが、Featherweight Paperの証

地の青い色も目に優しく、ブルーブラックやブルーのインクで書いても、ちゃんと読みやすく書く事ができます。実際に書いていると、ペンの先から伝わる書き味が心地よくて、考えていた以上に書き込んでしまいます。特に中字以上の万年筆や柔らかめの鉛筆を使った時の書き心地は、本当にいつまでも書いていたいと思わせてくれます。同じスマイソンでもレターセットとはまた書き味が違うのが面白いところです。もちろん、このポケットノートのシリーズでも、全てのページには透かしが入っています。また、カバーの色は、写真の黒、赤の他、黒は型押しのタイプのもの(というか、型押しでないのはLITTLE BLACK BOOK」だけです)、緑、ベージュがあります。


ガイド納富の「こだわりチェック」

スマイソンの手帳は、日本では扱っている店が少ないせいか、その世界的な知名度の割に、日本ではあまり知られていないようです。しかし、スマイソンの手帳を見ると、何となく懐かしい感じもするのです。革の表紙に、薄い紙、1cmに満たない薄さなどなど。これは、昔からある会社などで配る手帳のフォーマットに似ているのです。多分、このスマイソンの手帳が、様々な手帳の原形になったのではないかと思うのです。

Featherweight Paperは、確かに凄い紙なのですが、その性質上、端の方から折れ曲がったり、丸まってしまいやすいという欠点もあります。その紙の丸まり具合も、昔の手帳を思わせます。小口に金を塗るというのもスマイソンからの流れかも知れません。そんな手帳の原形は、しかし流石にオリジナルだけあって、とても持ち心地が良いのです。「持っていたい、持ち歩きたい」と思わせるかどうかが、手帳を評価する際の最大のポイントだとガイド納富は思っているのですが、その部分に関してスマイソンの上を行く手帳は、まだ見たことがありません。

どこも突出しない、あくまでもさりげなく、でもその良さだけは伝わってくる、そういう製品を生みだして、そのまま100年以上に渡って、その製品が愛され続けるというのは、イギリスや日本のような、比較的古い国でさえ、あまり例はありません。でも、スマイソンの製品を見ていると、「書く」ということは、ここ百年くらいでは何も変わっていないなと思えてきて、それは悪くないな、と思うのです。

製品問合せ先

今回の記事で取り上げたスマイソン製品のご購入、お問い合わせはイセタンメンズ館へ。
伊勢丹本店メンズ館(新宿)
03-3352-1111(代表)


<関連リンク>
スマイソンの公式サイト(英語)
(日本からのネット通販も可能)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。