「靴の肋骨」を掘り下げてみます!

様々な靴紐
普段はほとんど気が付きませんが、靴紐にも様々な種類のものがあります。そしてその選び方次第で靴自体のフィット感が随分変わってしまうことも、あまり知られていないのが実情です。


なけなしのボーナスを全てつぎ込んで、夏休みと年末年始に海外の美術館やコンサートホール巡りの貧乏旅行ばかりしていた今から十数年前のこと。旅先であるロンドンの街中で、足に微妙な違和感を覚えた瞬間がありました。んっ? ふと足元を見ると履いていた靴の紐が切れている。

あれっ? 朝に紐を結んだ時は、全く異常が無かったんだけどなぁ…… 下駄の鼻緒じゃないけれど、靴紐も切れると足も心も居心地が宜しくない! 取り急ぎ近くにあった特にどうってことのない靴店に入り、そのブーツに合いそうな靴紐を1組無作為に買い求めました。その場で結び上げ街に再び戻り暫くすると…… 驚いたことに以前の靴紐が正常の時よりフィット感が格段に良くなったのです。それまでの靴紐は断面が丸くてやや細いものだった一方、今回のは断面が平らでかつ気持ち太いせいか、甲部の押さえが以前よりしっかり効いています。

日頃はあまり関心の向かない小さなパーツながら、履き心地を意外なほどに左右する靴紐の重要性を、ひょんな事から知ることになったわけですが、似たような経験をされた方、読者の中にもいらっしゃるのではないでしょうか。えっ、そんなこと意識すらしていなかったって? でしたら折角ですから、これを機にどうか気付いていただきたい! 通す形状から肋骨にも例えられる「靴紐」について、今回はお洒落の面だけでなく様々な角度からじっくり探ってまいります。


次のページでは、靴紐を選ぶ際に一番肝心なことについて! 

まずは長さが肝心です!

最適な長さ
靴紐を選ぶ際に最初にチェックしなくてはいけない点、それは長さです。短過ぎても長過ぎても役に立たないので、鳩目を通し終わったら靴紐が約20cm~25cm位出せるものを目安に選んで下さい。


靴のフィット感を調節し、足のグラつきを防ぎ快適な歩行をサポートするだけでなく、靴に余計なダメージを与えないのにも一役買っている靴紐。ドレスシューズ用、ワークブーツ用、スニーカー用など靴の種類により様々なものが売られていますが、選ぶ際にはどれにも共通の、絶対に外してはいけない条件があります。形状だ加工方法だも確かに大切なのですが、まずそれを最初にお話ししないといけませんよね。

それは「その靴に適当な長さのものを選ぶ」こと、まあ、言われてみれば至極当然のことです。靴の種類や足の形状にもよりますが、一般的には靴紐を鳩目に順番に通していって、一番足首寄りの鳩目を通し終えた時点で、外くるぶし側・内くるぶし側共に靴紐が鳩目の先端から約20cm~25cm位出ている状態が理想です。これより短いと、当たり前ですがそれを蝶結びするのに無理が生じてまいりますし、これよりも長いと蝶結びした後の見栄えのバランスが悪くなるばかりでなく、歩行中に靴紐の先端を踏んづけてしまい、靴紐が解けてしまう危険が生じ得るのです。ドレスシューズの場合、鳩目間の横幅や開き具合等から多少影響は受けるものの、最適な靴紐の長さは鳩目の数と比例関係にあるので、以下ご参考になされてみてください。

・鳩目の数が2対 → 約50cm~60cm
・鳩目の数が3対 → 約55cm~65cm
・鳩目の数が4対 → 約60cm~70cm
・鳩目の数が5対 → 約65cm~75cm
・鳩目の数が6対 → 約70cm~80cm

短いのはともかく、実は昨今、必要以上に長い靴紐が付いて売られている靴をドレスシューズのジャンルでも巷で結構見掛けます。ある時この件をとある国内の靴メーカーの方にお伺いしたのですが、
・靴紐の種類を何種類も用意すると、その分製造原価が高くなるので、「大は小を兼ねる」の発想で長いものに一本化せざるを得ない。
・足に本当に合っているか否かはともかく、日本では3Eなど幅広の靴に対する需要が依然として高いので、その靴に合わせるべく靴紐も長目のものが好まれる傾向にある。
・本来行われるべき「脱ぎ履きに応じて靴紐を解く・結ぶ」習慣が、日本では依然として定着せず、靴紐を結びっぱなしでかつある程度緩い状態のままで履かれる場合が多いので、靴紐もそれに都合の良い長目のものが好まれる傾向にある。
等がその理由に挙げられるそうです。どれも日本人の靴への意識が端的に表れているようで、ちょっと考えさせられますなぁ……


次のページは、ほとんど意識されないけれど、靴紐を考えるのには絶対欠かせないことについて!

お豆腐じゃないけれど、主役は木綿と絹!

シルクの靴紐
靴下に絹のものがほとんどなくなってしまったのと同様に、靴紐にも絹製のものがめっきり少なくなってしまいました。耐久性は確かに綿のものには劣るものの、使い心地は抜群です! 復権を切に望みます。


「長さ」の次にもう一つ、靴紐にとっては極めて肝心な要素ながら、靴がお好きな方でもほとんど意識されていない領域をお話ししてしまいましょう。それは靴紐の「原材料」です。これも靴の用途や目的に応じて様々なものが出回っていて、靴の世界の奥深さを伺い知ることができる、極めて興味深い分野です。

ドレスシューズ用のもので最も一般的なのは、綿若しくは綿ベースのものでしょう。耐久性に優れたものが比較的安価に出来るため、靴のグレードに関わらず今日ではこれが完全に主役になっています。綿の落ち着いた質感故、靴の色と馴染みやすい色のものを作り易いのも特徴で、強度を増すためナイロンやポリエルテル、それにアクリル等の合成繊維を混ぜたりするのも盛んに行われています。

一方、今日でこそあまり見掛けなくなりましたが、絹で出来た靴紐にもまた捨て難い魅力がございます。耐久性は確かに綿のものには劣るものの、丁度シルクの良質なネクタイと似たようなもので、発色の良さだけでなく、結ぶのも解くのも快適で、しかも締め付け具合の頃合いの素晴らしさは一度経験するともう、後戻りできません! 価格的にも決して贅沢品ではなく、国産のものなら綿のものより100円~200円と僅かな追加で十分素晴らしいものがありますので、見付けられたら是非とも一度はお試しなされてみることをお勧め致します。

その他耐久性最重視で、アウトドアシューズのように細く短冊状にした革を用いたりする場合も極稀にあります。例えばChurch’sのSHANNONと言うプレーントウがそうで、この靴は本来街履き目的ではなかったのかも? と思い起こさせてくれるディテールです。いずれにせよ、各靴メーカーやブランドの純正のものに限らず、靴紐からは原材料の微妙な違いにそれぞれの個性を感じることができるのは確かです。


えっ、まだまだ話さなくてはいけないことがあるだろうって? はい、その通りなのですが、この後も結構長くなりそうなので、今回はここまで。続きは次回をご期待あれ!



【「メンズシューズ基礎徹底講座」・関連リンク】
【関連リンク】
「メンズシューズ基礎徹底講座」 外羽根式と内羽根式の違い
「メンズシューズ基礎徹底講座」 靴紐の「通し方」を、深く考えてみる!
「メンズシューズ基礎徹底講座」 靴の「サイズ」について、深く考えてみる!
「メンズシューズ基礎徹底講座」 履けない靴を買わないための心得、前編
「メンズシューズ基礎徹底講座」 履けない靴を買わないための心得、後編

偉大なる単純 プレーントウ
礼節と歴史の結晶 キャップトウ
快活、律儀、セミブローグ
躍動、迫力、フルブローグ その1
躍動、迫力、フルブローグ その2
カジュアル? ビジネス? Uチップ
理詰め? フィーリング? Uチップ派生形
装いに溌剌さを加えてくれるサドルシューズ
起源と顔立ちを活かして履きたいギリー
履きやすく合わせやすい、チャッカブーツ
乗馬しなくても履きたい、ジョッパーブーツ
守備範囲の広さを誇る、サイドゴアブーツ
最軟で最強の楽しき矛盾、デザートブーツ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。