Spolverino
Vesta ヴェスタが提案するスポルベリーノ。こちらは新作のステンカラーコートタイプです。レザーディテール付きで、価格9万9750円。※ゲージ(サンプル)を着用しています。

コートが必要な季節になってきました。といっても日中はニット一枚でも大丈夫な日があったり、けっこうコーディネートに苦労します(笑)そんなときに役立つのが気軽に羽織れて、脱いでも邪魔にならないコートですね。

おすすめは銀座のテーラー、Vesta ヴェスタが提案する「スポルベリーノ」というコートです。Spolverinoはイタリア語で埃避けを意味する、非常に軽いコートやレインコートのこと。昔ながらのトラッド好きなら誰でも知っているあのダスター(Duster)コートの現代版コートと考えていいです。

ダスターコートの~♪


Spolverino
上の写真と同じステンカラーコートです。セットインスリーブというところが面白いですね。肩パッド入りですが、より軽やかな肩パッドなしも同価格でオーダーできます。使っている素材はウールギャバです。価格9万9750円。※ゲージ(サンプル)を着用しています。

もともとダスターは埃避けに着る軽いコートのことで、1870年頃に登場。意外と歴史のあるコートなんですね。当初はメルトンやチェビオットなどで作られていたようです。20世紀に入ってからはウールギャバジンやリネンなどを使った春夏向きのドライブ用コートに進化します。

もとは限られた用途に使われるコートだったわけですが、日本では石原裕次郎さんが映画のなかで着用したことも追い風となり、1950年代後半に流行。当時はショート丈だったようです。また、小林旭さん主演でお馴染みの「銀座旋風児」の歌詞のなかにも出てきます。

そういえば高校生の時に「自動車ショー歌」の復刻版レコード買ったのを思い出しました(笑)。それより先に「陣内の自動車ショー歌」(陣内孝則さん)を買っていましたが・・・。

Spolverino
チェスターフィールドタイプのスポルベリーノです。肩パッドや芯地を省略しているため、とても軽やかで動きやすいのが魅力。インバーテッドプリーツ、アクションプリーツ、バックベルト付き。フロントのボタン数は3つでもできます。価格9万9750円。※ゲージ(サンプル)を着用しています。

ちなみに私が1980年代後半にテイメン(テイジンメンズショップ)で買った、ホフホワイトの体に馴染みやすいコットン製ダスターコートは、一見するとトレンチコート風で、裾付近の裏側にストラップが付いていました。

そのストラップを脚にからませれば、裾が風でまくれ上がるのを防ぐことができるという、とても機能的なデザインでした。つまりロードスターやサイドカーに乗ることを前提とした、ドライブ用ダスターコートからヒントを得たタウン向けコートだったわけです。当時はこれで自転車(ママチャリ)に乗ってましたが(笑)。

このようなトレンチコートタイプのものもあれば、ステンカラーコートを軽量化したものもありました。現在のダスターコートは芯地や肩パッドなどを省略した、軽量コートの総称と考えていいと思います。

次のページは、「日常使いにぴったりな、スポルベリーノ」です

日常使いにぴったりな、スポルベリーノ


Vesta ヴェスタが提案する「スポルベリーノ」はドライブ用の特殊なダスターコートではなく、時代に合わせてモダナイズされたコートです。基本的な形はチェスターフィールドコートと、ステンカラーコートの2タイプ(※前ページに掲載)が用意されています。

Spolverino
肩パッドなしのチェスターフィールドコートタイプ。補正前のゲージ(サンプル)を着用しているため、少し肩が落ち気味ですかね。オーダーする場合は、もう少し内側(首側)に肩位置を寄せると思います。肩パッドなしでも、厚みのある生地なら表情も異なるでしょうね。

ビジネスマンならスーツの上から羽織ってもOKだし、休日にタートルネックの上から着用しても映える、日常使いに最適な軽いコートなんです。

作りは肩パッドを入れないアンコン仕立てですが、形がクラシックなのでスーツの上に合わせても意外にしっくりときます。お客さんによってはカラークロスや背バンド部分にレザーをさりげなく付けられる方もいるとか。

Spolverino
プリーツやカラークロスに柄物の生地を使用しています。前傾姿勢になったときにプリーツが開くので、ちょっとしたアクセントになりますね。この部分をレザー仕様にすることもできます。

また、動きやすいように、背中の中心にインバーテッドプリーツを入れたり、袖の後ろ側にアクションプリーツ入れたりすることもできます。これらのプリーツ部分をレザーや違う柄にするとけっこうお洒落だったりします。

Spolverino
ステンカラーコートタイプの襟にタブを付けることもできます。もちろん防風仕様なんですが、鮮やかな色のレザーを使うことでオシャレに見えます。

また、首もとに風が入らないようにチンストラップやタブ仕様にすることも可能。新作のステンカラーコートでもタブを取り付けたタイプを提案しています。使用しないとき写真のように折りたためるので、見た目にもスマートですね。

Spolverino
ステンカラーコートタイプはセットインスリーブになっています。こちらは肩パッド入りですが、肩パッドなしもオーダー可能です。たとえばサマーウールでオーダーしたら、春いっぱいまで着用できそうですね。それにしてもイエローのレザーが効果的!

一般的にステンカラーコートは袖がラグランスリーブになっていますが、このコートはセットインスリーブ仕様なので、スタイリッシュな雰囲気が漂っています。選ぶ生地にもよりますが、3シーズン通して、スーツの上から気軽に羽織ることもできます。

次のページは、「オーダー用の生地も充実!」です

オーダー用の生地も充実!


Spolverino オーダー用の生地
ブルーの生地(ウール100%)でスポルベリーノ(チェスターフィールドコートまたはステンカラーコート)をオーダーした場合、価格11万3295円。デザインの一部にレザーを使用することも可能です。

スポルベリーノは厚地のコート地で作ることもできますが、軽めのジャケット地やフランネルなどでもオーダーすることができます。生地のバリエーションも豊富に揃っているので、お店の人と相談して決めてくださいね。

オーダーしてからフィッティングも入れて約4週間後に完成します。このフィッティングというのはVestaオリジナルの方法で、仕上がりの2~3日前に肩まわりのみ躾をしている状態で、コートを着用します。

そして専門のフィッターが着心地を確認した後に手縫い仕上げを行うというもの。とても丁寧なフィッティングだと思います。採寸の段階で体型補正を入れているので、最終確認ということですね。

Spolverino オーダー用の生地
ベージュの生地(ウール100%)でスポルベリーノ(チェスターフィールドコートまたはステンカラーコート)をオーダーした場合、価格10万6470円。デザインの一部にレザーを使用することも可能です。

カジュアル化が進む今では、こういったジャケット感覚で着用できるコートもありかなと思います。実際に袖を通してみると、たしかに軽くて着やすかったです。薄手の生地だったら春先どころか夏直前まで着られそうです。

ブルーの生地(ウール100%)でスポルベリーノをオーダーした場合
価格11万3295円(チェスターフィールドコートまたはステンカラーコート)

ベージュの生地(ウール100%)でスポルベリーノをオーダーした場合
価格10万6470円(チェスターフィールドコートまたはステンカラーコート)

チェスターフィールドコート(インバーテッドプリーツ、アクションプリーツ、バックベルト付き)。フロントのボタン数は2つでも3つでも可能。
価格9万9750円 ※ガイド着用のコート

ステンカラーコート(レザーディテール付き)
価格9万9750円 ※ガイド着用のコート

※通常は各プリーツ、バックベルト、レザーディテールはオプション価格となります。

商品のお問い合わせ先
ヴェスタ バイ ジョン フォード VESTA by JOHN FORD
東京都中央区銀座1-20-17 押谷ビル1F
TEL.03-3562-0362
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜
場所は昭和通りにある路面店なのでわかりやすいです。
http://www.johnford.co.jp

↓こちらがBLOGです。
http://ameblo.jp/vestabyjohnford

[関連リンク]
ヴェスタのスーツは、着やすくて、美しい!

軽くて着やすい、ヴェスタの人気ジャケット

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。