着るものに困る中途半端なシーズン

3月も半ばとなり、春が近づき暖かくなり始める季節がやってきました。毎年このシーズン、何を着ようか困ってしまう人は多いのではないでしょうか。ビジネスでは重いコートを脱ぎ捨て、春夏用のスーツと軽いスプリングコートを。休日のオフのシーンでは、ウールのセーターのかわりにシャツに薄手のブルゾンやブレザー、レザージャケットなどのライトな服を着たくなるものです。でも、シーズン的には気候の変化も大きく、日中暖かいと思えば、日が沈んでから寒くなることもしばしばですね。こんな中途半端な季節におススメしたいのはユニクロのヒートテックなんです。

ご存じユニクロのヒートテック。真冬だけではなく、春先の今の季節でも活用できるアイテムなのです photo:石井幸久

ヒートテックは春でも使える

ユニクロのヒートテックと言えば、真冬を乗り切るための大ヒットした防寒下着であることは誰もが知っていることです。凍えるような今年の冬にヒートテックを愛用した人も多いのではないでしょうか。今の季節もうヒートテックはいらないとタンスの奥にしまいこんでいる人もいることでしょう。たしかに真夏には用無しのヒートテックかもしれませんが、春先の季節にはまだまだ活用できるものなのです。

次のページでは、春先のヒートテックの活用方法をお教えしましょう。

【最新記事】
凍える足先を救うつま先ウォーマー
ブーツインにふさわしいデニムとは?
シアバターで男の潤いを取り戻そう!

9分丈をシャツの下に着る

例えば、ジャケットやセーターはもう着たくないけど、シャツ一枚ではまだ肌寒い場合。シャツの下に9分丈のヒートテックを着てみましょう。白っぽいシャツを着るときには白いヒートテックを。そして、ボタンは外すのであれば、Vネックのものを選びます。ヒートテックには伸縮性がありフィット感がよいので、ごわつかず、また、9分丈は完全にシャツの袖の中に隠れて見えません。

普通の袖丈のヒートテックでは御覧の通り袖口がだぶついてしまいます。でも、9分丈ならその心配もありません photo:石井幸久

Tシャツの替わりとして

また、春もののブルゾンやレザージャケットを着る場合、普通のTシャツや長そでのTシャツではちょっと寒い時、カラフルなヒートテックをTシャツ替わりに着ることもできます。ヒートテックはいまやネックラインやカラーバリエーションが豊富。防寒下着の域を超えたファッションアイテムなのです。進化を続けるヒートテック、まだまだタンスの中にしまいこむのは早すぎますよ。

【最新記事】
凍える足先を救うつま先ウォーマー
ブーツインにふさわしいデニムとは?
シアバターで男の潤いを取り戻そう!


※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。登録はこちらから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。