今、注目される老舗の香水

現在、フレグランスを愛用する男性は確実に増えつづけています。また、香りを身にまとうだけではなく、匂いにこだわりをもつ男性も多くなってきています。メンズの香水と言えば、海外の有名ファッション・ブランドのフレグランスやアラミスなど大手化粧品メーカーのものが主流でした。しかし、最近、そのようなビッグネームのフレグランスでは満足できない男性もたくさんいます。

そこで注目されているのが、歴史に裏付けられた老舗の香水ハウスがつくるフレグランス。今回は、昨年日本に上陸したイタリアのランセというフレグランスをご紹介しましょう。

200年以上の歴史を誇るランセ

現在、ミラノに本拠地を置くランセは、香水産業の発祥地であるフランスのグラースで200年以上前に創業しました。もともと香水メーカーではなく、皮手袋のメーカーでしたが、オーデコロンなどの香水を開発し、販売をはじめます。“なぜ皮手袋のメーカーが香水を”と思うかもしれませんが、それには理由がありました。もともとフランスのグラースには皮手袋工房が多く、グラース産の皮手袋の特徴は、皮にしみこませた香りだったのです。なめし皮のニオイを香水でマスキングするという手法で、グラースの皮手袋はパリの社交界のご用達アイテムでした。

このような背景から、皮手袋メーカーであったランセも、オーデコロン、フラワーウォーター、ルームコロンなど様々なフレグランス製品を開発し、高級香水ハウスとして地位を確立していきました。

1795年、香水産業の発祥地、南仏グラースで皮手袋製造業5代目のフランソワ・ランセによってはじめられたフレグランス・ハウス、ランセ。写真は、フランソワ・ランセがナポレオンに献上したフレグランス、“ル・ヴァンカー”。


次のページでは、ランセの長い歴史で有名な逸話をご紹介します。

【最新記事】
超簡単! 夏のストールの巻き方 その1
夏のストール選びのポイント
ポロシャツの選び方と着こなしのコツ

皇帝ナポレオンに献上された香水

中でも、あの皇帝ナポレオン・ボナパルトとその妻、ジョセフィーヌに献上した2つの香水、「LE VAINQUEUR」(ル・ヴァンカー)「JOSEPHINE」(ジョセフィーヌ)でその名声を確実なものとしました。

現在、ランセはイタリアのローマとミラノに直営店を構え、700以上もの商品を販売する総合化粧品メーカーです。そして、現在のランセ家の当主、ジャンヌ・サンドラ・ランセは、「LE VAINQUEUR」(ル・ヴァンカー)と「JOSEPHINE」(ジョセフィーヌ)の香りを現代風に再現しました。まさに、フレグランスの老舗ブランド、ランセが誇る最高級のフレグランスです。

征服者という名の「LE VAINQUEUR」(ル・ヴァンカー)は、トップノートで爽やかなシトラスの香りが楽しめ、男性らしいウッディなミドルノートへと移行していきます。そして、ラストノートをアンバーのセクシーな香りで締めくくります。気品溢れる、落ち着いた香りは、従来の香水では満足できない、本物を求める大人の男性のためのフレグランスです。また、「JOSEPHINE」(ジョセフィーヌ)は、女性へのギフトとしてもぴったり。カップルで、ランセの香りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

■ランセの取り扱い店■
大阪阪急メンズ館B1
大丸 東京店 7F メンズフロア
大丸 京都店 5F メンズフロア
ファイン・リファイン(新丸ビル店、上野松坂屋店)

■ランセのお問い合わせ先■
株式会社フォルテ  TEL: 0422-22-7331


【最新記事】
超簡単! 夏のストールの巻き方 その1
夏のストール選びのポイント
ポロシャツの選び方と着こなしのコツ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。