シャルル・ジョルダン、グッチ、シャネルなど、ラグジュアリー・ブランド総勢300足あまりが登場する映画「靴に恋して」。監督はスペインの新鋭、ラモン・サラサール。今秋公開。

靴デザイナーになることを夢見る高級靴店の店員レイレ、知的障害者の娘アニータをもつクラブのマダム、アデラ、夫に先立たれたタクシードライバーのマリカルメン、高級靴を買いあさることで心の隙間を埋める高級官僚の妻イザベル。この5人の女性の運命が、互いに錯綜し、めまいを誘うような人生模様を描いていく…というのがそのストーリーで、キャッチコピーには「靴の数だけ、人生がある」。新しい靴に履き替えることを、この映画は人生を変えるメタファーとして描写している。人はいつの時代も、靴に何かの思いを込めたくなるらしい。これまでに靴をモチーフとした小説なんかをズラズラあげつつ、これって他の商品にはありえないことだよっていったら、また同僚に笑われた。


この試写会に、セレクトショップのトゥモローランドが60組120名を招待してくれる。カルチャーの切り口でさまざまなイベントを試みるトゥモローならではで、ウェルカム・ドリンクを用意して待ってるそーです。締め切りが8月10日必着とのことで、ちょっとタイトなのだけど、良かったらどーぞ。

●日時
9月11日(土)
1.12:30開場/13:30開映
2.16:30開場/17:30開映
●会場
トゥモローランド本社(恵比寿)
●応募要項
官製ハガキに住所、電話番号、氏名、年齢、職業、希望の上映会(1.or2.)を明記の上、下記住所まで8月10日必着で郵送。
●送付先
〒150-8448 渋谷区恵比寿西1-32-18
トゥモローランド販売促進部「靴に恋して」試写会係
*当選者の発表は、招待状の発送をもって代えさせていただきます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。