ご婦人の化粧品と同じ!

ケア道具あれこれ
「靴クリーム」と一般的に総称しているものって、実は大変種類が多いのです。「汚れ落とし」「栄養補給」「ツヤ出し」、ベストなものは、それぞれ異なります


前回はシューケアの基本中の基本である、スムースレザー(要は普通の牛革)の通常のお手入れ方法を、「汚れ落とし」「栄養補給」「ツヤ出し」の3ステップでご紹介致しました。そこで様々なケア用品を使ったわけですが、これらは残念ながら、実際に靴を作られている方・売られている方でも用法を混乱しているケースが多々あります。

そこで今回は、これらの見分け方・使い分け方に焦点を当て、詳しく解説していきたいと思います。予めヒントを申し上げておきますと、ズバリ、ご婦人の化粧品です! 以下を読んで具体的な化粧品が想像できなかった方は、身近な女性の方に伺ってみましょう。


「汚れを落とす」クリーナーは、種類も多数

クリーナー
クリーナーは様々なものが売られていますが、「汚れ落とし」に徹したものが一番使いやすいと思います。代表例はこれ。M.モゥブレィ ステインリムーバー 630  R&D
文字通り、革の表面から汚れや古い乳化性クリーム・油性ワックスの成分を取り去るのが、クリーナーの役割です。ご婦人の化粧品に例えると、「クレンジングクリーム」とか「メイク落とし」的な存在です。

ドラッグストアに行くと大量に見かけるそれらと同様、クリーナーにも液体やジェル、クリームなど様々な形状が見られます。また形だけでなく、その効果も製品によりかなり異なっているのが現状で、純粋に汚れ落しに徹したものから、栄養分もかなり補給でき乳化性クリームに限りなく近いものまで、本当に様々です。小生個人としては、純粋に汚れ落しに徹したものが好みです。

いずれにせよ、必要以上にゴシゴシ用いると、摩擦で革を痛める結果になりかねないので注意しましょう。軽くサッと用いるのが、何よりもの秘訣です。

余談ながら、小生が以前勤めていた会社の東京本社があったビルの地下に小さな誂え靴店があって、そこのおじさんは汚れ落としに、ガソリンを使ってたんだよなぁ…… 確かに染み抜き用のベンジンもガソリンの一種だから、油性の汚れは落ちます。決して間違ってはいない生活の知恵です。たとえ色落ちが激しく起きても、靴の色も黒と茶色しかないかつての典型的なサラリーマン相手のお店でしたので、上手く対応できたのでしょう。

「栄養補給」「ツヤ出し」のケア用品に付いては、
次のページをご覧ください。

「水分と栄養を与える」乳化性クリームは、ビンかチューブ入り

乳化性クリーム
乳化性のクリームは、ご覧のようにビンもしくはチューブに入っています。M.モゥブレィ シュークリームジャー 735  R&D
革に必要な水分と栄養分とをバランス良く与え、適度なツヤももたらすのが、この乳化性クリームの役目です。これはちょうど、乳液などの「スキンケア用品」や「基礎化粧品」のような存在と考えれば良いでしょう。栄養分だけでなく革にしなやかさを与える水分がしっかり入る、というのがこの商品のミソです。

主成分は水・油そして蝋です。ガラスもしくはプラスチックのビン、あるいは昔の歯磨きのように金属のチューブに入っているので、後述する油性ワックスとは売り場でも簡単に見分けが付きます。また、油性ワックスに比べ成分上微妙な色の調合が容易なため、何処のメーカーも結構豊富な色数を出しています。

どちらかと言えば、ビン入りはオーソドックスな効能のものが主流です。一方チューブ入りは、例えば色の定着力に優れ拭き取りが楽なものとか、ひどい汚れでない限りは塗る前のクリーナーが不要なものなど、何か特徴のある機能を付加している製品が多いようです。

前回にも触れましたが、付け過ぎてもブラシで払い落とさなくてはいけない量が増えるだけで全く不経済。なので、靴のアッパー全体につけるべきものではありますが、その量は僅かで構いません。このあたりも、基礎化粧品の使い方と全く同じ、腹八分目が肝心です。


「ツヤと光沢を出す」油性ワックスは、缶入り

油性ワックス
油性のワックスは、ご覧のようにカンに入っています。M.モゥブレィ ハイシャインポリッシュ 735  R&D
栄養分ももちろんあるのですが、革にしっかりしたツヤや光沢を与え見栄えを良くするのが、油性ワックスの本来の役割です。こちらは口紅や頬紅、それにアイシャドウのような「メイクアップ用品」だと考えていただいて結構です。

主成分は蝋と油で、成分の関係でほぼ全ての製品が金属のカンに入っています。この平べったいカンは、昔ながらの「靴墨」のイメージそのものですよね。恐らくシューケア用品として世界的に一番認知度が高いのは、昔も今もこれでしょう。

乳化性クリームに比べ蝋分が多く、それが革の表面をコーティングするため、防水性が増す効果も期待できます。ただ、塗りすぎるとその「コーティング」ゆえに革が呼吸できなくなり、ヒビ割れの原因にもなり得ます。厚化粧を続けると、人間の肌も次第に荒れてきてしまうのと、本当に一緒なのです。

そのような意味でも、あくまで乳化性クリームで革に必要十分な水分と油分をまず与えた後、芯が入っているため通常は曲がらないつま先と踵、それにコバにのみこれを薄く用いるのが無難なのです。アッパーのコンディションを日頃からきちんと保っていれば、ポイントだけを薄化粧した方が、靴の目鼻立ちは引き立ちます。



いかがでしょう? クリーナー・乳化性クリーム・油性ワックスの各特徴を上述のようにしっかり理解しておけば、買う際も使う際も厄介なことにならずに済みます。断じて難しい事ではありませんので、この際ですから覚えてしまいましょう。

なになに、もっと細かい事を深く知りたい? 了解です。次回は今回説明し切れなかった内容を、乳化性クリームを主軸に置いてお伝え致しますので、暫しお待ち下さい!!



【関連リンク】
株式会社 R&D ホームページ
株式会社 R&D 通販サイト リソーシーズ シューケアギャラリー

「シューケア技術向上講座」 お手入れの前に知っておきたい、大切なこと
「シューケア技術向上講座」 一番の基本。スムースレザーの革靴のケア!