モノトーンのブリトラがトレンド

今年の秋冬のトレンドは昨年に続きブリティッシュ・トラッド。クラシックな英国調の色・柄の中でも今年特に注目したいのは、モノトーンの大柄のチェック柄。ブラック、ホワイト、グレーの色使いでグレンチェックや千鳥格子の伝統的なパターンのジャケットやスーツをセンスよく着こなすコツをお教えします。

今秋の一押しアイテムは英国トレッドのモノトーン・チェック。ひとつ間違えば地味でオヤジ臭いアイテムをセンスよく着こなしてみましょう photo:石井幸久(m.m.blue)

チェックはオヤジ臭い!?

グレンチェックや千鳥格子と言えば、誰でも知っている定番の柄(パターン)。しかし、そんな定番柄で、かつ白黒のモノトーンカラーになってしまうと、そのイメージは自然とオヤジくさいものになってしまいます。チェック柄をスマートに格好よく着こなしている人は少ないのは当然かもしれません。しかし、今秋のトレンドはネオクラシックを活かして、ブリティシュのクラシックなモノトーン柄を今年流にさり気なくスマートに着こなす手はありません!

無地のカラーシャツでコーディネート

モノトーンのチェック柄にはついつい白いシャツやダークなネクタイといった白黒を合わせてしまいがち。なぜならば、その方が無難にコーディネートしやすいからです。しかし、その組み合わせがオヤジくさい地味さを作ってしまう理由。

モノトーン・チェックのジャケットのインナーには白シャツではなく、ブルーやピンクの無地のカラーシャツを合わせてみましょう。また、少し寒くなってくると、ジャケットの下にブルーやグリーンなどのカラフルなVネックのニットを着るのもよいでしょう。

コツはモノトーンのジャケットとは対照的にVゾーンにはカラフルなカラーをもってくること。今年の流行色である、アイスブルー、エスニックグリーンといった系統のカラーがおススメです。

次のページでは、引き続き、モノトーン・チェックを着こなすコツをご紹介します。

【最新記事】
ハイカットスニーカー 紐はどう結ぶべき?
男の肌着のトレンドは透けないラクダ色 2
男の肌着のトレンドは透けないラクダ色 1

光沢感のあるネクタイでゴージャスに

カラーシャツでもセーターでもなく、白いプレーンなシャツにシルクの光沢感のあるゴージャスなネクタイもモノトーン・チェックのジャケットやスーツによく合います。グレーと合わせやすいライトブラウンやライトブルー、オレンジのネクタイがベストカラーです。地味な色柄だからこそ、ゴージャス感のあるアイテムで補いましょう。

モノトーンのチェック柄には光沢のあるゴージャスな素材やカラフルな色をコーディネートするのがコツ。今季のトレンドカラーであるアイスブルー、または、温かみのあるエスニックなグリーンやオレンジと相性良しです photo:石井幸久(m.m.blue)

ボトムにも抜かりなく

モノトーン・チェックはスーツとして、またジャケットとパンツのセットアップとしても着こなすことができます。セットアップとして着こなす場合に気をつけたいのは、明るい色のパンツを合わせること。ダーク系の黒やグレーのパンツをコーディネートすると、どうしても地味になってしまいがち。明るめのベージュやオフホワイトのボトムと合わせるのがモノトーン・ジャケットを引き立たせるコツです。

さて、今回は今秋のトレンドアイテムであるモノトーンのチェック柄のジャケットやスーツのコーディネートのコツをご紹介しました。今年流なのは、地味な色・柄には、カラフルなトレンドカラーをもって制するということ。ぜひ秋の着こなしにご活用下さい。

【最新記事】
ハイカットスニーカー 紐はどう結ぶべき?
男の肌着のトレンドは透けないラクダ色 2
男の肌着のトレンドは透けないラクダ色 1


※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。登録はこちらから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。