考えてみると、これも結構種類が多い!

靴の底様々
アッパー以上に適材適所性が求められるのが、「底」の素材でしょう。「どのような人がどんな場所でどう履くか?」それ次第で最適解は当然、様々です。


昨年の秋ぐらいから、ぼちぼち記事にしていた一連の「靴に使う牛革」の記事、いかがでしたでしょうか? 一言で「牛革」と表現しても、原皮を取る牛の年齢や鞣しの方法、加工の方法それに色の付け方で非常にバリエーションがある事をご理解いただけたかと思います。それと同時に、一種の適材適所的な観点も重要である点を認識していただけますとガイドとしては一層嬉しいです。

上記の一連の記事ではその多様性ゆえに、靴のパーツとしてはどうしてもアッパーを中心とした話にならざるを得ませんでした。ですのでバランスを取ると申してしまっては何なのですが、今回からは暫くの間、この「メンズシューズ基礎徹底講座」ではその下、すなはち靴の「底」について、色々お話ししてまいりたいと思います。「底」は大まかに分けると「アウトソール」と「インソール」それに「ヒール」に分けられますが、主にアウトソールを対象にお話しし、必要に応じて他のものの話も付け加えてまいります。

「底」は耐熱性や耐水性・耐圧性それに耐摩耗性だけでなく、安定した歩行を支える為に柔軟性や可塑性も高度に求められる、間違いなく靴の中では最も酷使されるパーツです。それゆえ革素材が圧倒的な優位性を依然保っているアッパーとは異なり、この部分は紳士靴の世界であっても今日革以外の素材が相当幅を利かせるようになったのは、日常生活の中で皆さん認識なされているでしょう。面白い新素材が色々と出て、しっかり定番となるものもあれば、あえなく消えてしまうものもあるわけで、いやはやこれも奥深い世界なのですが、まずは基本の素材からお話ししましょうか!


次のページでは、まずはやっぱり「あれ」から見て行きましょう!

全てのソールの原点、そして到達点の牛革!

牛革
牛革製のレザーソールは、現在の全ての底材の原点と言えるでしょう。一部の性能については確かに他素材に劣ってしまうものの、総合的には非常に使い易く、依然「ソールの主役」であるのには納得です。


紳士靴の底材として最初に触れなくてはいけないのは、やっぱり牛革=レザーソールでしょう。分厚いステアハイド・カウハイド等の原皮を用いて、殆どの場合は植物タンニン鞣しを施し、銀付きの状態で素仕上げを施したものが用いられます。まあ、極々一部にはコンビ鞣しのものもありますし(主にゴルフシューズに用いられます)、最終的には銀面を軽く削ったり、「カラス仕上げ」と称して表面を着色する場合もあるのですが。

原点、そして到達点と呼ぶに相応しく、総合的には極めて高性能で、特に自然な通気性と耐熱性には格段に優れ、しなやかさとクッション性に関しても正に絶妙な塩梅です。また、履き込むに従い足馴染みが格段に良くなり、取り扱いに僅かにコツがいるものの、結果として快適性が一番持続する素材と言えるでしょう。更に革質の選択も靴メーカーにより様々で、その着用感・着地感の違いを深く愉しめるのも魅力です。代表的なものとしては、植物タンニン鞣しを行う過程で、楢や樫の樹皮(おが屑)等にじっくり浸したり、場合によっては地中に埋め込んだりするなどして、完成までに約1年掛ける通称「オークバークレザー」等が挙げられ、特にドイツのレンデンバッハ(Joh Rendenbach Jr.)やイギリスのバーカー(J&FJ Baker)のものが靴好きには有名です。

ただし、他素材に比べ耐水性やグリップ力ではどうしても劣ってしまうので、慣れないと雨の日には使い辛いのは事実で、流石に雪の日には怖くて使えません。あと、必ずしもそうでもないにもかかわらず、最近は「重い」と言う誤解を多くの方が抱いているようです。慣れてしまえば決して重さは感じず、厚目のものでも寧ろ軽ささえ感じるのですが、足に大きな問題がないにも関わらず、それが理由でレザーソールを敬遠されている方が増えているのだとしたら、これはいささか残念でなりません。


次のページでは、ちょっと脱線。個人的に好きなレザーソールのお話をします! 意外な名前が出て来ます、多分。

靴と履く人とで、相性は変わります!

オイルソール
個人的に大好きな、イギリス・クレイトン社製のオイルソールです。とにかくしなる! しかも雨に強い! 日本に限らず、最近は使っているメーカーが殆ど無いみたいですが、どこかでまた使って欲しいなぁ……


前のページで、「革質の選択も靴メーカーにより様々で、その着用感・着地感の違いを深く愉しめるのも魅力」と書きましたが、私のつたない経験から申し上げると、靴の種類や製法、それに履く人の好みで、全く同じ素材のものでも評価がガラッと変わってしまいがちなのが、レザーソールの「らしさ」なのだと感じています。なので、例えばオールソール交換等の際に、タンナー(鞣し業者)の知名度のみに囚われ過ぎて素材を選ぶのは、気持ちは物凄く理解できるものの、最善の策とも限らない気もするのです。丁度車のタイヤを選ぶのに似ていて、靴自体の使い方次第でその特性を十二分に活かす事もできれば、むしろ靴の特性に邪魔をしてしまう事もあると思いますから。

それを承知の上で敢えて個人的な話をさせていただくと、これまでで「私の足と相性がイイ!」と最も思わせてくれたレザーソールは、今から約20年前、1990年代初めに購入したSCOTCH GRAINの靴に付いていた、イギリス・クレイトン(Clayton)製のオイルソールです。このブランドの当時の上級グレードについていたソールで、「曲がる・しなる」の感覚が自らの歩き癖と見事に一致してしまっただけでなく、浸み込ませている成分の影響なのか雨天時に履いても全くスリップを起こさないのです。レンデンバッハやバーカーのものも確かに非常に素晴らしいのですが、私にレザーソールの履きやすさ、そして楽しさを一番素直に教えてくれたのは、間違いなくこれです。

SCOTCH GRAINはその当時から、アッパーに関しては価格に比べ用いる革が良質な点で評価が高かった一方で、ソールに関しては何気ないながらも進取の精神を持った素材を使い続けてくれていて、オイルソールはその象徴的存在だったのかもしれません。因みにこのクレイトン社、前頁でちょっとだけ触れた「コンビ鞣しのレザーソール」を製造している数少ないメーカーで、現在では鞄好きが憧れるブライドルレザーの製造元の一つでもあります。このオイルソールに限らず、近年はこのタンナー製のレザーソール自体が我が国には殆ど入って来ていないようですが、どこかの靴メーカーでまた使ってくれないかなぁ……

あ、思いっきり脱線してしまった! レザーソールについてはもう少し詳しく解説したいものの、ちょっと長くなりそうなので、続きは次回にさせて下さい。靴を長持ちさせたい人がどうすべきか必ずぶつかる「あの疑問」にも、私なりの解決案を提案してみたいと思いますので!



【シューケア技術向上講座・関連記事】
お手入れの前に知っておきたい、大切なこと
靴の「底」のケアについて考える その1
靴の「底」のケアについて考える その2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。