カッコイイ! でも、お手入れが大変そう!

異素材コンビセミブローグ
紺のスムースレザーと白のヌバックと、アッパーに2種類の素材を用いた、内羽根式のセミブローグです。ダブルブレストのブレザーと白のトラウザーズで、真夏の休日をキリッと過ごしたい! ただしお手入れ=紺の透明感とヌバックの「白」双方の維持は、確かに気掛かり。


天候はともかく、朝のラッシュアワーでの顔ぶれが微妙に変化するなど、「夏休み」なる言葉に違和感のない時季になってまいりました。皆さん、この夏はどんな予定を立てていらっしゃるでしょうか? えっ「こんなご時世なんだから、まずは目の前の仕事を少しでも多く確保するのが大事。休みはその次!」 うん、確かにです。

でもその分、泊まりがけの旅行とまではならないまでも、ちょっとしたお出かけなどで気分転換することも、たまには必要でしょう! 行く場所にもよりますが、真夏のそんな一日に是非とも履いてみたいのが、英語圏ではコーレスポンデント(Co-Respondent Shoe)とかスペクテイター(Spectator Shoe)と呼ばれる、2色使いのコンビシューズ。かつてはリゾート地やスポーツ観戦の足元には欠かせない存在で、一見お洒落難易度が高そうに思えますが、靴の色を着る服のどれかの色と合わせることを覚えてしまえば、単色使いの靴では表現できないリラックスした雰囲気を味わうことができます。

暑い時季にはその中でも、アッパーにスエードやヌバック等の起毛系レザーやコットンキャンバス等の布地、しかも白やベージュのような薄色のそれらと、スムースレザーとが組み合わされ涼しげな印象が増幅される「異素材コンビシューズ」に、自然と目が行きがちです。以前ケアの方法をご紹介した白系のドレスシューズに比べても、より気楽に履けるかもしれません。ただ、「異素材組み合わせ」の分お手入れが難儀そうで、単に目立つと言うよりこちらの理由で、この靴の購入を断念なされた経験を持つ方も多いのでは?

なんかそれも、もったいないなぁ…… 実はお手入れ用品の選択次第で、この靴は想像よりも容易にケアできるんですよ。今回はその方法、伝授致しましょう!

異素材コンビフルブローグ
こちらのフルブローグのアッパーには、薄茶のスムースレザーとオリーブベージュの綿キャンバスが用いられています。この色合いならば、初夏辺りからコットンや麻のスーツと合わせて履きたくなります。ただしこのキャンバス地も、一旦ひどい汚れが付くと回復が難しい!




次のページは、異素材コンビの「汚れの落とし方」について!

「履いたその日に汚れを落とす」のが理想!

専用消しゴム&クリーナー
異素材コンビの靴は、汚れが浅いうちにそれを取り切ってしまうのが肝心! 左:M.モゥブレィ スエードヌバックイレイサー 840。R&D。 右:コロニル ソフトクリーナー 1,470。エス・アイザックス商会。


薄色の起毛系レザーやキャンバス等の布地を併用した「異素材コンビシューズ」は、欧米の古い写真や映画でも真夏の洒落者の足元には欠かせない存在。これをいつまでも美しく履くための最大の秘訣は、
「特に『異素材』の部分に付いてしまった汚れを、できるだけ早急に取る」
ことに尽きると思います。毎日履くような靴では正直ありませんので、お手入れも怠惰に考えがちですが、初期消火が肝心なのは一般的な革靴の場合以上かもしれません。

で、こういう時こそ正攻法をきちんと修めているか否かが、まずは大きなカギ! スムースレザーの部分はこのページの2:のようにクリーナーを用いるとして、異素材の部分は軽い汚れならこのページの3:と4:のように、起毛系レザー専用の砂消しゴムを用いるのが一番簡単かつ確実です。「異素材」が綿や麻等の布地の場合でも、これで擦れば大丈夫! 仮に専用のものが用意できなくても、一般的な砂消しゴムで代用は可能ですから、スムースレザーの部分はともかく、異素材の部分はちょっとした汚れはこれで履いた日のうちに落としてしまいましょう。

もう少しスッキリ合理的に、スムースレザーと異素材部分の汚れを一度に合わせて落としたい場合には、「コロニル ソフトクリーナー」が便利です。もともとはキャンバスシューズ向けの商品ですが、この種の異素材コンビシューズの汚れ落としも前提に開発されたもののようで、サドルソープやスエードシャンプーとは異なり、ムース状で水を用いる必要のないのが一大特徴。スポンジやブラシを用いて上手に扱えば、「異素材の部分にスムースレザーの色が移ってしまう」この種の靴の汚れを取る際に起こしがちなトラブルは、十分防げます。


次のページは、異素材コンビの「栄養の与え方」について!

蝋分と油分は、控え目で大丈夫!

スエードスプレー・デリケートクリーム・撥水スプレー
異素材コンビシューズの栄養補給は、汚れやシミ、それに色移りを防ぐ意味でもシンプルなもので十分。左:ウォーリー スエードカラーフレッシュ ニュートラル 1,575。R&D 中:M.モゥブレィ デリケートクリーム 840。R&D。 右:コロニル ナノプロ 2,100。エス・アイザックス商会。


前のページで申し上げたように、汚れを取る際に横着すると「異素材の部分にスムースレザーの色が移ってしまう」トラブルが起こりがちなのが、異素材コンビシューズのお手入れの少々難しい所。ただしこれは逆の部分の栄養補給、すなわちスムースレザーの部分にどう水分・油分を入れるかで次第で、実はリスク度合いが相当変化します。ズバリ、その部分に
1:蝋分と油分が少な目の靴クリーム
2:無色の靴クリーム
を用いることが、完全とは行かないまでもその種の危険を減らすのに確実に貢献してくれるのです。

異素材部分がスエードやヌバックのような起毛系レザーの場合は、このページの2:で用いている「無色のスエード専用スプレー」が、上記の見事な理想解になってくれます! 「ウォーリー スエードカラーフレッシュ ニュートラル」はその代表選手で、これを用いればスムースレザー・起毛系レザー双方の部分が一気にお手入れ可能です。靴全体にサーっと吹き付け、スムースレザーの部分は空拭き、起毛系の部分はブラッシングを行うことで、どちらの個所にも必要十分な栄養が行き渡り、多少の撥水・防汚効果も期待できます。

一方、異素材部分が布地の場合は、そこには栄養なんて全くいらない訳で、となると…… まずはスムースレザーの部分のみを、水が主成分の「デリケートクリーム」で栄養補給してあげるのが一番現実的でしょう。万が一布地の部分についてしまっても、主成分が水なので余程のことがない限りシミにはなりません。また、布地の部分の防汚・撥水性向上を期待し、お出かけの少し前にこのページにあるような「フッ素樹脂系の撥水スプレー」を靴全体に掛けておくことも有効かと思われます。

油性ワックスを用いた鏡面磨きがお好きな方は、上記の方法では恐らく、スムースレザーの部分の光沢に不満を覚えるでしょう。でも、この種の靴はそれと異素材の部分の質感差だけで見え方に十分メリハリが付きますし、原則リラックスしたい時に履く靴ですので、たまにはこの種の「あっさり味」も宜しいのでは? 異素材コンビシューズは清潔感が何より大事であることは間違いないものの、超ピカピカよりも僅かに枯れた容姿の方が納まり良く見えますし、その方がご紹介したようにお手入れも簡単かつ確実ですので、今まで踏み込めなかった方、この夏、気軽にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?



【「シューケア技術向上講座」・関連記事】
お手入れの前に知っておきたい、大切なこと
一番の基本。スムースレザーの革靴のケア!
さあ、汚れた靴を洗ってみよう!一般編
実は超簡単。起毛系レザーの革靴のケア!
さあ、汚れた靴を洗ってみよう!起毛系編
靴に生えたカビを、正しく除去する!
悪天時の靴の味方、撥水・防水剤を考える!
靴の「底」のケアについて考える その1
靴の「底」のケアについて考える その2
油分が肝心、オイルドレザーの革靴のケア!
グローブレザーの革靴をケアする!
コードヴァンの革靴をケアする! その1
コードヴァンの革靴をケアする! その2
エキゾチックレザーの革靴をケアする!
パテントレザーの革靴をケアする!
イントレチアートレザーの革靴をケアする!
材質で両極端。白い革靴をケアする!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。