前回の記事、「ネクタイの柄選びのコツ その1」では、知っておきたい主なネクタイの柄について紹介しました。今回は、これらのネクタイの柄が印象づけるイメージを考えてみましょう。ネクタイを選ぶときには、どんな印象を他人に与えたいのかを考慮しながら、柄を選びたいものです。そうすることでより効果的に自分のイメージをつくり上げることができます。

印象別・ネクタイ柄を選ぶコツ

小さな水玉や小紋は上品なイメージをつくる柄です。黒や紺を合わせるとよりフォーマルな印象を与えます
【ポイント1】都会的で洗練された印象をつくるには無地のネクタイ
都会的で洗練された印象にするには、ネクタイはシンプルな無地のネクタイを選びましょう。その場合、白のシャツにはどんな色のネクタイでも合いますが、カラーシャツの場合、シャツ色と同系色で濃い目の色のものを選ぶのがコツ。例えば、ライトグレーのシャツにはダークグレーの無地のネクタイを合わせます。

【ポイント2】上品なイメージをつくるには単色のドットか小紋柄のネクタイ
上品な印象にするには、小さな水玉模様か小紋のネクタイをチョイス。水玉模様は女性っぽいイメージがあるためか、あまり日本人の男性は好まないようですが、海外ではとても人気のあるネクタイ柄です。ネクタイには小さな水玉のものを選びます。また、色は単色のものを選ぶのがコツです。ブラックやネイビーはフォーマルな印象になり、ブルーやオレンジなどカラフルなものはフレッシュな印象を与えます。


次のページでは、引き続き、ネクタイ柄選びのコツをご紹介します。

【最新記事】
この春に着こなすアンコン・ジャケット
女性に好印象を与えるアクセサリー
ネクタイの柄選びのコツ その1

チェックとレジメンタルを合わせる場合

レジメンタル・ストライプは、カジュアルにもフォーマルにも合わせられる柄です。ちょっとかしこまった印象になります
【ポイント3】カジュアルなイメージをつくるにはチェック柄のネクタイ
カジュアルなイメージにする際に活躍するのがチェック柄のネクタイです。ジャケットにジーンズを合わせる時など、タータン・チェック柄のネクタイがよく合います。この場合、色は明るめでマルチカラーのものを選ぶとよりカジュアルさが訴求されます。

【ポイント4】かしこまった印象をつくるにはレジメンタル・ストライプ柄のネクタイ
レジメンタル・ストライプは、ちょっとかしこまった印象に最適。ビジネススーツでのフォーマルな装いをはじめ、カジュアルなコーディネートでちょっとかしこまりたいときにも、このストライプ柄のネクタイでOKです。ストライプ柄をより印象づけるために、シャツには白、グレー、ブラウン、ブルーなどのライトカラーを合わせましょう。


今回は、柄が与える印象別のネクタイ選びのコツを紹介しました。ネクタイの柄を変えるだけでずいぶんとコーディネートの印象が違うものになります。ネクタイの柄がどのような印象を与えるのかを知って、毎日のネクタイ選びに役立てて下さい。


【最新記事】
この春に着こなすアンコン・ジャケット
女性に好印象を与えるアクセサリー
ネクタイの柄選びのコツ その1

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてィ知らせします。
登録はこちらから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。