前回の記事では、男性が財布などのレザーグッズを選ぶときに気をつけたいポイントを解説しました。引き続き、今回も革小物のお話。毎日、持ち歩く財布や名刺入れ。それらを携帯するときの注意事項をご紹介します。

後ろ姿は、なかなか自分では気付かないもの。だからこそ、常日頃から意識を持って、注意深くみだしなみを整えるのがポイントとなります。スーツのポケットに財布を入れていませんか? 携帯電話や名刺やパスケースなどは? そういう後ろ姿って、世の女性達から意外と見られているんですよ。

財布・革小物をどこに入れる?

多くの男性が毎日、携帯するレザー・グッズ。財布をはじめ、名刺入れやキーホルダー、ペンケースなど、その種類はさまざまですが、どのように持ち歩いていますか? いつも鞄の中に入れているという几帳面な人もいれば、パンツの前や後ろのポケット、スーツの内ポケット、コートのポケットなど、自由気ままに、ポケットならばどこにでも入れてしまう癖のある人も多いのでは?

スーツのポケットに入れるのはNG

スーツを着るビジネスマンは上着の内ポケットやパンツの後ろポケットに財布を入れがち。鞄を持たないときは仕方がないですが、スーツをきれいに着こなすという点ではNGです
そんなビジネスマンに一番多く見られるのは、財布や名刺入れ、キーホルダーなどをスーツの上着の内ポケットとパンツの後ろポケットに入れている姿。鞄を持たずに、出かけるランチタイムなどは、財布を手に持つわけにもいかず、無理やりパンツのポケットに大きな財布を押し込んでいる人も多く見られます。しかし、スーツのシルエットを崩さずにきれいに着こなすという点においては、上着の内ポケットやパンツの後ろポケットに革小物を入れるのはNGなのです。


次のページは、どうしてNGなのかを解説します。


【最新記事】
財布・革小物選びのポイント
ニットのコーディネート術 JKT編
ニットのコーディネート術 インナー編

長財布をポケットに挿すのは要注意!

財布などの革小物は、できるだけ鞄の中に入れて持ち歩くようにしましょう。上着やパンツのポケットに入れると型崩れの原因になります
上着やパンツのポケットに財布などを入れてはならない第一の理由は、型崩れ。お札に小銭、クレジットカードなどが入った重い財布をポケットに入れて動くと、ジャケットやパンツの型崩れがおきてしまいます。しかも、上着の胸部分やパンツのおしりが膨らんでしまうと見栄えもよくありません。それでは、せっかくのスーツも台無しです。

また、長財布を使用する場合に、注意しなければならないことがもう一つ。長財布をパンツの後ろポケットに挿して、半分~3分の2程度、財布が見えている人をよく見かけますが、見栄えが良くありません。ポケットからチラッと見せて、サマになるのは、上着の胸ポケットに入れるチーフぐらいでしょう。財布をアクセサリー感覚でパンツの後ろポケットに挿していること自体が大間違い。しかも、結構、財布を落としてしまうことが多いため、違った点でも注意が必要になります。

財布などの革小物を持ち歩くときは、できれば鞄の中に入れること。しかし、鞄を持つほどの距離でもなく、ちょっと外出する場合などもありますよね。例えば、ランチに入ったり、ちょっとお茶を飲みに行ったり。そんな場合は、パンツではなく、せめてスーツの上着の内ポケットに入れてください。

革小物を持ち運ぶときの注意事項

どうしても上着のポケットやパンツの後ろポケットに財布を入れる必要がある場合は、長財布でも二つ折り財布でも、お金やカードがあまり入っておらず、薄くて軽い状態にしましょう。夏に上着を着用しない場合には、パンツの後ろポケットに入れる以外にありませんが、スーツやコートを着る場合は、パンツの後ろポケットではなく、上着の内ポケットに入れるほうがよりスマートです。

名刺ケースの場合も、基本はやはり鞄の中に入れて持ち歩きましょう。しかし突然、初対面の人に会ったときには、鞄の中で名刺入れが見つからない経験をしたことがある人も多いはず。名刺入れは、いつでもさっと取り出せるように、いつも鞄の中の決まったポジションにしまっておくこと。

また、鞄を携帯しない場合は、名刺入れを上着の内ポケットに入れます。上着の胸ポケットやパンツの前ポケットに入れている人を見かけますが、名刺を取り出すときにあまり見栄えのよいものではありません。とくにスーツの上着の胸ポケットは飾りポケットなので、ポケットチーフ以外は何も入れないのがルールです。

今回は、財布などの革小物を携帯するときに気をつけたい注意事項について、解説しました。スマートな小物使いで男に磨きをかけましょう。


【関連記事】
■最新記事
財布・革小物選びのポイント
ニットのコーディネート術 JKT編
ニットのコーディネート術 インナー編
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。