MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE

いつまでも若い頃通っていたショップに足を運んでいませんか? 体型はもちろん、ものの見方まで変わってきているはずなのに、いつまでも習慣的に昔馴染みの数件しか巡っていないとしたら、それはもったいないことです。そろそろ本気で、一生通い続けらるようなショップを見つけてみてください。ファッションに対する考え方さえ変わるかもしれません。

 MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE
メンズショップ バイ アーツ&サイエンスの内装はまるで、どこかの隠れ家のよう。落ち着いた空気で満ちています。

いずれにせよ、そんな目線でお勧めできるショップのひとつが、今回紹介するMEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE(メンズショップ バイ アーツ&サイエンス)です。ディレクションを手掛けるソニア パーク氏は、広告や雑誌などで活躍しているスタイリスト。徹底した審美眼は同業者からも定評があり、『ソニアのショッピングマニュアル』という著書も好評のようです。

MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE(メンズショップ バイ アーツ&サイエンス)が店を構えているのは南青山。落ち着いてショッピングができるエリアです。さらにショップ内は、温かみと洗練された雰囲気が混在する空間となっています。コンパクトなスペースなのですが、何とも居心地が良いのです。

次のページでは、お店のラインラップについて紹介します。

MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE(メンズショップ バイ アーツ&サイエンス)の店内に並んでいるのは、特別な日や誰かのためではなく、日常のための「道具」たち。ワークウェアやストリートウェアのようなリアリティのある洋服や雑貨が並んでいます。

もともとはレディスからスタートしたARTS&SCIENCE(アーツ&サイエンス)。その根底に流れる“ジェンダーレス”というメッセージと美意識はそのままに、オリジナルをはじめ、信頼のおけるモノづくりを実践する国内外のブランドをセレクトしています。

クラフトマンシップが込められたアイテムたち

 MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE
着込むほどに味わいや愛着が深まっていく本質的なウエアがディスプレイされています。また、そんな洋服にマッチするアンティークウォッチやアクセサリーなどの小物類も豊富です。

オリジナルブランドのウエアの生地は、そのほとんどが国内生産の完全オリジナル。“メイド・イン・ジャパン”の手仕事の魅力や、失われつつある技術を伝えていくために全国の産地と協力し、素材を作るところから服作りを始めているのです。繊細な温もりや深い味わいを持った生地や、それを使って作りあげた洋服には、職人の魂やプライドが、きちんと織り込まれています。

ちなみに、この春のMEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE(メンズショップ バイ アーツ&サイエンス)のコレクションは“Voile Weather”シリーズに代表される3ピースのセットアップや、草木染め、藍染め、泥染めといった天然染めを施したアイテムがメイン。ショップの雰囲気同様、温もりと洗練を兼備した味わい服が所狭しと並んでいます。

毎月5日にはオリジナルのフリーペーパー『MEN'S Periodical』は、公式サイトからも入手可能ですので、そちらも参考にしてみてください。ただし、MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE(メンズショップ バイ アーツ&サイエンス)の本当の魅力は、実際に訪れてアイテムに触れてみないとわからないかもしれません…

【ショップデータ】
MEN'S SHOP BY ARTS&SCIENCE
住所:東京都港区南青山6-1-6 パレス青山105
TEL:03-3499-7605
営業時間:12:00~20:00
休日:無休

【関連サイト】
ARTS&SCIENCE

【最近の主な記事】
総柄の巻き物が旬!(3)~番外編~
THREE BLIND MICEの今日的フォークロア
狙い目はトレンドのブラックアウター(2)
セレブ御用達のRonHermanがついに上陸!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。