秋の出番を待つ、フルブローグ


秋の出番を待つ、チャーチのフルブローグ
真夏にフルブローグはちょっとキツい。秋になったら履きましょう。昔のチャーチ/左からヒックスティッド、チェットウインド、グラフトン、バーウッド。私物。

さすがに猛暑のなかで、フルブローグの革靴を履く気にならなかった。見ためにも重厚感があるので、やはり秋冬のスーツに向いている。

ちょっとかわいそうなのでお気に入りの古いチャーチの靴を並べて記念撮影してみた。似たものが4足並ぶとさすがに迫力がある。

なかでもラスト73を使った外羽根式の「グラフトン」は一番足にフィットすることもあり、出番が多い。

先日、伊勢丹新宿店メンズ館に行ったら「グラフトン」を取り扱っていた。ラストが173に変更され、見ためにもスマートになっていた。これはこれでいいラストだと思う。

[関連リンク]
靴ガイド飯野さんのフルブローグの記事その1

靴ガイド飯野さんのフルブローグの記事その2

つま先修理にもいろいろある


チャーチ グラフトンのつま先修理
The Asakusa Cobblerで修理してもらったグラフトンのつま先。ダブルソールはつま先がすぐ減ってしまうので、スティールなどを装着するとよい。

つま先の補修にもいろいろあって、ラバーやレザーをすり減った箇所に接着するものもあれば、二度と減らないようにスティールなどのメタル板を取り付けてもらうこともある。

ユニオンワークスの場合は、あらかじめ先端をスティールの厚さ分カットしておいて、そこに埋め込んでネジ留めする。凹凸がなくなり見ためにも綺麗だ。

最後につま先のコバに合わせて金属の余分な出っ張りを削るというものである。ダブルソールでも、チャネル仕上げの高級既成靴にはぴったりだと思う。

さて、写真のチャーチ「グラフトン」の修理を見てほしい。削れた箇所をレザーで補修し、出し縫い工程を手縫いで縫い直してもらった。しかも雰囲気を壊さないようにわざわざ溝を掘ってくれる親切ぶり(笑)。

その上に持参した(笑)メタル板をネジで留めてもらった。見ためのスマートさに欠けるが、チャーチらしい無骨さとよくマッチしている。

修理してもらったのは、The Asakusa Cobblerという靴修理専門の工房(店舗はない)である。今回は自ら持ち込んだメタル板だったが、違う種類のものが幾つか用意されている。

この工房を構える人物は靴に詳しく、腕がいいので信頼している。今後はユニオンワークスと二股をかけようと思っている(笑)。

トゥスティール価格1,575円+つま先修理(レザー)価格2,100円=合計3,675円(税込)

商品のお問い合わせ先
The Asakusa Cobbler
http://www.geocities.jp/asaksacobbler/

次のページは、「アレン・エドモンズのパークアベニュー」です

アレン・エドモンズのパークアベニュー


アレン・エドモンズ パークアベニュー
このラウンドトウがたまりません~。アレン・エドモンズ パークアベニュー 価格54,600円。

トレーディングポスト青山店にトリッカーズの取材に行ったときに、整然と並んでいるアレン・エドモンズが目に飛び込んできた。

なかでも興味を引いたのが定番モデル「パークアベニュー」である。昔ながらのラウンドトウはいつ見てもホッとする安心感があり、履いて周りから信頼感を得るという優れものだ。

黒色に限ってはウィズがC、D、Eと豊富に揃っているため、多くの人にフィットするはずである。

アレン・エドモンズ パークアベニュー 価格54,600円(税込)

商品のお問い合わせ先
トレーディングポスト青山本店
東京都渋谷区神宮前3-1-30 HSビル1F
TEL&FAX 03-5474-8725
http://www.lifegear-tradingpost.com

次のページは、「ムーンビームの撮影で」「いいシャツの見分け方」です

ムーンビームの撮影で


ベルルッティのカフリンクス
ベルルッティのカフリンクス「アンディ」。シルバー製で作りはさすがにいい。私物。

テーラー アスコットでムーンビームのジャケットを撮影したのは、8月初旬の猛暑の日だった。とうぜん秋冬物の撮影なので店内で着替えることに・・・。

シャツは以前リッド テーラーで作ってもらったダブルカフのシャツを選んだ。カフリンクスはベルルッティのアンディにした。

というのもアンティーク以外これしかもっていないのだ(笑)。装着してみると靴が袖口に乗っているようで、なんとも可愛い。

[関連リンク]
贅沢なジャケット服地 ムーンビーム

いいシャツの見分け方


いいシャツの見分け方
身頃と袖の縫い合わせ部分のカーブに注目! サルトリア・カリエンドのフルオーダーのシャツ。

オーダーであれ、既成品であれ、いいシャツを簡単に見分けるポイントがある。身頃と袖の縫い合わせ部分のカーブである。

カーブがクイっと曲がっているほど袖付けが立体的ということもあり、しっかりと作られたシャツである可能性が高い。

また、シャツのデザインによって異なるのだが、背中や袖口がギャザー仕様になっているものも手間がかかるため、良質のシャツである場合が多い。

ナポリのサルトリア・カリエンドのシャツを手にとってあらためて確認できた。

[関連リンク]
ナポリの仕立て屋、サルトリア・カリエンド

次のページは、「ピエール・ラジェのパナマ帽」「バラスコリのバッグに魅せられる」です

ピエール・ラジェのパナマ帽


ピエール・ラジェのパナマ帽
ピエール・ラジェのパナマ帽をまた買ってしまった。オプティモと呼ばれるウルトラセブンみたいなやつね。内側にはピエール・ラジェのロゴがしっかり入っている。

以前紹介したピエール・ラジェ氏が英国クリスティーズに別注したパナマ帽。じつはこの後、もうひとつオプティモタイプを購入してしまった。

もう夏は終わっちゃいますけど、9月まではかぶりますよ(笑)。あと、嬉しいことにピエール氏のサイトから購入できるようになったのだ。

秋冬になればたぶんウールの中折れ帽も購入できるはず。ネクタイなどの小物も安いので一度覗いてみてほしい。

商品のお問い合わせ先
ピエール・ラジェ
http://www.pierrelaget.com

バラスコリのバッグに魅せられる


おそらく、アスコリ社時代のバッグ
アスコリ社の頃のブリーフケース。バラスコリになったのはいつだったのか忘れてしまったが、このバッグは銀座の和光で当時販売されていた。私物。

猛暑でも百貨店めぐりは止められない。伊勢丹新宿メンズ館地下一階で、イタリアのバラスコリのバッグを発見。

以前からアタッシェなどを取り扱っていたのだが、往年のデルガを彷彿させる、ふっくらとしたバッグなのだ。

昔のモデルを復刻したとかで、ハンドルの作りが面白かった。まだガラスケースのなかに飾られているはず。

とうぜん高価なので簡単には買えないけれど、運のいいことに昔のブリーフケースはもっている。といってもバラスコリ社になる前のアスコリ社時代の製品のようで、ネームタグにタツノオトシゴとASCOLIのロゴが入っている。

バラスコリは高品質な製品を手掛け続けるブランドなので、懐に余裕のある人にはおすすめしたい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。