男の下着は今やファッション

暖かい日が多くなり、春の訪れももうすぐとなりました。4月は新学年の始まりや転勤、引っ越しなど何かと生活の節目となる時期です。そのせいでしょうか、3月になると身の回りのものを新しく買い替えたくなるものです。

例えばアンダーウエア。いわゆる下着のパンツです。近年、冬には保温力があり、夏には蒸れないなどの機能を訴求したものが人気ですが、アンダーウエアには本来シーズンはありません。パンツを季節で衣替えする人はあまりいないでしょう。しかし、今やメンズの肌着のデザインは多種多様で、昔のように男のパンツは白いブリーフと柄物のトランクスしかないわけではありません。都内の某百貨店の男性下着売り場に行くと、ファッションのフロアに負けないくらい、そのデザインの多さとカラフルさに圧巻されてしまいます。“男性の下着も変わったものだ”と驚くばかりです。

カラフルなデザインと履き心地のよさで人気のTOOT(トゥート)。ドットやボーダー、アニマルプリントなどバリエーションが豊富です photo:石井幸久

カラフルなTOOTに衣替え

話は戻って、身の回りのものを新調したくなる春、今まであまりアンダーウエアにこだわりをもっていない人も思い切ってカラフルなものに衣替えしてみてはいかがでしょうか?

そこでおススメしたいのは「TOOT」(トゥート)というブランドのアンダーウエア。もうご存じの方も多いかと思いますが、人気の日本の下着ブランドで、中でもボクサータイプがイチオシ。TOOTのデザインは、これが男の下着なのかと思うくらいカラフルでファッショナブル。スポーティーなミリタリー柄、ドットやボーダー、中にはセクシーなバラの花柄やアニマル柄まで。もう完全に下着の域を超えて、ついつい人にも見せたくなるファッションのコレクションのような品揃えなのです。

次のページでは、さらなるTOOTの魅力をお伝えします。

【最新記事】
春先まだ活用できるヒートテックの9分丈
凍える足先を救うつま先ウォーマー
ブーツインにふさわしいデニムとは?

クセになる履き心地の良さ

僕も数年前から、このTOOTのボクサータイプを何着が持っており、愛用しています。そのデザインや色はもちろんですが、着用したときの心地よいフィット感がとても気に入っています。その秘密は立体裁断で作られていること。とても動きやすいのですが、ローライズの股上が短いのが特徴です。もし股上の短さが気になったり、トランクス好きの人には履き心地に違和感があるかもしれません。でも、一度履き始めるとこのTOOTが好きになってしまう人も多いようです。

TOOTのボクサーの人気に秘密は立体裁断によるフィットのよさ。一度履くとクセになってしまいます photo:石井幸久
カラフルな下着を履いていると、不思議なことに自然と気持ちも明るく、楽しくなってくるものです。春の訪れの前に、あなたもまずはアンダーウエアを衣替えして、新しい季節のスタートに備えてみてはいかがでしょう。

【最新記事】
春先まだ活用できるヒートテックの9分丈
凍える足先を救うつま先ウォーマー
ブーツインにふさわしいデニムとは?

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。登録はこちらから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。