羊屋でコートをオーダーしました


羊屋
気軽に羽織れるコートですが、仮縫いは行います。

これまでスーツ、ツイードジャケットを紹介してきた銀座のテーラー、羊屋。今回はコートをオーダーしてみました。

メンズのコートといえば、ステンカラーやトレンチコートのコットンギャバジン素材のものを思い浮かべますが、ビスポーク(フルオーダー)となるとウールやカシミヤ素材が一般的です。

その場合の主役はやはりチェスターフィールドコートでしょう。このコートは昼夜兼用の盛装用コートで、比翼仕立てやウエストの絞り、上衿のビロード、胸のポケットなどが特徴です。もっともフォーマル度の高いコートなので、よほどのセレブでない限り、出番は少ないです。

おすすめは気軽に着られる、2WAYコート


羊屋
完成したコートがこちら。コートの下にスーツを着用しています。ホーランド&シェリーのOVERCOATSという生地を使用して、価格28万円(税込)

羊屋がこの秋冬に提案するコートは2モデル。私がお願いしたタイプのコートは、上衿のビロードを省略し、腰ポケットをパッチ&フラップにしたセミチェスターフィールドコート調のものです。

チェスターフィールドコートの簡易版と考えていいです。オン、オフどちらでも着られるコートで、とても現在のニーズに合ったコートというわけです。

もうひとつ提案しているコートが写真のチェック柄のコートです。セミチェスターフィールドコート調のものに比べて、フロントが比翼仕立てではなくボタンが見えるデザインで、袖にストラップ、ポケットも斜めに付いています。こちらの方がカジュアルなデザインです。

羊屋
こちらがもう一つのモデルです。上のモデルより少しカジュアルですね。ホーランド&シェリーのPeacock JacketsVの生地を使用して、24万円(税込)です。

この2モデルのコートはともにオン・オフ関係なく着られるもので、スーツの上から着用しても、休日にニットの上から羽織ってもOKなサイジングになっています。

スーツの上から着るとタイトフィット、シャツの上から羽織ると少し余裕があります。基本的にデザインは決まっていますが、多少の変更は対応してくれます。

次のページは、「ジャケット感覚で着られるコート」です

ジャケット感覚で着られるコート


羊屋
デザインはいたってシンプルです。フロントが比翼仕立てなのでパーティーでも着用できます。

通常のフルオーダーのコートよりも作り込んでいないのが特徴で、肩パッドを省略し柔らかな芯地を入れています。バス芯はなしです。裏地も半裏仕立てで軽いのが特徴。

hitsujiya
ウエストの上部までしか裏地をつけていません。いわゆる半裏仕立てです。

作り込んでいないと書きましたが、あくまでもフルオーダーなので採寸後に型紙を作り、アイロンワークや縫製面でも手を抜いていません。もちろん仮縫いもあります。

肩パッドが入っていないにもかかわらず、スーツの上から着用すると肩のラインはとても綺麗でした。さすがフルオーダーです。

次のページは、「選んだ生地はホーランド&シェリー」です

選んだ生地はホーランド&シェリー


羊屋
今回コートに選んだホーランド&シェリーの生地です。このブランドは上質で贅沢な生地を使っていることでも知られています。レディメイドの世界では見かけない生地です。

今回オーダーするにあたって、羊屋と一緒に選んだ生地はホーランド&シェリーのチャコールグレーのヘリンボーンです。バンチ名はOVERCOATSで、コート向きの生地ということもあって、15/16オンス(480/500g)とけっこう厚地です。

ただし素材はウール85%、カシミヤ15%なので触った感じは柔らかく、ちょっと贅沢ですね(笑)。この生地でコートをオーダーすると、28万円(税込)です。

羊屋
左/ホーランド&シェリー Peacock JacketsVの生地。右/ホーランド&シェリー OVERCOATSの生地。

チェック柄の生地は同じくホーランド&シェリーのピーコック ジャケッツというバンチのものです。素材はウール100%で、12オンス(380g)。こちらの生地でコートをオーダーすると、24万円(税込)です。←まるでインポートの既製コートの価格ですよ(泣)

違う生地ですが、カチョッポリのカシミヤ100%の生地でコートをオーダーすると、33万円(税込)~です。こちらもかなりお安いと思います。

ちなみに今回紹介したコートの最低価格は、22万円(税込)~です。

次のページは、「タートルネックの上から着ようかな・・・。」です

タートルネックの上から着ようかな・・・。


羊屋
オーダーしたコートの後姿です。下にスーツを着用しているのでフィット感はありますが、それでも背中に少し余裕があります。

先日完成したところなのでまだ試着程度なのですが、年末になれば自然と出番も増えるでしょう。女性の方はよくニットの上からコートを着ていますね。その感覚でタートルネックのニットの上からこのコートを着ようと思っています。

重厚なウールのコートも嫌いではありませんが、温暖化が進む冬のことを考えれば、このコートのような軽いウール素材のものが時代に合っている気がします。

とくにこのコートはサイジングを考えて作られているため、汎用性が高いのが特徴です。散歩時の防寒着として、年末のパーティーのときにも活躍しそうですね。初詣もこのコートを着て行くつもりです(笑)。

今回紹介したコートは、生地によって価格が変わります。
ホーランド&シェリー OVERCOATSの生地を使用・・・28万円(税込)
ホーランド&シェリー Peacock JacketsVの生地(チェック柄)を使用・・・24万円(税込)
カチョッポリ カシミヤ100%の生地を使用・・・33万円(税込)~
その他の生地を使用した最低価格は、22万円(税込)~

オーダーメイドのお問い合わせ先
羊屋
東京都中央区銀座 2-11-6 竹田ビル505号
TEL.03-3546-1500
営業時間 10:00~20:00
不定休
※要予約
http://www.tailor-hitsujiya.com

こちらがブログになります
     ↓
http://hitsujiyab.exblog.jp

[関連リンク]
羊屋のツイードジャケットが完成した!

羊屋 感動を呼ぶスーツ 前編

羊屋 感動を呼ぶスーツ 後編

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。