ビジネスマンなら紺を着るべき

就活スーツが、ほとんど黒になってしまったからでしょうか、若いビジネスマンでもネイビースーツを着ない人が多いようです。スーツは黒とグレイしか持ってないなんて話も聞きますから。

本来、黒やグレイはフォーマルスーツの色で、ビジネススーツはネイビーというのが、欧米では常識です。日本人の常識を否定するつもりはありませんが、海外出張などに黒のスーツを着ていくのはいかがなものかと思います。

今年は雑誌などのスーツ特集では原点回帰を謳い、ネビースーツの基本に立ち返ろうという動きも見られますが、市中の声は「ネイビーって、どう着たらカッコよくみえるのかわかんない」が本音の様子。そこで、簡単にネイビースーツが今風に見えるコーディネートをご紹介しましょう。

紺ニットタイでカジュアルに着る

ネイビースーツ
スーツ7万9800円/トゥモローランド メンズ、シャツ2万4150円/エリコ フォルミコラ、ニットタイ1万500円/フィオリオ photo:石井幸久(m.m.blue)
ニットタイというと、春から夏のイメージがありますが、冬場に締めてはいけない理由はありません。

紺スーツに紺のタイという、一見地味めな合わせ方ですが、ニットタイのように編地が浮くものなら、Vゾーンに変化がつけられます。適度にクラシックで、適度にカジュアル。このバランスなら、ネイビースーツもオジサンっぽく見えません。

色のトーンはタイのほうがやや濃いめにすると、落ち着いた印象に。タイを明るめにすると、ソフトな雰囲気に見えるので、その日の気分や社内行事、クライアントによって考慮するのがよいでしょう。

合わせるシャツは白がいいですね。ブルー系のシャツでグラデーションも悪くないですが、Vゾーンをきりっと引き締めた方が印象はスマートです。


次のページでは、チェックのタイのコーディネートを紹介します。

チェックのタイで変化をつける

ネイビースーツ
スーツ7万9800円/トゥモローランド メンズ、シャツ2万4150円/エリコ フォルミコラ、タイ1万2600円/ステファノ ビジ photo:石井幸久(m.m.blue)
ビジネススタイルにチェックは鬼門のようで、あまり手を出さない方が多い様子。柄にもよりますが、特に大柄チェックになるとアイビーやプレッピー風の雰囲気があるため、ちょっと子供っぽく見える気がするのでしょうか。そこを逆手に使えばオジサンっぽく見えないネイビースーツスタイルが着こなせます。

たとえばチェックもクラシックなタータンや、千鳥格子という手もありますが、写真のように線格子のタイを使えばすっきり見えます。ここでは格子がくっきり浮かび上がるので、シャツ色も白を選択しましたが、格子色を拾ってコーディネートするのもいいかもしれません。

アイビー風のチェック、英国調のチェック、幾何学的なチェックなど、チェックにもいろいろありますが、それぞれに印象は異なるので、オフィスのドレスコードに悩んだら、伝統的なチェック柄を選ぶのが間違いありません。派手カラーの多色使いや、グラフィック的なチェック柄は、ビジネスの席には向かないので、そういったタイプは遊び着用として選ぶようにしましょう。

■商品の問い合わせ先
トゥモローランド
tel.03-5456-4630


【最近の記事】
フランネルスーツの季節です
ビジネスマンに予算1万円で気軽なギフト
今年こそ男のギャバジンコートを! その1
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。