ボタンホールをつなぐ男のアクセサリー

カフリンクスは袖口のカフスをつなぐという意味のアクセサリー
男性の装いの中で、僕が一番、エレガントだと思うものに、カフリンクスで留められた緩やかなカーブのフレンチカフスがあります。それは上品さを醸し出すと同時に、セクシーな男のお洒落です。今回は、そんなカフリンクスのお話をしましょう。

カフリンクスは英語ではCUFF LINKS と書きます。その意味はシャツの袖口のボタンホールを繋ぐもの。今日のメンズシャツはボタンで袖口を留めるものが主流ですが、お洒落な人はフレンチカフスのシャツにカフリンクスというスタイルを楽しむ人も多いようです。

そもそもカフリンクスが一般的に使われ始めたのは19世紀の中ごろです。当時の男性はしっかりと糊づけされたカラーやカフスのシャツを清潔感溢れるものとして好んで着ていました。ところが、袖口のカフスがあまりにもしっかりと糊づけされているのでボタンでは留められず、そのかわりにカフリンクスを使うようになったそうです。


次のページでは、カフリンクスの由来について解説しています。


【関連記事】
■最新記事
正しいスーツの選び方(4) 体型別で選ぶ
スーツをきれいに見せる手入れの秘訣
スーツを長持ちさせる手入れの秘訣

フレンチカフスの由来とは?

糊付けされていないカフスを留めるための考案されたのがフレンチカフスなのです
当時のカフスはシングルでしたが、バリバリに糊づけされていたためカフリンクが必要でオた。しかし、時代とともに、男性のシャツの流行も遷移していきます。20世紀初頭には、糊づけされた堅いカフスよりも、よりカジュアルでソフトなカフスのシャツが人気となっていきます。しかし、糊のきいていないシングルのカフスでは、柔らかすぎてカフリンクスがしっかりと留りません。そこで考案されたのが二重に折り返すフレンチカフ。シャツの袖口を折り返してダブルにし厚みをつけることによってカフリンクスで袖口をしっかりと留められるようにしたのです。

このような男性のアクセサリーであるカフリンクスですが、現在では、残念ながら身につける人はあまり多くありません。フレンチカフスのシャツを手に入れにくいことや、カフリンクスをつけるのが面倒くさく思ったりするからでしょうか。もしかしたら、カフリンクス自体がどこか古めかしい時代遅れの印象を与えるせいかもしれません。

しかし、冒頭でも述べたようにカフリンクスは実際にしてみると、とても洗練されたエレガントな男のアクセサリーなのです。読者の中には、カフリンクスなんてもっていないし、つけたこともないという人がたくさんいるかと思います。そんな人は、まず、カフリンクスとフレンチカフスのシャツを一枚買って、着てみて下さい。鏡を見たら、自分がいつも着ているシャツの着こなしとは違った、より上品でお洒落上級者としての雰囲気があることに気づくでしょう。多くの男性に、カフリンクスを使う楽しみを知ってもらいたいと思います。次回は、カフリンクスの楽しみ方のコツをいくつか紹介します。お楽しみに!

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。



【関連記事】
■最新記事
正しいスーツの選び方(4) 体型別で選ぶ
スーツをきれいに見せる手入れの秘訣
スーツを長持ちさせる手入れの秘訣
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。