The Asakusa Cobbler
オールソールの交換はもちろんのこと、ウエルトの交換も行ってくれる。

先日、数足まとめて靴修理に出した。お願いしたのは以前にも紹介したことがあるThe Asakusa Cobbler(ジ・浅草コブラー)である。

東京・浅草の小さな工房で、靴修理職人の石郷岡 博さんは一人でコツコツと修理を行っている。

店舗を構えていないが、土曜と日曜のみ直接工房へ靴を持参できるので、予約を入れて行ってきました。

※靴を持ち込んでも、その場で修理してくれません。お預かり後の修理です。直接話せるので修理箇所を具体的に伝えやすいというメリットはあります。

持参した靴は
●トリッカーズのフルブローグ(カントリーのレザーソール)
●旧チャーチのフルブローグ(モデル名:ヒックスティッド)
●昔セールで買ったエーボンハウス(英国製)のホールカット
である。

つま先修理+メタル打ち


The Asakusa Cobbler
旧チャーチのフルブローグも、このように直りました。つま先メタルD 1,575円+革あて補強 手縫い 2,100円=合計3,675円。問The Asakusa Cobbler TEL.080-6610-4295 営業時間 10:00~19:00

旧チャーチとエーボンハウスは、つま先が減っていたので修理してもらい、磨り減り防止のメタルを取り付けてもらうことになった。

修理の方法を簡単に説明すると、つま先の減ったところを均等に削り、修理する箇所の古い出し縫い糸を抜き取る。

そして新たにウエルトと平らに削って整えたアウトソールの先端を、手で出し縫いするのである。

なぜ手縫いにこだわるのかというと、以前ウエルトとアウトソールが縫われた際にできた、穴に再び針を通して縫い上げるためである。

もちろん機械で縫えるのだが、機械だと以前と同じ穴に糸を通すことは難しいという。

つまり手で一針一針以前と同じ針穴に合わせて縫うことで、ウエルトやアウトソールの負担を軽減しているのである。

さらに細かく説明すると、既存の出し縫い糸と新しい出し縫い糸を何穴か重ねて縫うことで、ほつれないようにしているそうだ。

The Asakusa Cobbler
メタルも大小さまざまなサイズを取り揃えている。

その後、つま先の修理面に特殊な接着剤を塗って、革(または樹脂製パーツ)を貼り付けて仕上げていく。

かなり良質の接着剤のためはがれにくいそうだ。通常のつま先修理はここまでなのだが、さらに磨り減り防止のメタルを打ってもらった。

メタルは数種類大きさの違うものがあり、選択はお任せした。メタルの取り付けもこだわっていて、メタルの裏面と、アウトソールの取り付け部にヤスリをかけ、特殊な仮留め用の接着剤を塗ってからメタルを釘で打つのである。

※つま先修理用の革・・・繊維に密度があり、適度に柔軟性をもつ厳選した革を使用。

★今回の旧チャーチおよびエーボンハウスの修理代 各3,675円
つま先メタルD 1,575円+革あて補強 手縫い 2,100円=合計3,675円

次のページは、「つま先修理+ヴィンテージスティール+ヒール修理他」です

つま先修理+ヴィンテージスティール+ヒール修理他


The Asakusa Cobbler
つま先にヴィンテージスティールを、滑り止め用にハーフラバーソールを装着してもらった。飾り釘は真鍮製と銅製。

トリッカーズはソールの返りの悪いダブルのレザーソールということもあり、ヴィンテージスティールを取り付けてもらった。

こちらも前述した工程でつま先を修理してから作業を行うのだが、アウトソールの先端をスティールの厚み分削って、はめ込むように取り付けるのが異なる点である。

つまりアウトソールとスティールの高さに段差がなくなるため、見た目にもスッキリして見えるのだ。

The Asakusa Cobbler
トップリフトはフィリップスのもの。いろいろお願いして、この靴の修理代は6,300円でした。問The Asakusa Cobbler TEL.080-6610-4295 営業時間 10:00~19:00。

今回は滑り止め用のハーフラバーをアウトソールに貼ってもらった。剥離防止のためではないのだが、飾り用に真鍮製と銅製の釘を両端に打ちつけてもらった。

ヒール(トップリフト)は英国靴好き御用達のフィリップスのラバー製を選択。ヒールの高さが変わると違和感があるので、オリジナルの高さに合わせて加工してもらった。

The Asakusa Cobbler
つま先の減りを防ぐヴィンテージスティール。なんと9サイズも揃う。凄いでしょ!

今回使用した通称ヴィンテージスティール呼ばれるメタルは、なんと9サイズも揃えていて、トウのカーブの形状に適したサイズを選び加工してくれる。

トウとメタルのカーブラインが似ているため、メタルの削りが最小限で済むというわけ。

つまりメタルのネジ用の穴が最適な位置で留められるということ。ちょっと話が伝わりにくいが・・・、その結果としてネジが外れにくく、ウエルトへの負担が少なくて済むのだ。

★今回のトリッカーズの修理代 6,300円
ラバーハーフソールA(フィリップス)2,100円+トップリスト ラバーD(フィリップス)1680円=計3,780円-セット割引525円=合計3255円
つま先メタルG ヴィンテージスティール 3045円
指定飾り釘打ち1575円(今回はサービスでした)

次のページは、「材料にこだわり、作業も丁寧な職人」です

材料にこだわり、作業も丁寧な職人


The Asakusa Cobbler
アウトソールの出し縫いですね。機械縫いが一般的ですが、石郷岡さんは、このように手縫いもできます。

今回はつま先とトップリフトの修理、メタル(ヴィンテージスティール含む)の取り付けをお願いしたが、オールソールの交換(手縫い、機械縫いを選択可)も行っている。

またその際にコルクの補充(無料)やシャンクの交換(スティールシャンクは無料)、ウエルトの交換(有料)も行っている。

交換用のアウトソールの種類も豊富で、ドイツのJ.R.やイタリアのオークバーグ(樫の木のタンニンでなめされた革)など、靴好きの間で知られるソールもちゃんと用意しているのだ。

The Asakusa Cobbler
有名なJ.R.のオークバーグです。他にもイタリアなどの良質なアウトソールが揃っています。問The Asakusa Cobbler TEL.080-6610-4295 営業時間 10:00~19:00。

石郷岡さんは間違いなく材料好きである。

「ここまで揃えなくても」というほどアレコレと集めて、さらに実験して各材料の特徴を理解している。

あと、自ら靴を作れる(底付け)ほどの高い技術をもっている。そのためか手作業で丁寧に仕上げてくれる工程が多いのが魅力である。

次のページは、「オリジナルの既製靴も展開する」です

オリジナルの既製靴も展開する


The Asakusa Cobbler
セミブローグ。ワインハイムレダーのボックスカーフ使用で、4万7,250円。半カラス仕上げ+4,200円、チャネル仕上げ+4,200円。合計5万5,650円(税込)。

最近The Asakusa Cobblerはオリジナルの既製靴の販売も始めた。残念ながら石郷岡さんの手縫いではないが、国内の優秀なファクトリーによるグッドイヤーウェルテッド製法の靴である。

革やデザイン、ソールの仕上げなどが選べる、いわゆるパターンオーダーの靴だ。

実際に完成品を手にして見たのだが、なかなかの出来栄えで、「このクオリティーでこの価格なら安いかも」、そんな靴である。

個人的なおすすめはセミブローグフルブローグで、ワインハイムレダー(ウエインハイム、ワインハイマーとも呼ばれている)やアノネイ、デュプイといった一流タンナーの革で一足お願いしてみたいと思った。

また、サンプル用の靴(マッケイ製法)を用意していて、フィッティングを確認したい人は貸し出しを行っている。

The Asakusa Cobbler
フルブローグ。ワインハイムレダーのボックスカーフ使用で、4万7,250円。ハーフミッドソール+4,200円。合計5万1,450円(税込)。

取材のときにフィッティング用のサンプルがあったので試しに履いてみた。

ボクの足の甲は低いため、ワンサイズ落としてちょうどフィットする感じだった。ヒールカップも日本人の足型をよく理解していて、小さめに設定しているため足の納まりがいい気がした。

デザインは何種類かあるが、基本となる木型はややロングノーズのセミスクエアトウである。クラシックさとモダンさがうまく融合している木型だ。

革の種類や仕上げ、仕様などによっても価格は異なるが、最も高いワインハイムレダーのボックスカーフを使って、アウトソールの溝を隠すヒドゥンチャネル仕上げにして、5万円ちょっとだ。

アノネイやデュプイの革は他社ブランドのパターンオーダーで選べることはあるが、ワインハイムレダーはあまり聞かない。そういう希少性も魅力の一つになっている。

とにかく丁寧に仕事をしてくれるところなので、つま先やヒールが減った靴があったら、お願いしてみてほしい。

丁寧に直された靴を見ると、「大切にしなきゃ」という気持ちになってくるものである。

お問い合わせ先
The Asakusa Cobbler】(ジ・浅草コブラー)
TEL.080-6610-4295
営業時間 10:00~19:00
http://www.geocities.jp/asaksacobbler/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。