ビジネスでも第一印象が勝負

ビジネスでは会った瞬間の1秒でどのような印象を与えるかで勝負が決まる時がある。
出会ったときの印象である第一印象はビジネスでも恋愛でもとても大切です。“一目ぼれ”という言葉があるくらい、人はある人の最初の印象を好意的に受け取るか、受け取らないかで好き嫌いを判断し、その第一印象は、その後もなかなか変わらないものです。プライベートならともかく、自分の好き嫌いに関係なく、人間関係を築く必要のあるビジネスでは、第一印象で好感を与えることは重要。なぜならば、仕事ができる、できないではなく、見た目の外見で自分が評価されてしまうからです。

第一印象を決める3要素

第一印象を決定する要素には3つあります。まずは、視覚的な要素。外見です。背が高い、低いなどの体型から、どのようなファッションに身をつつんでいるか、さらにはどのような立ち振る舞いを行うかなど。そして、第二は音声的な要素です。声のトーンや話し方など、耳から聞こえる音でイメージが形成されます。最後は、その人の会話や言葉。どのような話をするか、言葉遣い、言葉の選び方など喋る内容が第一印象をつくります。さらに、この3つの要素の影響度は、視覚的要素が55%、音声的要素が38%、そして会話的要素が7%という割合だと言われています。つまり、第一印象は、半分以上は見た目で決められるということなのです。

これから数回にわたり、ビジネスシーンで自分の第一印象をよく見せる方法を紹介していきます。第一回目の今回は、スーツのVゾーンの作り方についてです。

スーツのVゾーンで印象をつくる

仕事の打ち合わせやプレゼンテーションなどで人に会う場合、人から最も視線が寄せられる部分のひとつにスーツの胸元があります。この胸元のVゾーンをどのようにつくるかで、自分の第一印象が変わります。Vゾーンを構成するのは、スーツ、ネクタイ、シャツの3つ。実際に、あなたがこれらのアイテムを購入する場合、素材や品質なども購買動機の要素となりますが、人に印象を与える点では、視覚的要素である色・柄が大きなポイントとなります。つまり、Vゾーンのカラー・コーディネートの組み合わせ方が、自分の印象をどう決定づけるかを助けてくれるのです。

ビジネスのシーンでは、あなたはどんな自分の印象をつくりたいですか?仕事ができる男、それとも清潔感?時と場合、また、個人の好みによって、ビジネスのシーンでつくりたい印象ははさまざまです。それでは、印象別でつくるVゾーンのカラー・コーディネート例をいくつか紹介しましょう。

次のページでは、つくりたい印象別のスーツのVゾーンのコーディネート例を紹介します。


【関連記事】
■最新記事
今年の夏にかけたいサングラス ベスト5
男の下着に凝ってみる
夏でも爽快なサラサラ肌をキープしよう!

印象別 Vゾーン カラー・コーディネート例


自信に溢れ、パワフルな印象
 

スーツの色目とは対照的な色のネクタイを合わせます。ネイビーのスーツに、赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系のネクタイをコーディネートすればパワフルな印象に。ネクタイはシンプルな無地がベター。

スーツ ⇒ ネイビーのダークスーツ
シャツ ⇒ 白、またはライトブルー
ネクタイ ⇒ 赤、オレンジ、黄色、ピンクの無地のネクタイ

信頼のおける、上品で落ち着いた印象
 

落ち着いた品のよさを与えるグレーの配色でVゾーンをまとめます。ネクタイは質感のよいジャガードの無地のものを。

スーツ ⇒ ダーク及びミディアムグレーのスーツ
シャツ ⇒ 白
ネクタイ ⇒ グレイ系の無地のジャガードのネクタイ、スーツのカラーと同トーンか濃いものを

清潔感のあるさわやかな印象
 

清潔感をつくるにはネイビーと白のコーディネートが一番。Vゾーン内のカラーを2色に抑え、シンプルにまとめるのがコツです。

スーツ ⇒ ネイビーかライトグレーのスーツ
シャツ ⇒ 白
ネクタイ ⇒ ネイビー系の無地か小紋柄のネクタイ

若々しく、活発的な印象
カラフルなレジメンタル・ストライプのネクタイは、プレッピーで活動的な印象を与えます。ビジネスでは白かライトブルーのシャツを。

スーツ ⇒ ライトグレー、ネイビーのスーツ
シャツ ⇒ 白かライトブルー
ネクタイ ⇒ ネイビー、グリーン、イエローなどのストライプ柄のレジメンタルのネクタイ

今回は、ビジネスシーンにおいて、好意的な第一印象を与えるVゾーンのコーディネートのつくり方を紹介しました。毎日着るスーツでも、Vゾーンをちょっと工夫するだけで、自分の印象をつくり変えることができるのです。印象アップのワザ、どうぞ活用して下さい。


【取材協力】
株式会社 アバハウスインターナショナル


【関連記事】
■最新記事
今年の夏にかけたいサングラス ベスト5
男の下着に凝ってみる
夏でも爽快なサラサラ肌をキープしよう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。