銀座2丁目の並木通り沿い

銀座という立地もあり、スーツやジャケット、トラウザー、ネクタイやポケットチーフなど、ビジネスアイテムが充実しています。
青山や代官山にあるセレクトショップとしてお馴染みのデザインワークス コンセプトストアから、この春、東京・銀座に姉妹店「ドゥ・コート デザインワークス」がオープンしました。

「スタイルのあるエレガンス」とトレンドをミックスした品揃えのドゥ・コート デザインワークスの新ショップがオープンしたのは、銀座2丁目の並木通り、プランタン銀座のすぐ近くです。総面積460平方メートルの広々とした店内は1階がレディース、2階がメンズとなっており、メンズの売り場が約6割とゆったりとしたスペースになっています。

この銀座のショップで最初に受けた印象は、メンズの商品アイテムがとても充実しているなということ。実際、売り場面積が大きいだけでなく、オリジナルをはじめセレクトされた取り扱いブランドのバリエーションも多く、幅広い顧客のニーズに対応した品揃えです。特に、銀座という立地もあって、スーツなどのビジネスアイテムが充実しています。

厳選された一流ブランドの数々

パープルと薄いグレーを基調とした高級感溢れるインテリア。洗練された大人の店をイメージさせます。
オープンシーズンとなる2007年春夏の取り扱いブランドで代表的なものは、スーツの「ベルベスト(BELVEST)」や「ジャン・フランコ・ボメザドリ (GIAN FRANCO BOMMEZZADRI)」、カラフルな色彩とペーズリー柄が有名な「エトロ(ETRO)」、ニットの「ザノーネ(ZANONE)」、シャツの「バグッタ(BAGUTTA)」などです。

商品はイタリアから厳選された一流のファクトリーブランドが多く、欲しい商品がたくさんです。
今回は、その数あるブランドの中でもドゥ・コート デザインワークスがイチオシのブランド「ベルベスト」を紹介します。

次のページでは、デザインワークスがイチオシするブランド、ベルベストを紹介します。


【関連記事】
■最新記事
仕立て職人のいる店 サローネ フィオーレ
人気の“木の庄帆布” 新丸ビルにオープン
使いやすいトート選びのポイント

人気のファクトリーブランド イチオシはベルベスト

「ベルベスト」は、イタリアのベネチア近くに1964年に創業したスーツのファクトリーブランドです。ファクトリーブランドとは、縫製工場が自社で生産しているブランドのこと。皆さんがよく知っている高級ブランドの多くは、自社で縫製工場をもって服を生産しているわけではなく、外注して作っています。スーツで言えば、アルマーニの服はヴェスティメンタという縫製工場で、グッチはエルメネジルド・ゼニアで生産されています。そして、ベルベストはエルメス、ラルフローレン、ランバンなどのスーツをつくる縫製工場なのです。とくに、エルメスのスーツを作っていることで有名です。そのベルベストが自社で作っているオリジナルブランドが「ベルベスト」となります。

ベルベストの二つボタンのジャケット。伝統的な技術で作られているにもかかわらず、ソフトで洗練された、モダンな印象のシェイプが特徴。ジャケット「ベルベスト」246,750円(税込)、シャツ「デザインワークス」13,650円(税込)、チーフ「デザインワークス」4,620円(税込)、パンツ「デザインワークス」19,950円(税込)/Photo:石井幸久


ベルベスト社がクラシコイタリア協会に属していることからも分かるように、「ベルベスト」はイタリアの伝統に則って作られる非常に上質な服です。しかし、他のクラシコイタリアのブランドと比べ、現代風な要素を取り入れたトレンド感のある緻密な美しさがこのブランドの特徴と言えるでしょう。

銀座のドゥ・コート デザインワークスには、そんな「ベルベスト」のスーツが数多く取り揃えられています。中には、他の店では手に入らない、デザインワークスの限定アイテムも。銀座に行く機会があれば、ぜひ新しいドゥ・コート デザインワークスに立ち寄ってみてください。ベルベストをはじめ、あなたに合った世界の一流品を見つけることができるはずです。

注)クラシコイタリア協会
イタリアの伝統的既製服縫製業界組合。伝統的な縫製技術を誇るブランドを持つ縫製会社がその地位を排他的にするために結成された。シャツのルイジボレリ、コートのエルノ、重衣料のイザイア、キトンなどが加盟している。



取材協力:
ドゥ・コート デザインワークス銀座店
問い合わせ先 03-3562-8277




【関連記事】
■最新記事
仕立て職人のいる店 サローネ フィオーレ
人気の“木の庄帆布” 新丸ビルにオープン
使いやすいトート選びのポイント
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。