ウールのコートは、オーダーメイドで


ビジネスマン愛用のコートといえば既製品のステンカラーコートやトレンチコートが頭に浮かぶだろう。

コットンギャバジンを使ったこれらのコートは機能性重視なので、工場生産による既製品が当たり前。

一方のウールや獣毛のキャメル、カシミアを使ったコートは、素材の特性を生かすためにも、テーラーによるオーダーメイドがおすすめだ。

リッドテーラー
ウール素材を使ったオーダーメイドのコートで、価格26万2500円(税込)~。仮縫い付き。納期は2~3ヶ月。

西荻窪に店舗を構えるリッドテーラー(LID TAILOR)は、フルオーダー(ビスポーク)でコートを誂えてくれるテーラーだ。ウールのコートで価格26万2500円(税込)~。納期は2~3ヶ月。

既製品のウールのコートにくらべて価格は高いが、仕立てるだけの価値は十分にある。

まずお客さんの体型を採寸して、その後、型紙を作ってくれる。縫製の工程も既製品にくらべて圧倒的に手縫いの部分が多く、芯地などのパーツもこだわっている。

さらに仮縫いがつくのではじめての人でも安心感である。こうして出来上がったコートは着心地がよく、素材の重さを感じさせない。

歩いたときのシルエットも美しい。それに好きな服地を選べることも楽しみのひとつだ。

リッドテーラー
オーダーメイドで仕立てたウールのコートは、さすがにシルエットが美しい。機能重視のコットンギャバジンのコートとは違った魅力がある。

日本の場合、ウールのコートは年間を通して3ヶ月ほどしか着る期間がない。まさに贅沢品であるが、スーツのように着用頻度が多くないため、自然と耐久性も上がる。

数シーズンで着られなくなるようなものではなく、保管さえしっかりしていれば10年でも20年でももつ作りなのだ。

たとえ体型が変わったとしても、オーダーメイドのコートは縫い代を多く残しているため、既製品よりも直しやすいというメリットもある。

次のページは、「おすすめのコート」です

おすすめのコート


リッドテーラー
おすすめコートのひとつ、セミチェスターフィールドコート。上衿にビロードをあしらっていないため、普通のスーツにも合わせやすい。これはネイビーのウール地だが、グレーのツイードで仕立てる場合もある。

リッドテーラーがおすすめするコートは、チェスターフィールドコートカバートコートポロコートである。とくにこれからの季節に欠かせないのがチェスターフィールドコートだろう。

チェスターフィールドコートはコートの中で、もっともフォーマル度の高い盛装用コートで、タキシード(ディナージャケット)の上に着用できるコートとして広く知られている。

上衿のビロードやフロントの比翼仕立てが特徴。黒、ネイビー、濃いめのグレーが基本色。シングルだけでなくダブルブレストのタイプもある。

リッドテーラー
ハリソンズ・オブ・エジンバラのオーバーコーティング。1mあたり700gあるのでけっこうヘビーウエイトです。

もう少し略式にしたものがセミチェスターフィールドコートと呼ばれるもので、上衿のビロードを省略したり、ウエストの絞りを少し緩やかにしたものが多い。

一番上の写真のコートがそれで、ネイビーの厚地のウール(ハリソンズ・オブ・エジンバラの服地)で仕立てられている。これならスーツの上に羽織ってもしっくりとくる。セミチェスターはタウンユースに向いているのだ。もちろんタキシードにも合わせられる。

リッドテーラー
おすすめのコート地。ハリソンズ・オブ・エジンバラとトーマス・フィッシャー。

服地は、ハリソンズ・オブ・エジンバラ、トーマス・フィッシャー、オグデン(BATEMAN OGDEN&Co.LTD)、ウィリアム・ビルなどがチェスターフィールドコートに適した服地を揃えている。

なかでもハリソンズのオーバーコーティングは巷のテーラーの間でも定評があり、おすすめしたい。

次のページは、「ポロコートとカバートコート」です

ポロコート


写真はないがポロコートも最近人気復活のコートだ。ダブルブレストに独特のパッチポケット、背バンド、折り返しのある袖口などが特徴で、キャメルヘアで仕立てたものが本格的。

リッドテーラー
ポロコートといえばキャメルヘアは欠かせません。既製のコートではなかなか見られない服地ですね。

キャメルヘアはご存知のようにラクダの毛のことで、カシミアのように柔らかく保温性に優れている。

現在でもキャメルヘアの服地はちゃんと作られていて、ハリソンズ・オブ・エジンバラやオグデンがおすすめ。

カバートコート


カバートコートはカバートクロスと呼ばれる織物(梳毛のギャバジン)で作られたハーフ丈のコートで、袖口と裾のレイルウェイステッチ(4重のステッチ)が特徴。好みによって上衿にビロードをあしらうことも。

リッドテーラー
仮縫い段階のカバートコート。写真では写っていないですが、袖口と裾の独特のミシンステッチが面白い。

とても英国的なコートなので、一般にはあまり知られていないが、スーツに合わせてもいいし、ニットの上に羽織って散歩用にしてもいい。

万能型のコートということもあり、チェスターフィールドコートと並んでオーダーメイドでは人気が高い。

ちなみに上衿のビロードの色はブラウンを選ぶ場合が多いようだが、ネイビーやグリーンにしてもいい。とくに決まりはないようだ。

次のページは、「デッドストックのスーツ地もおすすめ」です

デッドストックのスーツ地もおすすめ


リッドテーラー
今シーズン注目されているグレンプレイド(グレンチェック)ですね。デッドストックのエッチレッサーの服地で、スリーピースも可能です。スーツのオーダーメイドの価格は直接問い合わせてください。

コート用ではないが、店内にはデッドストックのスーツ地が揃っている。数は少ないが英国の有名なマーチャントのエッチレッサー(H.LESSER)の服地もあり、英国服地が好きな人にはたまらない空間になっている。

デッドストックといってもただ古いというだけでなく、質のよい服地でないと意味がない。

リッドテーラー
こちらもエッチレッサーのデッドストックのスーツ地。スリーピースでも作れます。スーツのオーダーメイドの価格は直接問い合わせてください。

バンチブック(服地の見本帳)から選ぶ現行の服地もいいが、カッターでありテーラーの根本修さんが選んだデッドストックの服地は、どれもクオリティの高いものばかり。服地へのこだわりもオーダーメイドならではの楽しみのひとつである。

★ウールのオーダーメイドのコート。仮縫い付き。価格26万2500円(税込)~。納期は2~3ヶ月。

商品のお問い合わせ
LID TAILOR
東京都杉並区松庵3-1-13
TEL&FAX 03-3334-5551
営業時間 11:00 ~20:00
定休日 木曜
eメール info@lidtailor.com
http://lidtailor.com
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。