若者ほど口臭に関心が高い?

口臭などのオーラルケアに関心が高いのは意外にも若者だと言う。また、最近のオーラルケアの商品は歯磨きや歯ブラシだけではない。デンタルフロスやデンタルリンスなど様々なものがある。
少し前の新聞でオーラルケア(口内ケア)に関心をもつ若者が増えているという記事を読んだ。オーラルケアとは口の中のケア、つまり歯や歯茎、舌などを清潔にし、健康的に保つことだ。歯周病など口内の病気や気になる口臭を予防できる。

その記事によると、オーラルケアに関心の高い世代は20代から30代が中心。意外に若くて驚きだが、歯ブラシや歯磨きだけではなく、歯間ブラシ、デンタルリンス、デンタルフロス、マウスウオッシュなど様々なオーラルケア商品の市場はこれらの世代に牽引され、売り上げが伸びている。

本来、オーラルケアが必要になってくる中高年ではなく、比較的若い世代が口内ケアに関心をもちグッズを買い求める理由は、彼らのほうが体面を気にするからだそうだ。おそらく、この体面というのは他人に対して白い歯と爽やかな息をキープしておかないと格好が悪いということだろう。それならば、実際に歯の病気や口臭の問題を抱えている中高年の人たちにこそ積極的にオーラルケアを実践してもらいたいものだ。

特に男性の場合、酒やタバコの臭いは自分でも気づかないで口から悪臭を放っている場合もある。そこで今回は、みだしなみとして男性諸君に関心をもっていただきたい口臭とオーラルケアの話をしたいと思う。

口はなぜ臭うのか?

オフィスでは相手に顔を近づいて話すことも多い。そんなとき、自分では気づいてなくても相手には吐く息が臭っている場合がある。
オーラルケアについて話す前に、まず誰もが気になる口臭の原因について解説してみよう。口臭は自分で気づかなくても相手には臭っている場合がよくある。だからこそ、いつも注意しておきたいものだ。しかし、口臭とは一体何で、なぜくさいのか? 多くの人は単に歯を磨かなかったり、にんにくなどニオイのきつい食べ物が原因で臭うものだと思っているようだ。しかし、その臭いの元凶はバリエーションに富んでいる。口臭の原因を列挙してみよう。

<口臭の原因>
1) 口の中の細菌が食べかすを発酵させ、悪臭を発生させる
2) 緊張したり体調不全のとき、唾液が出にくくなり、口内の自浄能力が失われ細菌が繁殖し、1)の理由で臭う
3) 口の中に、虫歯や歯槽膿漏などの病気があるときに臭う
4) 腸内で発生した悪臭が肺を通じて口から吐き出され臭う
5) にんにく、酒、タバコなどにおいのあるものを摂取後、そのにおいが肺を通じて口から吐き出され臭う

このように見てみると、1)と2)は口内の細菌の繁殖による悪臭だ。これはオーラルケアによって口内の食べかすや細菌を取り除き、清潔にすることでかなり防げるもの。しかし、3)は虫歯や歯周病などの病気を治さないことには根絶できない。まずは、口内の病気をしっかり治療し、その後オーラルケアで予防することが必要となる。4)の口臭原因は口内ではなく腸内環境にある。したがって、腸内の環境を整え、悪玉菌が原因となって発生する悪臭を防ぐことが口臭対策にもなる。5)は口内から臭うだけでなく、食物の臭いが肺から吐き出されることにより発生する口臭だ。

次のページでは、口臭別のオーラルケア方法を紹介しよう。


【関連記事】

■最新記事
老化防止!男の肌を守る紫外線対策
メトロセクシャルの次に来る極上男とは?
男のみだしなみ お助け携帯グッズはコレだ

■デオドラント・ニオイ
男はクサイ!?女が男の体臭を不快に感じる理由とは?
もう女性にクサイとは言わせない!男のニオイ完全予防法
加齢臭は40歳以上のオヤジだけになぜ臭う?女性に臭わない理由とは?

口臭別のオーラルケア方法 その1

近頃、デンタルリンスの売り上げが伸びているそうだ。デンタルリンスを口の中で濯いで、そのあと歯ブラシで歯を磨く。デンタルリンスは、口全体に液が行きわたり、歯槽膿漏や虫歯を防ぐ効果がある。
それでは次に、口臭はどのようなケアをすれば改善、予防ができるのか?上記に述べた原因別にオーラルケアの方法を考えてみよう。

1. 口内の細菌による生理的な臭い

口臭原因1)と2)は口内に細菌が繁殖し、その細菌が食べかすなどを発酵して悪臭を発生させることにより起こる。したがって、この場合、口の中の細菌を除去することと食べかすをきれいにすることが口臭の改善、予防策となる。

練り歯磨きやデンタルリンスで歯を磨き、口内を清潔にした後、医薬部外品の洗口液(マウスウオッシュ)で口を濯ぎ、口臭と細菌の繁殖を予防する。マウスウオッシュは、臭いをマスキング効果で消臭するものではなく、リステリンなど殺菌の薬用効果のあるものが効果的だ。

また、細菌は歯や歯茎だけではなく、舌にも住み着いているので、舌をきれいにするのもお忘れなく。普通の歯ブラシでもよいが、舌洗浄の専用ブラシもあるので試してみてはどうだろう。

2. 口内の病気による臭い

口臭の原因で多いのが、3)でも説明した虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎など歯の病気による臭いだ。この手の口臭は、先ず、専門医の診察を受けて病気の治療をすることが第一歩。そして次に、病気を予防するためにオーラルケアを習慣づけることが大切だ。最近では、虫歯だけでなく、口臭や口内の病気を予防するデンタルリンスも数多く発売されている。デンタルリンスは口の中で漱ぐことによって口内全体に効果が行き届く点で優れている。

口臭別のオーラルケア方法 その2

リステリンなどの薬用マウスウオッシュは、口臭を防ぐだけでなく、口の中の細菌の繁殖を予防する効果にも優れている。

3. 吐く息がくさい

口臭原因4)と5)は口内で発生する臭いではなく、体内で発生したニオイ物質が血液中に吸収され、肺を通って吐く息として口から体外に排出されるというものだ。

息がタバコ臭い、酒臭い、ニンニク臭いなどの場合は、ニオイのもとである食物を摂取しないのが一番よい。しかし、一度臭ってしまった場合は、デンタルリンスや練り歯磨きで口の中の臭い成分を除去し、清潔にする。そしてさらに、マスキング効果の高いマウスウオッシュでこまめに口を濯いでオーラルケアをするようにしよう。ブレスケア用のスプレーやフィルムで臭いをカバーしてもよい。また、意外と消臭効果があるのが緑茶。自分の口臭が気になる時には緑茶を飲むのこともおすすめする。

臭いのきつい食物を食べるわけでもないし、オーラルケアもきちんとしているのに吐く息が臭い。そんな人は腸内環境が悪化しているのかもしれない。腸内に大腸菌などの悪玉菌が増えてくると悪臭のガスが発生し、それが血液中に吸収され、肺から息として排出されるのだ。その場合は、規則正しい生活と食事を心がけ、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすことで腸内環境を整える必要がある。そのような腸内環境の改善によって口臭も解消できるかもしれない。

以上、今回は、口臭の様々な原因とオーラルケアの方法について解説した。口臭は自分では気づきにくいもの。けれども、朝起きたときや食事の後など臭っていないかこまめにチェックしよう。自分の口臭原因をしっかり見極めて、正しいオーラルケアを実践すれば、口臭はかなり改善、予防できるものだ。これをきっかけに若い人だけではなく、どの世代の男性にも口臭のみだしなみ、オーラルケアに関心をもっていただければと思う。


※記事の更新やニューヨークからのコラムをメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。



【関連記事】

■最新記事
老化防止!男の肌を守る紫外線対策
メトロセクシャルの次に来る極上男とは?
男のみだしなみ お助け携帯グッズはコレだ

■デオドラント・ニオイ
男はクサイ!?女が男の体臭を不快に感じる理由とは?
もう女性にクサイとは言わせない!男のニオイ完全予防法
加齢臭は40歳以上のオヤジだけになぜ臭う?女性に臭わない理由とは?