カフリンクスの種類

前回は、カフリンクスの由来などのお話をしましたが、今回は、カフリンクスの種類とその楽しみ方をご紹介しましょう。

カフリンクスは、自分の好みやその日の気分、個性を表現する男性のアクセサリーなのです。今回は、カフリンクスを楽しむときに気をつけたいことと、お洒落のコツをお話します。

■index
カフリンクスの種類
フレンチカフスにつけるカフリンクス
シャツのカフスはジャスト・サイズにする
シャツとカフスをコーディネート
 

カフリンクスの種類

まずは、カフリンクスの種類について。カフリンクスには主に形状としては三つあります。
  • 鎖でつないだチェーンタイプのもの
  • バー(棒)でつなぐもの
  • 留め金を回して留めるタイプのもの
素材としても様々なものがあります。
  • シルクやコットン素材の布製のもの
  • 真鍮やシルバー、ゴールドなどを使用したもの
  • ストーンやガラス、クリスタルなどを使用したもの
等々、カフリンクスと一言で言っても、醸し出す雰囲気はいろいろあるのです。豪華な高級感溢れるものもあれば、ポップで遊び心を感じるものやシンプルで控えめなものも。
 

フレンチカフスにつけるカフリンクス

カフリンクスを留めるシャツの中でも一番エレガントなのはフレンチカフスです。
■エレガントなのはやっぱりフレンチカフスにつけるカフリンクス

読者の中には、カフリンクスの初心者の方もおられると思いますので、カフリンクスを楽しむ基本からお話します。まず、カフリンクスを使用するには、カフリンクスを留められるシャツを用意しなければなりません。袖口にボタンのついたシャツではカフリンクスを通すことができません。カフリンクス用のシャツには、二つあります。

1.フレンチカフスのシャツ
シャツの袖口を折り返して、袖口が二重になったシャツです。

2.コンパーチブルカフスのシャツ
コンパーチブルカフスはボタンでカフスを留めることもできるのですが、ボタンがついている側にも穴があるので、カフリンクスを使って袖口を留めることもできます。コンパーチブルカフスはフレンチカフとは違い、シングルの袖口となります。でもやっぱりカフリンクスを留めるならフレンチカフスでしょう。エレガントさが違います。

次のページでは、引き続き、カフリンクスの楽しみ方のコツをご紹介します。
 

シャツのカフスはジャスト・サイズにする

■シャツのカフスはジャスト・サイズにすること。カフリンクスはぴったりと留められるものを選ぶ

まず気をつけたいのは、シャツの袖口のサイズです。袖口が大きすぎるとカフリンクスで留めてもブカブカで格好よく見えません。逆に小さすぎると、カフスを留められなくなります。シャツのカフスをジャストサイズにすることが、きれいにカフリンクスを留められるコツなのです。
さらには、シャツのカフスだけではなく、カフリンクスにも大きなもの、小さなものがあります。特に、チェーンタイプのものは鎖の長さをカフリンクスをつけたときに長すぎず、短すぎず。ぴったりのものを選ぶようにしましょう。
 

シャツとカフスをコーディネート

 
カフスとシャツの色は反対色で合わせて、コントラストが出るようにします。
■シャツとカフスの色をコーディネートさせる
  • 白のプレーンシャツ:シルバーやゴールド、色の付いたクリスタルや貴石のカフリンクス
  • ストライプシャツ:シャツと同系統のカフリンクス
  • 無地のカラーシャツ:同系色ではないコントラストの映えるカフリンクス
カフリンクスを選ぶときには、シャツの色とコーディネートさせることを考えましょう。白のプレーンのシャツには、どんな素材や色のものでも合います。シルバーやゴールドなどのシンプルなカフリンクスをさりげなくつけるのもよいですし、色のついたクリスタルや貴石でアクセントをつけるのもいいでしょう。もしストライプのシャツを着るときには、ストライプの色と同系色をカフリンクスを合わせます。逆に、無地のカラーシャツを着るときには、同系色ではなく、コントラストの映える色を持ってくるのがよいでしょう。カフリンクスが袖口のアクセサリーとしてより引き立ちます。たとえば、ピンクのシャツには、ネイビーやスカイブルーの色がよく合います。

今回は、カフリンクスの楽しみ方のコツをご紹介しました。男ならではの袖口の粋なアクセサリー、カフリンクス。さりげなくお洒落を楽しみ、個性も表現してみましょう。使ったことがない人はぜひ試してみて下さい。結構、クセになりますよ。

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。

 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。