清涼感のあるニットタイとフレスコタイ


ニットタイ
シルク製ニットタイ。数年前に購入したフェアファクス製。ネイビー地にドットがポイントです。私物。
クールビズまであと少しですが、春から初夏にかけておすすめしたいのがニットタイフレスコタイです。どちらも最近人気なのでセレクトショップや百貨店に行けば売っています。

ニットタイはシルク製が中心で最近ではカラーバリエーションも増えてきました。アイビー&トラッド世代だと黒のニットタイのイメージが強いですが、ペールカラー(薄い色)のものもこの季節にはよく似合います。

コーディネイトはスーツでもジャケットスタイルにもOKですが、カジュアルな雰囲気が強いのでジャケンパンがぴったりかも。

合わせるシャツはボタンダウンでもいいんですが、ワイドスプレッドカラーラウンドカラーもよく似合います。生地が厚地なのでプレーンノットで結んでも結び目が大きくなってしまうため、大き目の襟の方がバランスもいいと思います。

おすすめのシャツ地はロイヤルオックスや夏向けの定番ボイル地(スイスのアルモ社が有名)のシャツに合わせるのが最近の私の好みです。ちなみに色は汗が目立つ季節なので白がメインです。

フレスコタイ
TAKEO KIKUCHIのシルク製フレスコタイ。独特の凹凸感とシャリ感が魅力。私物。
一方のシルク製フレスコタイも最近よく見かけるようになってきました。昔はポーラとも呼んでいましたが、最近はフレスコという呼び方が一般的です。

まあ、呼び方はどうでもいいんですが・・・。特徴は凹凸感のある織りで、触るとシャリ感、ハリ感があり、見た目にも清涼感があります(感だらけだな~笑)。

最近は裏地を省いて、透けて見えるものもあるようです。クールビズ直前までならニットタイよりもこちらがおすすめ。シャツ地は前述のボイル地の他、ポリエステル混のドライタイプのものも、日本の夏を考えるとおすすめです。

なぜかレジメンタルストライプのものが多いようなので、サマーウールのスーツに合わせるといいでしょう。ライトグレーのスーツには写真のようなブラウン系のものも涼しげでおすすめです。

次のページは、春先と初秋にはプリントタイ! です。

春先と初秋にはプリントタイ!


プリントタイ
シルク製小紋プリントタイ。昨年冬に購入したブルックス ブラザーズ製。渋いオレンジ色が気に入りました。私物。
まだまだ秋は先ですが、その季節に似合うネクタイを考えてみました。気になったのが最近少なくなってきたプリントタイです。現在主流のジャカードタイの対極にあるネクタイと考えていいです。

たとえば同じ小紋柄でもこの二つはまったく雰囲気が違います。ジャカードは織りで柄を表現していることもあって、高級感というかリッチな雰囲気が漂います。一方のプリントタイは凹凸感がないため柄物であってもすっきりとした上品なイメージです。

そのため春先や初秋の季節にはすっきりとしたプリントタイがよく似合うように思います。残念ながらプリントタイの生産量は年々少なくなっているようで、しかも日本であまり人気がないようです。

プリントタイ
バタクハウスカットは英国製のプリントタイを取り扱っています。たぶん店長の好みでしょう(笑)。
高級メゾン系ブランドは毎シーズン発売していますが、ブランドロゴだったり、可愛過ぎるモチーフだったりするため、ちょっと困ります(笑)。ナポリの有名ブランドやイギリスの一部のブランドなどが出しているので、こちらからお気に入りのものを探してみるのもいいと思います。

とはいえジャカードタイはアグレッシブ感が強いので、ビジネスシーンによく似合います。真夏以外の3シーズン着用するのが現在は一般的でしょう。個人的には季節限定でいいので、プリントタイの復活を夢見ています(笑)。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。