さり気ない個性が光るデザイン

 CARDIGAN
コンチョ付きカーディガン各2万3100円(ロンハーマン TEL:03-3402-6839) Photo:石井幸久

今シーズンの旬なアイテムのひとつがカーディガンです。多彩なバリエーションがショップに並び、何を選んで良いのか迷う方も多いでしょう。そこで今回は、カーディガンを選ぶ際のポイントを2点提案したいと思います。

まずは、大人っぽく着こなせる“無地”であること。カーディガンならではのエレガントな雰囲気を強調することができます。さらに、モノトーンやネイビーといった定番カラーなら、どんなスタイルにも合わせやすいはずです。

ただし、無難でコンサバティブなだけでは面白くありません。そこで、ディテールなどで“さり気ない個性”が加えられているタイプを選びたいものです。例えば上の写真のカーディガンは、ボタンがコンチョ(金属製の飾りボタン)になっています。ネイティブな男らしさが微かにプラスされているのです。

 CARDIGAN
ライン入りカーディガン3万4650円(ザ・ダファー・オブ・セントジョージ×ジョンスメドレー/ジョイックスコーポレーション TEL:03-3486-1573)Photo:石井幸久
右のカーディガンは、前立てにトリコロールカラーのテープがあしらわれています。最近はシャツなどで人気のデザインですが、ちらりと覗くアクセントカラーが適度に効いてくれますので、まさらに理想的なバランスです。

いずれのカーディガンも、インナーはシャツ~Tシャツまで、パンツはスラックス~ジーンズまで何でも合わせられます。気温や天候が変わりやすい時期は、常に持ち歩くことですぐに温度調節ができて便利。その日の着こなしがどうであれ、気軽に羽織れば良いのです。

次のページでは、さらに今季らしいカーディガンを紹介します。


ソフトなジャケットのイメージで

 CARDIGAN
ダブルブレストのカーディガン1万8900円(トゥモローランド トリコ/トゥモローランド TEL:03-5456-463)Photo:石井幸久

実は今季は、スウェット地などのソフトな素材で仕立てられたジャケットも人気です。その気分を拾い上げて襟付きのカーディガンを選び、ニット地のジャケットというイメージで着こなすのもお勧めです。

さらに、ダブルブレストのジャケットも旬。ということで、こんなカーディガンを選んでみました。こんなタイプなら、デザインがさり気ない個性となります。また、シルク×コットン×ウール×カシミヤという独特な混紡素材は、肌触りも上質。つまりは、カーディガンならではの軽やかな着心地と、ジャケットのような上品な面持ちを兼ね備えた頼り甲斐のあるアウターと言えるでしょう。

アレンジできるハイネック


 CARDIGAN
ハイネックのカーディガン各1万6800円(トゥモローランド トリコ/トゥモローランド TEL:03-5456-463)Photo:石井幸久
右のカーディガンは、ネックが高くなっているのが特徴です。そこに、フロントが開くカーディガンの特性も加わることで、首周りを多様にアレンジすることができます。上まで閉じてハイネックのニット代わりに使ったり、少しだけ首元を開いてバランスと取ったり、大きく開いてジャケット感覚でVゾーンを楽しんだりと、着こなし方で個性を発揮することができるのです。

また、最近のニットは発色も良いので、スタンダードなカラーを確保した後は、鮮やかなカラーで個性をアピールしても良いと思います。自分らしいカーディガンを見つけ出し、着こなしに困る季節を楽しく乗り切りましょう。


【最近の主な記事】
・「デッキシューズで軽快な足元を演出!
・「お洒落な“ワンマイルウェア”に病み付き!
・「白系アウターで春らしく爽やかに
・「総柄の巻き物が旬! ~番外編~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。