ギミックを備えるスタイリッシュなアイテムが豊富

 CYCLING WEAR
背中の右下にケータイ用のポケットが付属するなど、自転車乗りにとって嬉しい仕様が満載。フレッドペリーへの別注ポロシャツ1万6800円(nari/furi/ナリフリ TEL:03-5545-5552) Photo:石井幸久
最近は本当に、都心でも自転車に乗っている人が増えてきました。そんなサイクリスト人口の増加に伴い、それ用のファッションアイテムも増加。前回紹介したような機能素材を使用しているだけでなく、お洒落なデザインも増えていますので、便利な街着としても有能なのです。写真のポロシャツもそんな1枚。街乗りに特化した自転車調アパレルブランドnari/furi(ナリフリ)が、イギリスの名門フレッドペリーに別注したものです。

大きな特徴は、吸水速乾性に優れる鹿の子生地を使用し、汗をかいてもベタつかないように配慮されている点。汗ジミが出ない加工を施すために生地から別注しています。

また、裾はラウンドテイルで自転車に乗って前傾姿勢になっても背中が露出しないようになっています。さらに、前のめりになった時でも中身が落ちにくい背中に、携帯電話が入れられるポケットを装備。襟、袖、背中ポケットのラインには、暗くなると薄い緑色に光る蓄光糸を使用し、夜に自転車に乗っても目立つようになっています。

 CYCLING WEAR
透湿防水素材LEVECを使用したナイロンパーカ4万2000円(INH SOLID CONECTION/フェニックス カスタマーサービス TEL:03-6833-3430) Photo:石井幸久
サイクリングウエアは、防水性に優れるものも豊富。INH SOLID CONECTION(インハビタント ソリッドコネクション)のナイロンパーカもその代表格で、オリジナルの透湿防水素材LEVECをし、雨に強く蒸れづらい作りになっています。また、背面にはモバイルやちょっとした小物が収納できるポケット(※記事一覧の写真参照)まで備えています。

次のページでは、さらにシックなサイクリングウエアを紹介します。

ビジネスシーンで使えるジャケットも登場!

 CYCLING WEAR
ビジネスシーンにも使えるワークジャケット3万7590円(PEdAL.E.D/ペダル.アー.ディー TEL:03-5728-2416) Photo:石井幸久
自転車用のウエアはさらに発展し、オンでも着られるようなデザインが提案されています。例えばこちらは、PEdAL.E.D(ペダル.アー.ディー)の「BUSINNESS WORK JACKET」。その名の通り、ビジネスシーンを意識した作りになっているので、自転車で通勤する“ツーキニスト”が、ジャケットをを着替えることなく出社できるジャケットです。素材は、コットンツイルと透浸・防水シートをボンディングしたもの。表面はコットン系素材のために雨に濡れてしまいますが、裏地の防水機能によって染み込むことがありません。

 CYCLING WEAR
背中の内柄にメッシュポケットを搭載。携帯電や手帳などを入れても、落とす心配はまずありません。
裾の取り付け方や、袖下のマチが、動きやすいのにスマートに見えるように配慮されているのも大きなポイント。さらに、後裾の内側にポケットを備えているので、名刺入れやスケジュール帳、モバイルや文庫本といったものの中から、必要最低限のものは収納可能。手ぶらでの通勤も可能です。

最近のサイクリングウエアの実力がおわかりになったでしょうか。自分にあった賢いアイテム選びをすれば、自転車に乗る際はもちろん、休日も軽快に過ごせることは間違いありません。

【最近の主な記事】
・「“高機能素材”で雨の季節も快適に!
・「旬なカーディガンの選び方
・「デッキシューズで軽快な足元を演出!
・「お洒落な“ワンマイルウェア”に病み付き!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。